アレグラFX とアレジオン20の違いは?効果・副作用・価格・服用回数を徹底比較!

アレグラFXとアレジオン20は薬局などで買える代表的な花粉症の市販薬です。アレグラFXとアレジオン20の違いを、効果・副作用・価格と徹底比較して解説します!

花粉症の市販薬はどれを選ぶ?

2月中旬から春先にかけてやってくるのが、花粉症のシーズン。

現在国民の4分の1が花粉症を患っている、とも言われていますが、多くの花粉症の方が花粉症対策に使用しているのが、花粉症の薬ですね。

花粉症の薬は、病院で処方される薬と同成分の薬を薬局でも購入することができるスイッチOTC医薬品として、様々な種類の商品が販売されています。

その中でもCMなどでよく耳にするのが「アレグラFX」と「アレジオン20」。

名前もよく似ているし、何が違うの?どっちを買えばいいの?という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はアレグラFXとアレジオン20の市販薬の違いについて、徹底的に解説します!

アレグラFXとアレジオン20を比較!

花粉症の市販薬として薬局でよく見かける、アレグラFXとアレジオン20。まずは2つのお薬の効果と副作用、成分を比較してみましょう。
なお、アレグラFXとアレジオン20は、薬局のみでなくインターネット通販でも購入が可能です。

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

商品価格:¥ 1,474

効果:花粉やハウスダストなどによる鼻水、鼻づまり、くしゃみ
副作用:眠気、倦怠感、頭痛、口の渇き、など
成分フェキソフェナジン塩酸塩

【第2類医薬品】アレジオン20 6錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

商品価格:¥ 930

効果:花粉やハウスダストなどによる鼻水、鼻づまり、くしゃみ
副作用:眠気、倦怠感、頭痛、口の渇き、かゆみなど
成分エピナスチン塩酸塩

 

上記を見ていただければ分かるように、アレグラFXもアレジオン20も効果と副作用はほぼ同じ。基本的にはこの2つの薬の効果と副作用にほぼ違いは無いと考えて良いでしょう。
強いていうのであれば、アレジオン20の方が少し効果と副作用が強い傾向があるようです。

※アレグラFXもアレジオン20も花粉症のお薬の中では眠気の副作用が非常に少ない部類に入ります。

とはいえ、薬は体質などによって合う合わないがあります。2つの薬は効果や副作用の内容はほぼ同様ですが、成分は全く違うもの。

フェキソフェナジン塩酸塩(アレグラFX)とエピナスチン塩酸塩(アレジオン20)のどちらがご自身の体質に合うかは、薬を飲んでみないと分かりません。
※薬との相性によって、効果や副作用の出方は人それぞれです。

アレジオン20は服用回数が1日1回のみでOK

アレグラFXとアレジオン20の効果と副作用に大きな違いはありませんが、服用量には違いがあります。

・アレグラFX:1日2回朝夕1錠づつ、15歳未満服用禁止
・アレジオン20:1日1回就寝前に服用、15歳未満服用禁止

アレグラFXは1日2回の服用が必要であるのに対し、アレジオン20は就寝前の1回の服用でOKなのは嬉しいところ。

就寝前の服用なので、出先に薬を持っていく必要もありませんし、飲み忘れの可能性も減るため、大きなメリットの1つといってよいでしょう。

アレグラFXとアレジオン20の価格を比較!

花粉症シーズンをとおして、毎日お薬を服用するとなると、軽視できないのが薬代ですね。

同じような効果なのであればより安い方を選択したい、というのが殆どの方の考えでしょう。それでは2つの薬の価格を比較してみてみましょう。
※メーカー希望小売価格(税抜)で比較

■アレグラFX

14錠 1,314円
28錠 1,886円

■アレジオン20

6錠 1,380円
12錠 1,980円

どちらの薬も内容量が多い方が割安の価格設定となっています。
アレグラFXの28錠が僅差で1番お得なのでは?と感じますが、この2つの薬は服用量が違うことを忘れずに。

アレグラFXの28錠と、アレジオン20の12錠の価格を錠数で割り、1錠あたりの値段を算出して、1日分と30日分の薬代を比較してみましょう。

薬名 1錠分 1日分 30日分
アレグラFX 67円 134円 4,020円
アレジオン20 165円 165円 4,950円

1日分で比較すると両者の差は30円程度ですが、1ヶ月間服用するとなると、アレグラFXの方が1000円近くお安くなります。

花粉症シーズンは3ヶ月ほど続くため、シーズン通しての服用となると約3000円程の差額が。
この差額が高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、2つの薬を服用してみて大きな効果の違いを感じないようであれば、値段的にはアレグラFXを選択した方が良いですね。

薬代を安くしたいのであれば処方薬を購入しましょう

ちなみに、薬代を気にするのであれば、市販薬よりも処方薬の方が断然お得です。
処方薬は保険が効くので、患者は薬価の3割のみの負担になることが理由です。

市販薬と処方薬の価格比較に関しては、以下の記事で詳しくご説明していますので、参考にしてくださいね。

参考記事:アレグラは市販薬、処方薬、ジェネリックどれが一番安い?価格を徹底比較!
参考記事:アレジオンは市販薬、処方薬、ジェネリックどれが一番安い?価格を徹底比較!

アレグラFXとアレジオン20の比較まとめ

今回ご紹介した2つの薬は、効果や副作用にあまり違いは無いものの、主成分は違うため人によっては体質に合う合わない、があります。

基本的にどちらの薬でも体質的に問題無いという方は、価格か服用回数の違いでどちらの薬を選択するかを考えると良いでしょう。

薬代を安く済ませたい、という方はアレグラFXを。
服用回数を1日1回で済ませたい、という方はアレジオン20がおすすめです。

ご自身に合った薬を選択して、花粉症シーズンを乗り越えましょう。

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。