ニキビに使える処方薬の塗り薬ゼビアックスが登場!新薬ゼビアックスローションの効能効果・副作用・特徴など徹底解説

ゼビアックスローションの特徴や、ニキビに対する効果、副作用などについて、アクアチムやダラシンTとも比較しながら解説していきたいと思います。ゼビアックスの使用の際にご参考にして下さい。

ゼビアックスローション(成分名:オゼノキサシン)は2016年1月に発売されたニキビや皮膚の感染症に対する薬(塗り薬)であり、皮膚科などのクリニックで医師から処方してもらう処方薬です。

ゼビアックスローションの成分であるオゼノキサシンは抗菌剤であり、従来ニキビの治療に使用されていた塗り薬のアクアチムと同じ系統、ダラシンTとも近い系統と言えます。

今回の記事では新薬であるゼビアックスローションの特徴や、ニキビに対する効果、副作用などについて、アクアチムやダラシンTとも比較しながら確認していきたいと思います。

 

ゼビアックスの特徴は1日1回で効果のある抗菌成分

ゼビアックスローションの最も大きな特徴として挙げられるは1日1回の使用で効果が認められている点です(アクアチムとダラシンTはいずれも1日2回)。1日1回とされている根拠や、その他の特徴についても確認していきましょう。

 

ゼビアックスの効能効果と用法用量

まずはゼビアックスローションの効能効果ですが、製薬会社が作成している添付文書では以下の通りです。

<適応菌種>
オゼノキサシンに感性のブドウ球菌属、アクネ菌
<適応症>
表在性皮膚感染症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)

まず適応菌種についてですが、ニキビの原因菌として多いのがアクネ菌であり、ゼビアックスはこのアクネ菌に対して適応を持っています。

また、ニキビを専門用語で言うとざ瘡(ざそう)と言い、もちろんゼビアックスローションはこちらの適応も持っていて、ニキビに対して保険が効く薬となります。

続いて用法用量は以下のとおりです。

本剤の適量を1日1回、患部に塗布する。なお、ざ瘡に対しては洗顔後、患部に塗布する。

前述の通り、ゼビアックスローションは1日1回の使用で済む点が大きな特徴ですね。ニキビに使う際は必ず洗顔後に使用することになっているためご注意ください。

 

ゼビアックスが1日1回で効果がある根拠は

ゼビアックスローションは同じ抗菌成分のアクアチムやダラシンTと違い、1日1回の使用で済むとされていますが、その根拠は実際の患者さんを対象とした臨床試験(治験)で確認されています。

ゼビアックスローションを1日2回使用した患者さんとゼビアックスローションを1日1回使用さ患者さんのニキビに対する効果を確認した結果、1日1回の使用でも1日2回した患者さんと比べ、効果の差はないことがわかっています。

この点から、ゼビアックスローションは1日1回でも十分な効果があるとされ、使用方法が1日1回となっています。従って、強い効果を求めるあまり、自己判断で1日複数回使用しても効果は変わらず、副作用がでやすくなってしまうだけという可能性もありますので、必ず用法用量を守るようにしましょう。

 

ゼビアックスの効果の強さは?

続いてゼビアックスローションの効果の強さについても確認していきましょう。

ゼビアックスはアクアチム、ダラシンTよりも強い抗菌力をもつ

効果の強さを考える場合、ゼビアックスローションは抗菌剤のひとつですので、その抗菌力が一つの観点になります。

結論から言いますとゼビアックスは抗菌力が強いため、強い効果が期待できる薬です。

抗菌力を見る上で指標のひとつになるのがMIC(最小発育阻止濃度)というものです。MIC(最小発育阻止濃度)とはその抗菌薬が細菌の発育を阻止できる最小の濃度であり、この値が低ければ少ない薬の量でも細菌に効果があるということになりますので、MICの値が低いほど抗菌力が強い薬となります。

ニキビの原因になるアクネ菌に対するゼビアックスローション(オゼノキサシン)と、ニキビに使用される抗菌剤のアクアチム(ナジフロキサシン)、ダラシンT(クリンダマイシン)のMIC値(MIC90)は以下の通りです。

薬剤名 MIC90(μg/mL)
ゼビアックス  ≤0.06
ナジフロキサシン 0.5
クリンダマイシン 8

上記のとおり、ゼビアックスローションが一番低い値となっており、すなわち抗菌力が強いと言えますね。このように抗菌力という観点で見るとゼビアックスはかなり強い効果を持つことが想定されます。

 

実際の患者さんに対するニキビ治療薬としての可能性は?

では実際のニキビの患者さんに対して、ゼビアックスローションはどの程度効果が見られるのでしょうか

結論としては実際のニキビの患者さんにもまずまずの効果(ニキビが半分以下に減る)が認められています。

この点に関しては実際のニキビの患者さんにゼビアックスローションを使用した臨床試験(治験)の結果を見ていきたいと思います。

ニキビの患者さん約200人に対して、ゼビアックスローションを使用すると炎症性皮疹(いわゆる赤ニキビ)の数が54.77%減少したという結果が報告されています。減少率が5割以上ということであり、ニキビの数が半分以下になると捉えてよそさそうですね。

しかし、この試験では同時にアクアチムの成分であるナジフロキサシンも比較対象として使用されており、ナジフロキサシンを使用した約200人の患者さんでも、炎症性皮疹数の減少率が53.59%という結果が報告されています。

ゼビアックスが54.77%、アクアチムの成分であるナジフロキサシンが53.59%ですので、その差は1%ちょっとであり、この結果からは両方ともニキビに効果が出ており、ゼビアックスの方がほんの少しだけ効きがよかったという解釈になりそうです。

前述した抗菌力という面ではゼビアックスローションの方がかなり強いという印象でしたので、この臨床試験の結果は少し期待外れな面もありますが、患者さんがそれぞれ200人程度の結果でありますので、今後のより大多数の患者さんが使用した結果を調べる調査などが行われれば、もう少し変わってくるかもしれませんね。

ゼビアックスローションには1日1回の使用で効果が見られるというメリットもありますので、高い抗菌力と合わせて今後ニキビ治療の救世主になってくれるポテンシャルは十分にあると考えて良さそうです。

 

ゼビアックスの副作用について

ゼビアックスローションの副作用などの安全面についても少し見ていきたいと思います。

製薬会社からの情報によればゼビアックスローションに見られる主な副作用は痒感(かゆみ)が1.1%、適用部位乾燥(塗った部分が乾燥する)が1.1%、適用部位刺激感(塗った部分の刺激を感じる)が0.9%とのことです。これらの副作用は外用剤でしたらおおかれすくなから認められるような副作用ですので、そこまで大きな問題と考えなくて良さそうです。

重篤な副作用なども発売の時点であまり報告されてないようですので、ゼビアックスローションを実際に処方された場合はまずは安心して使用いただけるかと思います。

ただし、現時点では限られた数の患者さんに使用された結果ですので、今後多くの人に使われた場合にまだ知られていない副作用などが見つかる可能性も残っています。ゼビアックスローションに限らず、新薬を使用する際には念のため、体調の変化などは少し気を配るようにしましょう。

 

ゼビアックスのその他の特徴は?

ゼビアックスはその他にもいくつか特徴を持った薬です。その内容を見ていきましょう。

 

ゼビアックスの価格はアクアチム、ダラシンTと同じくらいの適正価格

 

ゼビアックスローションの価格はズバリ適正な価格と言えます。

その理由としては同じ系統の薬であるアクアチムやダラシンと1日使用量でのグラム(もしくはミリリットル)あたりの薬価(薬の価格)がほぼ同じだからです。

3つの薬の薬価は以下のようになってます。

ゼビアックス:82.20円/g

アクアチム:41.10円/g

ダラシンT:42.30円/mL

 

ゼビアックスが2倍くらい高いように見えますが、ゼビアックスは1日1回の使用となり、使用量がアクアチムやダラシンTの半分となりますので、実際にはほぼ同じ価格と言えます。

ゼビアックスローションは1本あたり20mL(g)の包装となりますので、1本買うとおおよそ82.2×20=1644円程度となります。

保険適用されるのでここからさらに3割負担となり、1644×0.3=493.2円となりますね(実際には薬を受け取る際は10円単位で計算したり、薬局の基本料など取られるため、もう少し費用がかかります)。

 

ゼビアックスは塗った後に垂れにくい

1日1回の使用で効果が有る他、ゼビアックスローションは塗った後に垂れにくいローションという特徴も持っています。この特徴からゼビアックスローションは指先にとって塗るという使い方ができます。


最後に

今回はニキビ治療における新薬のゼビアックスローションについてその特徴や効果、他のニキビ治療薬との比較などを確認してきました。現時点ではその効果は未知数なところもありますが、ニキビ治療の抗菌薬としては久しぶりの新薬であり、ニキビ治療の救世主となるような活躍を期待したいところですね。

ゼビアックスローションについて気になった場合は皮膚科などのクリニックで相談するようにしましょう。そしてもし実際にゼビアックスを処方された際には医師の指示をしっかりと守り正しい用法用量で使用するように心がけましょう。

 

【薬剤師監修】
症状ごとの薬の選び方・使い方特集

豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあった薬を選ぶ
ポイントを解説します

【薬剤師監修】口内炎に効く薬の選び方

口内炎

【薬剤師監修】痔に効く薬の選び方

【薬剤師監修】水虫に効く薬の選び方

水虫

【薬剤師監修】抜け毛に効く薬の選び方

抜け毛

【薬剤師監修】妊娠検査薬の選び方

妊娠検査薬