眠くならない花粉症の薬はどれ?薬剤師おすすめ眠くなりにくい市販薬2選!

花粉症の薬には副作用の眠気が出やすいものがあります。花粉症の薬で眠くなる理由を解説。また比較的眠くなりにくい市販薬も紹介します。

花粉症の薬を飲むと眠くなってしまった、そんな経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

また、「花粉症の薬は眠くなりやすい」と聞いて、飲むのをためらっている方もいるかもしれません。

花粉症の薬で起こる眠気は副作用の一種です。

花粉症の治療薬はさまざまな種類が販売されていますが、副作用として眠気が強く出る薬もありますが、反対に眠くなりにくい薬もあります。

この記事では、花粉症の薬で眠くなる理由を解説。薬剤師おすすめの眠くなりにくい市販薬も紹介します!

花粉症の薬で眠くなるのはなぜ?

花粉症では、体内に侵入した花粉などのアレルギー物質がきっかけとなり、ヒスタミンという化学物質が脳から分泌されます。このヒスタミンがくしゃみ・鼻水・涙などの症状を引き起こすきっかけとなっています。

花粉症の薬は、ヒスタミンの分泌を抑えることで、症状を抑える仕組みです。

ただし、ヒスタミンにはアレルギー症状を引き起こす他にも、脳の働きを促す役割があり、ヒスタミンの分泌を抑えると、脳の働きが低下します。

脳の働きが低下することで、集中力や判断力が低下し、結果的に眠気につながるのです。

眠くなりにくいのは「第2世代抗ヒスタミン薬」

花粉症の薬の中で「抗ヒスタミン薬」と呼ばれるものは、ヒスタミンの分泌を抑える作用があります。抗ヒスタミン薬は、病院で処方される処方薬でも、薬局・ドラッグストアなどで購入できる市販薬でも、花粉症の薬の主流となっています。

抗ヒスタミン薬は、発売された年代などによって第1世代と第2世代に分けられます。

「第1世代抗ヒスタミン薬」は、即効性に優れていますが、眠気、口の渇き、胸焼けなどの副作用が強くみられる傾向にあります。

いっぽう、「第2世代抗ヒスタミン薬」は、効き目は穏やかですが、眠気などの副作用が現れにくくなっています。また、抗ヒスタミン作用だけでなく、アレルギー症状を起こしにくくする抗アレルギー作用もあります。

副作用の眠気を避けたい場合は、第2世代抗ヒスタミン薬を選ぶようにしましょう。

第2世代の抗ヒスタミン薬の中でもおすすめは「アレグラ」と「クラリチン」

また、第2世代の抗ヒスタミン薬のうち、とくに最近開発されたものは、中枢抑制作用が改善されており、眠気などの副作用が出にくくなっています。

その中でも、眠くならない処方薬として知られているのは「アレグラ」と「クラリチン」です。

現在、花粉症に使われる薬の添付文書の「重要な基本的注意」に眠気の項目が含まれないのはこの2つの薬だけです。パイロットや運転手など交通機関従事者や機械の操作を行う方には、アレグラかクラリチンのどちらか処方されます。

薬剤師おすすめ!眠くなりにくい市販薬2選

眠気が出にくい処方薬では「アレグラ」と「クラリチン」があげられますが、「アレグラ」と「クラリチン」と同じ成分を同じ量使用している市販薬が販売されています。

【第2類医薬品】アレグラFX

アレグラFXは、病院で処方される花粉症の薬「アレグラ」と同じ成分の「フェキソフェナジン塩酸塩」を初めて同量配合した市販薬です。

1日2回朝晩の服用で、効果は1日中持続します。脳に影響を及ぼしにくい抗ヒスタミン成分を使用しているため、眠気や集中力の低下などを起こしにくくなっています。

 

【要指導医薬品】クラリチンEX

クラリチンEXは、病院で処方される花粉症の薬「クラリチン」と同じ成分の「ロラタジン」を初めて同量配合した市販薬です。

2017年1月に発売開始となった要指導医薬品であり、販売時に薬剤師による対面での情報提供・指導が義務付けられています。薬剤師のいる薬局・ドラッグストアのみで購入が可能で、amazonなどのインターネットでは購入できません。(2017年2月現在)

1日1回1錠を飲むだけで効果が持続します。食後など毎日同じ時間帯に服用しましょう。

アレグラFXとクラリチンEXの違いは?

アレグラFXとクラリチンEXは、薬の効果も眠くなりにくさも、ほぼ同じといえます。

異なる点は、服用回数と購入場所、価格です。

アレグラFXは1日2回飲む必要がありますが、インターネットでも購入でき、入手しやすくなっています。

一方、クラリチンEXは1日1回飲むだけで済みますが、薬局やドラッグストアに薬剤師がいないと購入できないため、現在のところ購入できる場所や時間が限られています。(2017年2月現在)ただし、今後の販売実績によってアレグラFXと同様にインターネットでも購入が可能になることが見込まれます。

価格に関しては、アレグラFXの方がやや安価となっています。

比較検討して、自分の身体やライフスタイルに合う方を選びましょう。

  アレグラFX クラリチンEX
服用回数 1日2回(1回量1錠) 1日1回(1回量1錠)
購入できる場所 薬局・ドラッグストア・インターネット 薬剤師のいる店舗のみ
メーカー希望小売価格(税別) 14錠:1,314円
28錠:1,886円
7錠:1,380円
14錠:1,980円
1日分の価格 約134.7円 約141.4円

※価格等の情報は、2017年2月現在のものです

市販薬の医療費控除について

「アレグラFX」と「クラリチンEX」は、「セルフメディケーション税制」対象商品です。

セルフメディケーション税制は、2017年1月1日から導入された医療費控除制度です。

セルフメディケーション税制対象商品を1年間で1万2,000円(扶養家族分の合算)を超えて購入し、一定の条件を満たしている場合に医療費控除が適用されるので、購入時のレシートは保管しておきましょう。

セルフメディケーション税制について、詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

今回は眠くならない花粉症の薬について解説しました。

ただし、どの成分で眠くなるかは体質によっても異なり、効果や副作用には個人差があります。

そして、眠くならない薬であっても、症状が抑えられなければ意味がありません。

薬を試してみて効果が感じられないようであれば、医師や薬剤師に相談し、別の薬への変更も検討しましょう。

【薬剤師監修】
症状ごとの薬の選び方・使い方特集

豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあった薬を選ぶ
ポイントを解説します

【薬剤師監修】口内炎に効く薬の選び方

口内炎

【薬剤師監修】痔に効く薬の選び方

【薬剤師監修】水虫に効く薬の選び方

水虫

【薬剤師監修】抜け毛に効く薬の選び方

抜け毛

【薬剤師監修】妊娠検査薬の選び方

妊娠検査薬