フルミストは痛くないインフルエンザ予防接種!料金や副作用について

インフルエンザの予防接種で使われるフルミストは、注射を使わないで接種ができる生ワクチンです。フルミストの効果、料金、副作用などについて徹底解説します!

インフルエンザの予防接種というと腫れる、痛いなどといったイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はインフルエンザの予防ワクチンには、注射せずに接種できるものがあるのです。その名を「フルミスト(FluMist)」といいます。

日本ではあまり馴染みがありませんが、フルミストはヨーロッパやアメリカでは主流になっている点鼻型のインフルエンザ予防接種です。
アメリカでは2003年、ヨーロッパでは2011年に承認されており、特にアメリカでは10年以上の安全な使用実績があります。

日本ではまだ認可されていませんが、個人輸入をして患者に提供する医療機関も多くなっています。

この記事では、フルミストの効果や料金、副作用などについて解説します。

注射しないインフルエンザ予防ワクチン・フルミストの効果

ワクチンには生ワクチンと不活化ワクチンがあります。
日本で認可されているインフルエンザワクチンは「不活化ワクチン」ですが、フルミストは「生ワクチン」です。それぞれどう違うのでしょうか。

◼︎不活化ワクチン…細菌やウイルスを殺して毒性をなくし、免疫を作るのに必要な成分をとりだしたもの
◼︎生ワクチン…毒性を弱めた細菌やウイルスを生きたまま接種し、免疫をつけるもの

生ワクチンは、毒性を弱めているとはいえ、細菌やウイルスそのものを体内に取り込むので、体内で感染状態になり免疫を誘導し、ウイルスに対する免疫がしっかりと作られます。

そのため、従来のワクチンの有効期限が約5か月であるのに対し、フルミストは約1年と効果が長持ちします。また細胞性免疫を誘導するため、接種したウイルスと種類が違っても症状を抑える働きがあります。

鼻に噴霧させるため痛みがない

日本で認可されているワクチンは注射タイプであるのにに対し、フルミストは液体型ワクチンを鼻の粘膜に霧状にして直接吹きかけます。
そのため痛みがなく、注射を嫌がる子どもでも接種しやすくなっています。

また、インフルエンザウイルスは鼻腔から入ってくるので、その場所に直接噴射することで免疫をつけられるので、発症予防効果が高いとされています。

原則として1回接種するだけでOK!

基本的にはフルミストは1回接種するだけで十分な免疫力がつきます。
ただし、今までにインフルエンザにかかったことがなく、インフルエンザワクチンを接種したことのない2歳~8歳の子どもはインフルエンザに対する免疫がないため、1~2か月の間を空けてもう一度接種する必要があります。

注射型のワクチンの場合は13歳未満は2回、13歳以上は1回接種となっています。

対象年齢は2歳から49歳まで

フルミストは小規模ではありますがウイルスに感染した状態になるため、免疫力が低いとされる方や年齢による接種制限があります。
フルミストの対象年齢は、2歳~49歳です。発売当初は15歳以上からでしたが、接種実績が増えて対象年齢が引き下げられたため、乳幼児の接種が近年増加しています。

フルミストは日本では認可されていません。そのため健康保険が効かず、料金は全額自己負担となります。価格は病院によって異なりますが、1回6500円~10000円の間が多いようです。

国内の認可されているワクチンの費用ですが、こちらも高齢者以外は全額自己負担となり、6か月~13歳未満は6000円~7000円程度(2回接種)、13歳以上~成人は3000円~5000円程度、高齢者は無料~2000円程度となっています。

 

フルミストの副作用は?

フルミストは生ワクチンのため、不活化ワクチンより風邪症状の副作用が出やすくなっています。ただし、ほとんどが軽度のものであり、それほど心配する必要はありません。

30~40%の人は接種後3日~7日までに鼻水、鼻づまりの症状が出ます。
他にも、頭痛、喘鳴(ぜいぜい、ひゅうひゅうという呼吸音)、咽頭痛、イライラ、倦怠感、筋肉痛、発熱などが報告されています。
発熱は子どもに多く、成人にはほとんど見られません。副作用は1週間程度で治ります。

なお、頻度は非常に少ないとされていますが、他のワクチンと同じく、アナフィラキシー・ショックやギラン・バレー症候群といった重篤な副作用が起こる可能性もあります。

医薬副作用被害者救済制度について

フルミストは現在日本では認可を受けていません。そのため重大な副作用が生じた場合に、医薬副作用被害者救済制度が利用できない可能性があります。接種を受ける場合は、副作用を十分に理解した上で予防接種の種類を選択しましょう。

フルミストはどこで接種できる?

フルミストは日本では未認可のため、医師が個人輸入して提供しています。そのため取り扱いのある病院自体も少なく、「先着○○名」といったように数に限りがあり、完全予約制の病院が多くなっています。

注射を使わない予防接種希望者は多く、予約受付を開始してすぐに予約がいっぱいになってしまうことも珍しくないようです。
フルミストの接種を希望する場合は、お近くの医療機関に問い合わせてみましょう。

フルミストの接種が出来ない人

以下の方はフルミストを接種することができません。

・2歳未満〜50歳以上の方
・卵アレルギーを持っている方
・17歳以下で、最近アスピリン(またはその類似薬)を摂取した方
・過去にインフルエンザワクチンを接種した時、深刻なアレルギー反応がおきた、もし くはギランバレー症候群が発症(接種後6週間以内)した経験がある方
・病気や骨髄移植、もしくは特定の薬や癌治療を受けていることによって免疫が低下している方

そのほか日本では、妊婦や授乳中の方の接種を禁止している病院が多くなっています。
また、家族内に免疫が低い人がいる場合もフルミストの接種ができない可能性があります。接種前に医師に相談しましょう。

医師に伝えるべきこと

もし過去に以下のような経験があれば、より安全にフルミストを使用するために必ず医師に相談しましょう。

・喘息などの肺疾患
・発作
・脳に関わる神経疾患
・48時間以内にタミフルやリレンザなどのインフルエンザ治療薬を使った場合

また、接種当日に鼻水がひどいと、ワクチンが流れ出してしまうため使用できない場合があります。そのため、子どもが泣きやまないときは接種を断られることがあります。
なお、軽度の風邪なら接種を受けることが多いようですが、発熱を伴っている場合や、他の感染症にかかっている場合は治るまで予防接種を待ちましょう。

おわりに:2016-2017シーズンのフルミスト接種について

米国疾病予防管理センター(CDC)は、昨シーズンの2~17歳のフルミストのインフルエンザの予防効果が注射接種の不活化ワクチンより低かったとして、2016-2017シーズンはフルミストの接種を推奨しないと発表しました。

この影響で、日本でも例年フルミストを扱っていた病院が本年度は使用を中止するケースが多くなっています。

フルミストの接種を希望する場合は、事前に病院に問い合わせましょう。

 

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。