妊婦がインフルエンザ予防接種しても影響ない?時期や副作用について解説

インフルエンザ予防接種の妊婦への影響、接種する時期、ワクチンに含まれる防腐剤や副作用について解説。妊娠中の方はインフルエンザが重症化しやすいため、予防接種が推奨されています。

「妊娠すると免疫力が下がるから要注意!」こんな話を聞いたことがある妊婦の方も多いのではないでしょうか?
妊婦の免疫力が低下するのは、免疫力がお腹の赤ちゃんを異物と判断しないためとされています。つまり、赤ちゃんの成長のために必要な体の変化なのです。

とはいえ、母体が体調を崩してしまうとお腹の赤ちゃんも困ってしまいます。

これからの時期、特に気を付けたいのはインフルエンザ。
予防接種にはさまざまな効能があるため、特に免疫力が下がりがちな妊娠中は、予防接種を受けることが推奨されています。

そこで今回は、妊婦のインフルエンザ予防接種について解説します!母体や胎児への影響や副作用、接種時期など、妊娠中の方はチェックしましょう。

インフルエンザ予防接種の妊婦と胎児への影響は?

妊娠中にインフルエンザに感染したとしても、胎児に影響を与える可能性はないというのが現在の主な見解です。

妊娠中はインフルエンザ治療薬等を使用できないケースがあるため、インフルエンザの重症化や合併症を招くリスクが高くなるとされています。場合によっては、インフルエンザによる発熱などによって、切迫流産になるケースもあります。

インフルエンザの予防接種を受けることで、感染のリスクだけでなく、例え感染してしまっても重症化や合併症の発症を防ぐことがあります。

さらに、妊娠中にインフルエンザの予防接種をすることで、母親の胎盤を通して胎児にも免疫を作ることができます。
生まれたばかりの赤ちゃんは、生後6か月までインフルエンザの予防接種を受けることができません。お母さんの予防接種によりインフルエンザの免疫をつけることで、出生後の新生児のインフルエンザ感染を防ぐことにもつながります。

インフルエンザの予防接種は妊娠中すべての時期で可能

妊娠中の予防接種は、妊娠の週を問わず全期間において可能です。臨月でも接種することができます。

インフルエンザワクチンに使われているのは、毒性のない不活化ワクチンなので、妊婦や胎児への影響は、ほぼ問題ないとされています。

妊娠初期にも予防接種は有効

さまざまな体の変化が起こる妊娠初期は、特にインフルエンザの予防接種の影響を心配する方が多いでしょう。しかし、妊娠の全期間においてインフルエンザの予防接種を受けることが可能です。
ただし、妊娠初期は免疫力低下に加え、つわりによる体力低下もあることから、特に健康面に注意が必要になります。

予防接種を受ける際は、事前にかかりつけの産婦人科医に相談し、現在の身体の状況などを踏まえた上で接種時期を決めることをおすすめします。

なお、現段階の厚生労働省の報告では、妊娠初期のインフルエンザ予防接種で、流産や先天性異常のリスクが高まったという報告はされていません。

インフルエンザ予防接種はいつ受けるのがいい?

妊婦のインフルエンザの予防接種の時期は、流行が始まる前の10月から11月上旬ごろが良いとされています。
また、ワクチンの接種回数は、通常の成人の接種回数と同じく1回です。

インフルエンザワクチンは、接種したその日から効果があらわれるわけではありません。ワクチンの効果があらわれるまでには、約2~4週間かかるため、最も流行する前の10~11月ごろの接種が望ましいです。
予防接種の効果の持続期間については個人差がありますが、おおよそ3~4ヶ月となっています。

妊婦の予防接種はどこで受ければいい?

予防接種を希望する場合は必ず、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。
かかりつけの産婦人科が予防接種を行っていない場合は、市町村が提供するリストから予防接種を行っている医療機関を探し、問い合わせてみましょう。
風邪をひいている、風邪気味の場合は、接種が可能かどうか医師と相談する必要があるので、その旨申し出てください。

予防接種の費用はどれくらい?

料金や予約方法などは医療機関によって異なりますので、事前の確認が必要です。

インフルエンザの予防接種は、高齢者など一部の方を除いて保険の適用外です。自由診療になるため、病院によって価格は異なりますが、大人の場合相場は2000~4000円となっています。

夫もインフルエンザ予防接種を

インフルエンザの予防接種は、感染を防ぐことはできませんが、症状を軽くすることができます。夫をはじめ家族にもインフルエンザの予防接種を受けてもらい、家庭内での感染のリスクを減らしましょう。また、感染予防も徹底してもらいましょう。

授乳中でも予防接種は受けられる

授乳中は妊娠中と違い、インフルエンザにかかっても重症化の危険性が増すわけではありません。ただし、赤ちゃんに感染してしまったら大変です。母乳を介してウイルスが感染することはありませんが、一番近くで赤ちゃんに接している母親からうつる可能性は大いにあります。二次感染を防ぐため、予防接種をおすすめします。

原則として、産後1か月健診を終えた方は予防接種が可能です。産後1か月未満の方は、かかりつけの医師に相談しましょう。
ワクチン接種の効果は母乳を介して赤ちゃんに移行しますが、ごく微量なので心配することはありません。

妊婦用のインフルエンザワクチンはある?

インフルエンザワクチンに含まれる防腐剤の影響

インフルエンザワクチンには「チメロサール」と呼ばれる、エチル水銀に由来する防腐剤が含まれています。

水銀というと、健康に悪い影響を与えるのでは?と心配する声が聞こえてきそうですが、問題はありません。

チメロサールが臓器に取り込まれる割合は極めて低く、ワクチンに含まれる量では安全性に問題ないというのが、現時点での見方です。

ただし、妊婦は防腐剤が含まれていないインフルエンザワクチン(チメロサールフリー)を優先的に選択することが可能です。病院によっては、防腐剤を含まないワクチンを推奨するところもあります。
防腐剤を含まないインフルエンザワクチンを希望する場合は、予防接種を受ける前に確認すると良いでしょう。

2016-2017シーズンの予防接種に関して

2016年に4月に発生した熊本地震で、ワクチンの製造企業において複数の建物および設備に被害が生じ一定期間生産を中止した影響で、本年度は防腐剤フリーのワクチンは製造されません。
そのため防腐剤入りのワクチンのみとなりますが、先に述べたとおり安全性に問題はないので、安心して接種を受けてください。

インフルエンザの予防接種では、ワクチンの副作用で免疫以外の以下のような反応があらわれることがあります。

・赤く腫れる
・疼痛(ズキズキとした痛み)
・発熱
・悪寒
・嘔吐・・・など

これらの副作用は、通常2~3日で消失します。
ただし、異常反応による体調変化やけいれん、高熱といった副作用がみられた場合は、早急に医師の診察を受けてください。

これらの副作用は妊婦だけではなく、すべての人に起こる可能性があります。妊娠中だから特別にあらわれるという副作用は、現在のところ報告されていません。


 

さいごに

免疫力低下に体質の変化・・妊娠中の身体は、いつもと違うことを忘れないことが大切です。インフルエンザの感染力が高まるこれからの季節、必要以上の外出は控え人混みは避ける、帰宅時には必ず手洗いうがいをする、喉が乾燥したと感じたときはこまめにうがいをする、マスクを着用して感染予防&喉を温めるなどの対策を取りましょう。

インフルエンザウイルスの好む環境は、33度くらいの乾燥した場所といわれています。
喉は呼吸による空気の移動で、体温よりやや低い温度となっていて、インフルエンザウイルスが’住みやすい環境になっています。喉のケアには特に注意してください。

寒くなり、体調を崩しやすくなるこの時期、ご自身と赤ちゃんの健康を守ることはとても大変なことです。体調不良は早期対応がカギになります。不安があるときは、必ず医師に相談してくださいね。

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。