更年期の生理不順 ~生理周期や経血の変化について~

更年期の生理不順は、ホルモンバランスの大きな変化とともに起こりはじめ、生理周期や経血の状態が少しずつ変化します。ホルモンバランスと密接な関係にある生理は、女性の体を知るバロメーターになります。更年期の生理の変化と注意点や対策について解説!

更年期の生理不順は誰にでも起こる

女性の生理は必ず終わりがあり、やがて閉経を迎えます。

更年期とは、閉経の時期を挟んだ前後5年間、計10年間の期間をいいます。

閉経の年齢には個人差がありますが、平均閉経年齢は50歳頃といわれているため、45~55歳が更年期に当たります。

この時期には女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)のバランスに急激な変化が起こり、体にもさまざまな変化が起こります。中でも特に大きな変化は、生理の変化です。

エストロゲン(卵胞ホルモン)は卵巣の中の卵胞で生産されていますが、卵胞は新しく作られることはなく、年齢と共に減少していきます。

一般に卵巣機能の低下は35歳位から少しずつ始まり、40歳頃からエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が低下します。

エストロゲンは子宮や卵巣の働きを良くしたり、血管を広げて血流を良くする、血管や骨を丈夫にするなど、女性の体のあらゆる器官の調整をする重要なホルモンです。

更年期にはエストロゲンが一気に減少することにより、生理不順が起こるのです。

閉経までのプロセス

更年期からの急激なエストロゲンの減少にともなって生理不順が起こり、閉経までは以下のプロセスをたどります。

①卵巣機能が低下

 ↓

②生理症状の変化

 ↓

③卵巣機能の停止

 ↓

④閉経

通常、最後の生理から12ヵ月連続で生理がない場合、閉経と判定されます。

更年期の生理の変化

エストロゲンの減少により、更年期には生理の周期や経血の状態に変化が生じます。

生理周期の変化

一般的な生理周期は25日~38日と言われていますが、更年期には卵子の数が減少しているため、生理のサイクルに、以下のような変化が見られます。

  • 周期が短くなる
  • 1ヶ月に2回以上生理がくる
  • 周期が飛び飛びになる
  • 予定日が分からなくなる
  • 頻度が少なくなる
  • 日数が短くなる

更年期の生理の特徴は、まず、これまでの生理周期よりも間隔が短くなります。

日数も短くなり、これまでは5~7日続いていたものが、3日以内で終わるなど短期間になります。

しばらくすると、今度は生理の間隔が長くなります。通常の28日前後の周期から、40日~60日周期などになり、数ヶ月に1度しか来なくなり、やがて閉経を迎えます。

ただし、中には日数が2週間程度続いたり、月経量が増えるケースもあります。

生理の変化の仕方や閉経の時期には、個人差が大きいのですが、いずれも40代中ば頃から、生理サイクルに変化が起こります。

経血の変化

生理周期と共に、経血の状態にも変化が見られます。

以下のような状態は、更年期の生理には多く見られます。

  • 量が少なくなる
  • 経血の色が薄くなる・薄いピンク色のおりものが増える
  • 茶色いおりものが長く続く
  • 黒い色の経血が増える
  • どろっとした血の塊が増える
  • 量が多くなる

基本的に経血の量は少なくなります。これまでは生理初日~3日目までは大量出血だったのに、少量で短期間に終わってしまうことが多くなります。

逆に量が多くなるケースもあり、経血の量や状態にも個人差はありますが、場合によっては生理ではなく不正出血の可能性もあります。

生理と不正出血の違い

更年期には生理不順ではなく、不正出血も起こりやすくなり、中には病気による出血の場合があります。

・出血がだらだらと続く

・レバー状の塊が大量に出る

・夜用のナプキンやタンポンでもカバーできないような大量の出血

このような場合は、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がんや、甲状腺疾患(バセドウ病や橋本病など)の可能性があります。

また経血の多い過多月経により、生理痛がひどくなったり、貧血や立ちくらみなどを起こすことがあり、生理と不正出血と見分けが付きにくいのですが、更年期によく見られる経血の量や状態とは明らかに違う場合には注意が必要です。

これらが見られたら自己判断をせず、婦人科を受診して確認しましょう。

基礎体温の変化

通常、生理周期の体温は「低温期」と「高温期」を繰り返しています。

・生理開始から排卵日前後までが低温期

・排卵後から次の生理開始までが高温期

基礎体温の変化は、女性の身体の状態を知るための1つのバロメーターになります。

基礎体温は、40代から変化が現れます。ホルモンバランスの変化により、低温相が長くなり、排卵後の高温期が短くなるケースが多くみられます。

さらに、更年期には、だんだん低温と高温期の高低差が減っていき、閉経すると高温期がなくなり、低温期だけになります。

基礎体温はあくまでも参考の1つです。基礎体温だけですべては判断できませんが、生理不順から閉経に向かっているかどうかを知る参考として活用してみましょう。

更年期の生理で注意すること

閉経のメカニズムやプロセスから見ると、更年期の生理不順は​誰にでも起こる自然なものです。

ただし、更年期の生理不順は、病気が隠れている場合や、閉経したと勘違いすることによるトラブルもよく見られるため油断は禁物です。

自然妊娠

更年期には生理が順調にきていても排卵が起こらない「無排卵月経」の状態が多くなり、排卵は年に数回しか起こらなくなるため、妊娠しにくい状態に変わっていきます。

ただし、ときどきでも生理があるうちは、妊娠しないという保障はありません。

生理がしばらく来ないため、もう終わったと思っても生理が復活することがあり、そのとき排卵があれば妊娠は可能です。

閉経を迎えるまではそのことを知っておく必要があり、生理が不順であっても、きちんと避妊をすることが大切です。

更年期障害

更年期には、病院に行ってもはっきりとした原因が分からない…診察しても特に異常がない…という原因不明の不調が出やすくなり、日常生活が困難になるほどの障害が出る状態を更年期障害といいます。

更年期障害は、顔のほてり、異常な発汗、頭痛、めまい、動悸、肩こり、腰痛、イライラ、憂うつ…をはじめ、さまざまな不調がみられますが、症状にもかなりの個人差があり、特に大きな不調もなく、気付かないまま過ごす人もいます。

更年期に生理不順が起きるからといって、必ずしも更年期障害になることはありません。

ただし、エストロゲンの低下により不調を起こしやすい状態になっているため、体調を整えるための対策を心がけることが大切です。

さいごに 日常の対策と心構え

更年期には、生理周期は不規則になり、体調にも変化が起こる可能性があるため、以下を心がけましょう。

●生理周期をメモしておく

●外出時にはナプキンを持ち歩くようにする

●食生活は、大豆やビタミン、鉄分など、不足しがちな栄養素を補い、バランスのいい食事を摂る

●ストレスを溜めないよう、リラックスした日常を心がける

●出血や体調など気になることは放置せず、病院を受診する

更年期に起こる生理の変化は自然なことであり、病気ではありません。

ただし、生理不順の他にもさまざまな変化が起きやすい時期のため、慌てないために、心構えを持って過ごすことが大切ですね。

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。