チョコラBBシリーズを徹底比較:疲れや口内炎・にきびにはどのチョコラ?

たっぷり眠ったのに疲れがとれない。
食事にも気をつかっているのに口内炎ができる。
この肌あれはスキンケアが原因?
 

規則正しい生活を送っていても、肌の調子がなんとなく悪い、疲れがなかなか取れない・・・といったことはあるものです。
 

そんな方の強い味方が「チョコラBB」シリーズ。
1952年に「チョコラBB錠」が誕生して以来、60年以上の歴史を持つ医薬品です。
 

現在は19種類もの医薬品・指定医薬部外品・栄養機能商品を展開するチョコラシリーズですが、今回は8種類の医薬品を徹底比較。
 

症状に合わせて使い分けるヒントしてくださいね。
 

チョコラBBシリーズ(医薬品) : 8製品の成分と特徴を徹底比較

チョコラBBシリーズの医薬品・8製品について、それぞれの成分と特徴の違いを見てみましょう。(錠剤は1日量、ドリンクは1本量で比較)
 

● チョコラBBプラス
< 特徴 >
健康な皮膚・粘膜の発育に関わり、吸収にすぐれた活性型ビタミンB2を中心に5種類のビタミンB群をバランスよく配合。
肌あれや口内炎を緩和するとともに、疲労回復効果も高いのが特徴です。
 

< 成分 >
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2リン酸エステル)38mg
 ・皮膚や粘膜の健康維持に働きます。
 ・脂肪の代謝を助けエネルギーに変えます。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 50mg
 ・口内炎やにきびを防ぎ、皮膚や粘膜の健康維持に働きかけます
 ・タンパク質の代謝を助けエネルギーに変えます。
チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩) 20mg 
 ・糖質(炭水化物)の代謝を助けエネルギーに変えます。
ニコチン酸アミド 40mg 
 ・皮膚や粘膜の健康維持に働きます。 
パントテン酸カルシウム 20mg
 ・皮膚や粘膜の健康維持に働きます。
 ・ストレスへの抵抗力を高める
 

● チョコラBBピュア
< 特徴 >
活性型ビタミンB2に、ビタミンC(アスコルビン酸カルシウム)が含まれているのが特徴。
コラーゲンの生成を助けるとともに、活性酸素から細胞を守って健康な肌細胞の再生を促します。
 

< 成分 >
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2リン酸エステル)38mg
 ・皮膚や粘膜の健康維持に働きます。
 ・脂肪の代謝を助けエネルギーに変えます。
アスコルビン酸カルシウム(ビタミンCとして103mg) 125mg 
 ・コラーゲンの生成を助け、皮膚や粘膜の健康維持に働きます。
チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩) 20mg 
 ・糖質(炭水化物)の代謝を助けエネルギーに変えます。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 24mg
 ・皮膚や粘膜の健康維持に働きます。
 ・タンパク質の代謝を助けエネルギーに変えます。
ニコチン酸アミド 40mg 
 ・皮膚や粘膜の健康維持に働きます

チョコラBBプラスとチョコラBBピュアの違いと使い分け

よくある質問が「チョコラBBプラスとチョコラBBピュアは、どう違うの?」ということ。
どちらにもビタミンB群が含まれ、疲労回復効果が期待できますが、それぞれにプラスαのポイントがあります。
 

・ チョコラBBプラス
ビタミンB6やパントテン酸カルシウムがしっかり入っているのがポイント。
疲れが蓄積して、少しの休息では回復しないときや、口内炎・にきびなどの炎症があるときにおすすめです。
 

・ チョコラBBピュア
ビタミンCが配合されているところが、大きなポイントです。
体の疲れよりも肌の疲れ(肌あれやくすみなど)が気になるときに選ぶといいでしょう。
 

即効性と手軽さならドリンク剤

● チョコラBBドリンクⅡ (1瓶:4.8kcal)
< 特徴 >
古くから「イボを消す」といわれてきた生薬ヨクイニンと、血流改善、抗炎症作用があるビオチンを配合。疲労回復を早めるグルクロノラクトンで、ビタミンB群の相乗効果も期待できます。
 

< 成分 >
ビタミンB2リン酸エステル 38mg
ビタミンB6 50mg
ビタミンB1硝酸塩 10mg
ニコチン酸アミド 60mg
ビオチン 500μg
ヨクイニンエキス(ヨクイニンとして2600mg) 200mg
グルクロノラクトン 200mg

 

成分内容は、チョコラBBプラスと似ています。
疲労が蓄積し、口内炎までできてしまったような時に、素早く元気を取り戻してくれる1本です。
 

● チョコラBBドリンクビット(1瓶:1.2kcal)
<特徴>
チョコラBBドリンクⅡのお手軽バージョン。
含有成分量が控えめになっている分、カロリーも低く、チョコラBBドリンクシリーズの中で一番低カロリーです。


<成分>
ビタミンB2リン酸エステル 20mg
ビタミンB6 25mg
ビタミンB1硝酸塩 5mg
ニコチン酸アミド 30mg
ヨクイニンエキス 100mg(ヨクイニンとして1300mg)


ドリンク剤の良さは、即効性と手軽さです。
錠剤の場合は小腸で消化・吸収されて効果が現れますが、ドリンク剤は食道から吸収が始まりますので、効果を早く感じたいときにはドリンク剤を選んでみましょう。
飲み切りサイズで、その場ですぐに飲める手軽さも見逃せませんね。
 

しみ・そばかすが気になる方は、Cをプラス

● チョコラBBルーセントC
< 特徴 >
体の内側から美肌に導く6種類のビタミンを配合。
血流を促進することで肌のターンオーバーを正常化し、表皮の下から色素沈着も改善。
きれいな肌を取り戻していきます。
 

< 成分 >
アスコルビン酸(ビタミンC) 600mg 
 ・メラニン色素の生成を抑えて、色素沈着を改善します。
 L-システイン 240mg
 ・メラニン色素の生成を抑えて、色素沈着を改善します。
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2リン酸エステル) 15mg
 ・肌のターンオーバーを正常化し、皮膚や粘膜の健康維持に働きます。 
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 20mg
 ・肌のターンオーバーを正常化し、皮膚や粘膜の健康維持に働きます。 
ニコチン酸アミド 25mg
 ・皮膚や粘膜の健康維持に働きます。 
コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE) 100mg 
 ・抗酸化作用があり、血行も促進。新陳代謝を高めます。
 


チョコラBBルーセントCは、少しずつ積み重なった疲労や年齢が肌にあらわてきた方におすすめです。健康な肌細胞は、くすみやシミだけでなく、肌のキメや弾力も回復させます。


忙しさに翻弄され、気づいてみれば肌はくすみ、シミやそばかすも目立つようになっていたと落ち込む前に、お試しを。
 

疲労が蓄積し、息切れしそうな方はローヤルT

● チョコラBBローヤルT
< 特徴 >
食事を摂っても力が出なかったり、眠っても疲れが残るのは、エネルギー代謝能力が落ちている証拠。
心も体も疲れているという方はローヤルTを。
 

< 成分 >
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2リン酸エステル) 15mg 

 ・脂肪の代謝を助けエネルギーに変えます。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 15mg 
 ・タンパク質の代謝を助けエネルギーに変えます。
チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩) 10mg
 ・ 糖質(炭水化物)の代謝を助けエネルギーに変えます。
ローヤルゼリーチンキ(生ローヤルゼリーとして100mg) 100mg 
 ・三大栄養素(タンパク質、糖質、脂質)や、各種ビタミン、ミネラルをバランス良く含みます。
タウリン 1000mg 
 ・疲れた時に必要なエネルギーの産生に関わります。
ニコチン酸アミド 20mg 
 ・栄養素からエネルギーをつくる時に働く補酵素です。
無水カフェイン 50mg 
 ・体内での臓器で興奮作用を示し、疲労を残しにくくします。

 

栄養素は、単体よりも、さまざまな成分を一緒に摂取することで相乗効果が生まれ、より効果的に体に働きかけます。
チョコラBBローヤルTは、食事で摂った栄養素をエネルギーに変換する回路(クエン酸回路)の働きを高める成分を、バランスよく配合。
ローヤルゼリーやタウリンといった、栄養ドリンクでおなじみの成分も含まれています。
 

子どもだって疲れるもん!子ども向けのチョコラシリーズ

● チョコラBBジュニア
< 特徴 >
野菜が嫌い、好きなものしか食べないなど、子どもの食生活は乱れがち。
勉強やスポーツなどでも疲れがたまる小中学生向け(7才以上15才未満)の錠剤です。
 

< 成分 >
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2リン酸エステル)19mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 12mg
チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩) 6mg 
ニコチン酸アミド 20mg 
パントテン酸カルシウム 10mg

 

成人向けのチョコラBBプラスと比べると、含有成分は同じですが、成分量は半分~半分以下に抑えられています。
栄養の偏りや疲れで口内炎ができてしまった、湿疹の治りが遅いなどのときにおすすめです。
 

● チョコラBBこどもシロップ
< 特徴 >
3か月から服用できるシロップ剤です。
湿疹、皮膚炎、口内炎などの症状を改善するとともに、病中病後の体力低下時のビタミンB2補給としても。
 

< 成分 >
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2リン酸エステル) 19mg 
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 12mg 
チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩) 6mg 
ニコチン酸アミド 20mg 
ビオチン 250μg 
 


チョコラBBジュニアとの違いは、剤型ビオチンが含まれていること。
錠剤ではなく甘いシロップ剤にすることで、小さなお子さんでも飲みやすくなっています。
また、ビオチンは幼児に不足しやすく、不足すると皮膚炎になりやすい成分。
食品ではカレイやイワシ、ナッツ類、レバーなどに多く含まれていますが、子どもでは摂りにくい場合がありますので、そんな時はシロップ剤が便利です。
 

チョコラBBシリーズは妊娠中や授乳中でも服用できます

妊娠中や授乳中は体力を消耗するため、ビタミンB群やビタミンCなどを効果的に補給することが大切です。
今回ご紹介したチョコラBBシリーズは、妊娠中や授乳中でも服用できますので、気になる症状に合わせてお選びください。
 

尚、副作用の少ないお薬ですが、服用後に下痢や発疹、胃部不快感などの症状があらわれた場合は、直ちに服用を中止し、医師や薬剤師にご相談ください。

 

 

【薬剤師監修】
症状ごとの薬の選び方・使い方特集

豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあった薬を選ぶ
ポイントを解説します

【薬剤師監修】口内炎に効く薬の選び方

口内炎

【薬剤師監修】痔に効く薬の選び方

【薬剤師監修】水虫に効く薬の選び方

水虫

【薬剤師監修】抜け毛に効く薬の選び方

抜け毛

【薬剤師監修】妊娠検査薬の選び方

妊娠検査薬