インフルエンザの初期症状は?風邪との見分け方と治療方法を解説!

インフルエンザの初期症状と風邪の見分け方を解説。初期症状の段階でインフルエンザへの対応が遅れないように、症状の特徴を捉えましょう。

インフルエンザが流行り始めた時期に風邪を引いてしまうと、風邪の症状なのかインフルエンザの症状なのか、判断が難しい事があります。

12月〜3月の間のインフルエンザ流行期に、家族や学校・職場など周りにインフルエンザに感染している人がいる場合は、インフルエンザに感染している可能性が高いといえます。

インフルエンザの初期症状を知り、風邪との違いを知って早期発見につなげましょう。

インフルエンザの初期症状と風邪の違い

風邪とインフルエンザの症状の違い

  風邪症状 インフルエンザ症状
発熱 微熱~37℃程度 38~40℃の高熱
熱が出ない場合もある
主な症状 【上気道症状】くしゃみ、咳、鼻水、鼻づまり 【全身症状】頭痛、筋肉痛、関節痛
発病 ゆっくり 急激
悪寒 弱い 強い
出る 激しい咳が出る
頭痛 軽い 重い
鼻水 発症初期に出る 発熱の後など後期に出る
筋肉痛・関節痛 軽い 重い
発症時期 1年中 12〜3月

通常の風邪は、さまざまなウイルスが粘膜を通して体内に侵入し、炎症を起こすことが主な原因となります。症状は全身に及ぶことが多く、くしゃみ、鼻水、鼻づまりのどの痛み、咳、たん、発熱といった症状が起こります。

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することで起こります。風邪と似たような症状が起こりますが、急激な高熱が起こり、頭痛、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感などの症状が5日間ほど続きます。

インフルエンザの初期症状

・38度以上の高熱
・体の節々の痛み
・筋肉痛
・倦怠感
・全身の悪寒
・頭痛
・吐き気
・下痢
・呼吸困難
・咳や痰やくしゃみ etc...

インフルエンザの特徴は、急激に38度を超える高熱が起こること、風邪の時よりも全身の痛みやだるさ、筋肉痛が強く症状に出ることがあげられます。

また風邪のときによく出る、咳やくしゃみや鼻水などの呼吸器系の症状は、インフルエンザの場合だと現れにくくなっています。

インフルエンザA型とB型は症状が違う

インフルエンザウイルスにはA型とB型があります。どちらに感染したかにより、症状が異なります。

 A型の特徴  B型の特徴
・38℃~40℃の高熱 ・微熱、平熱のことも多い
・強い悪寒や寒気 ・下痢や吐き気、嘔吐などの症状が出る
・強い全身の関節痛や筋肉痛 ・症状が長引きやすい
・12月〜2月に流行 ・2月〜3月に流行

熱が出ないケースに注意!

インフルエンザに感染しても、熱が出ないケースがあります。

熱が出ていないからといって、風邪だと思い込まないようにしましょう。

インフルエンザに感染していても熱が出ない理由としては、インフルエンザB型に感染している、風邪薬・解熱鎮痛剤を飲んだ、インフルエンザの予防接種をした、高齢者である、などが考えられます。

インフルエンザの検査方法

インフルエンザの検査の種類にはいくつかありますが、最近主流となっているのが「迅速診断キット」の使用です。この検査の特徴はすぐに結果が出ることで、診断にかかる時間は15〜30分程度です。

迅速診断キットでは、体から検査のための粘液を採取し、インフルエンザウイルスがいるかどうかを調べます。インフルエンザの感染の有無だけでなく、インフルエンザA型とインフルエンザB型どちらかも判定することができます。

検査のタイミング

発熱後間もないと、インフルエンザに感染していてもウイルスの数が少ないため、検査で陰性になることがあります。

発症後12時間を過ぎると、迅速診断キットで判定できる量までウイルスが増殖します。何度も検査を受けなくてもいいように、インフルエンザの検査は発症してから12時間以上が経過してから受けることをおすすめします。

ただし、病院で処方されるインフルエンザの治療薬(タミフル、イナビル、リレンザなど)は、発症後48時間以内に服用しないと、その効果が正しく得られません。したがって、48時間を過ぎると、検査をする意味があまりなくなってしまいます。

したがって検査のタイミングは、発症してから12時間以降、48時間以内に検査を受けるのがベストといえます。

検査料金

インフルエンザの迅速検査キットは健康保険が適用されるため、自己負担は3割になります。3割負担の場合、どの病院でもだいたい共通して2000円弱といわれています。この料金には初診料も含まれています。

診断が確定したらその場で治療薬も処方されるので、薬代や処方料も加算されます。

検査の料金は随時変動する可能性があるのでご注意ください。心配な場合は事前に問い合わせることをおすすめします。

インフルエンザの治療

病院で行われるインフルエンザの治療は、主に二つです。

抗インフルエンザ薬の処方

抗インフルエンザ薬は体内のインフルエンザウィルスの増殖を抑える薬で、症状を軽減する効果があります。経口薬と吸入薬、点滴、小児用のドライシロップなどがあり、健康保険が適用されます。

早期に治療を受ければ、ウイルスの量が少ないので治療効果が最大限に得ることができるため、発熱してから48時間以内に病院を受診しましょう。

症状に合わせた薬の処方

発熱や痛みはウイルスと体の免疫力が戦っている結果おこるものなので、むやみに熱を下げることがいいものでもありません。しかし、高熱があまりにひどいと体力衰弱にもつながるため、症状に応じて解熱剤や鎮痛剤を使用します。

なお、インフルエンザの時には使える薬と使えない薬があるので注意が必要です。

インフルエンザの合併症や重症化が危険!

インフルエンザの怖いところは、症状だけでなく重症化したときに起こる合併症にあります。
特に、子供の場合は大人より合併症にかかる可能性が高く、種類も多いのです。

子供に多い合併症    大人に多い合併症   
中耳炎、熱性けいれん、気管支炎、肺炎、インフルエンザ脳炎・脳症 肺疾患、心臓疾患、糖尿病、腎不全

子供の場合、合併症の中で最も怖いのがインフルエンザ脳炎・脳症とされています。年間で100~300人発症し、約30%が死亡して、30%に後遺障害が残っています。

インフルエンザ脳症は、インフルエンザを発症して、数時間から1日などで脳症を発症することがあります。インフルエンザの症状があり、けいれん、意識障害、異常行動などが見られた場合は、早急に病院へ行きましょう。

高齢者の場合は、肺炎がインフルエンザによる死亡の主な原因になっています。特に84歳以上の方の死亡率が高くなっているので、インフルエンザ発症後の体調の変化に十分にお気をつけください。

まとめ

インフルエンザの症状が出た場合、自己判断はせず早めに医師の診断を受け、正しい対応をしてもらいましょう。

そして水分を十分に補給し、しっかりとした睡眠をとることが大切です。

また、感染が広がらないように部屋の換気やマスクの装着、手洗いうがいを心がけましょう。

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。