セレスタミンの効果と副作用は?お酒と一緒に飲める?

セレスタミンは主に花粉症などのアレルギー症状の緩和に使用される薬です。セレスタミンの効果や副作用を解説します。また、お酒・アルコールとの飲み合わせや、ジェネリック・市販薬の有無も掲載しています。

花粉症などのアレルギー症状に効くセレスタミンとは

セレスタミンは1965年3月に販売が開始された歴史のある薬です。歴史が長い分、使用実績も豊富なため、医師・薬剤師の指示のもと用法用量を守り、正しく使用すれば比較的安全に高い効果が期待できます。

アレルギー症状に対して処方されることの多い薬であり、重度の花粉症にも処方されます。

アレルギー反応を抑える成分である抗ヒスタミンだけでなく炎症を抑える強い効果のあるステロイド(副腎皮質ホルモン)が配合されていることが特徴です。

セレスタミンについての詳細はミナカラ薬辞典もごらんください。
セレスタミン|ベタメタゾン・d-クロルフェニラミン

セレスタミンの2つの効果

セレスタミンは抗ヒスタミン剤とステロイドを配合している薬です。

ヒスタミンとステロイドの2つの成分から、花粉症などのアレルギー症状の緩和や蕁麻疹などの治療に使用されます。

効能又は効果

蕁麻疹(慢性例を除く)、湿疹・皮膚炎群の急性期及び急性増悪期、薬疹、アレルギー性鼻炎

セレスタミン配合錠/ セレスタミン配合シロップ添付文書

抗ヒスタミンの効果

抗ヒスタミン剤はその名前の通りヒスタミンの作用を抑える効果がある成分です。

ヒスタミンが過剰に放出されると、くしゃみや鼻水、皮膚のかゆみ、蕁麻疹などアレルギー症状が起こります。そのため、ヒスタミンの働きを抑えることでアレルギー症状が緩和されます。

花粉症もアレルギー症状のひとつであるため、抗ヒスタミン剤は花粉症の薬によく配合されています。

ステロイドの効果

ステロイドとは副腎皮質ホルモンとも呼ばれる成分で、炎症を抑える効果(抗炎症作用)があります。ステロイドを使うことで皮ふのかゆみや赤み、鼻粘膜の腫れなどの炎症を抑えることができます。

花粉症の薬においてステロイドは主に点眼薬や点鼻薬に用いられていますが、症状が重い場合はステロイドを含む内服薬を服用することで症状への高い効果が期待できます。

セレスタミンの副作用とは?

効果が強い薬ほど、気になるのが副作用です。

副作用をおそれすぎる必要はありませんが、副作用の症状をしっかり把握し医師の処方による用量・用法をしっかり守る必要があります。

主な副作用は口の渇きや眠気

一般的な花粉症の薬と同じく眠気、だるさ、口の渇き、目のかすみなどが副作用としてあげられます。

その他にも、鎮静や神経過敏、頭痛や耳鳴りなどの精神神経系の症状や、頻尿・排尿困難など泌尿器系の症状があげられます。また、鼻や気道の乾燥など呼吸器の症状や、溶血性貧血、月経異常、筋肉痛、満月用顔貌、むくみなども副作用としてあらわれることがあります。

重篤な副作用

長期に連続服用すると、副腎皮質ホルモン(ステロイド)特有の副作用として、感染症、高血圧や高血糖、胃潰瘍、骨粗鬆症、うつ状態などが起こる可能性があります。そのため、セレスタミンの添付文書には、セレスタミンを漫然と使用するべきではないと記載されています。

発生頻度はまれですが、他にも重篤な副作用が起こる可能性があることを知っておきましょう。

【重篤な副作用】
・誘発感染症、感染症の増悪
・続発性副腎皮質機能不全、糖尿病、急性副腎不全
・消化性潰瘍、膵炎
・精神変調、うつ状態、けいれん、錯乱
・骨粗鬆症、ミオパシー、大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死
・緑内障
・後嚢白内障
・血栓症
・再生不良性貧血、無顆粒球症
・幼児、小児の発育抑制

副作用があらわれたら

通常、用法用量を守っていれば重い副作用があらわれることはほとんどありませんが、服用中の体調の変化には注意が必要です。

セレスタミンを服用中に、倦怠感や発熱、嘔吐、食欲不振、胃もたれや胃の痛み、便が黒くなるなどの症状があらわれた場合にはすみやかに医師に相談してください。

セレスタミンの飲み合わせの注意

お酒・アルコールとの飲み合わせに注意!

セレスタミンの添付文書には、アルコールとの併用に注意が必要であると記載されています。アルコールと併用することで薬の作用が強くなる可能性があります。

併用注意

アルコール

機序・危険因子:d-クロルフェニラミンマレイン酸塩の中枢抑制作用により、作用が増強される。

セレスタミン配合錠/ セレスタミン配合シロップ添付文書

毎日お酒を飲む習慣がある場合は、薬を処方されるときに医師や薬剤師に相談するようにしてください。

他の薬との飲み合わせ

セレスタミンと他の薬を併用する場合は注意が必要です。

以下の薬を飲んでいる場合は必ず医師などに伝えてください。

・中枢神経抑制剤、MAO阻害剤、抗コリン作用を有する薬剤
・ドロキシドパ、ノルアドレナリン
・バルビツール酸誘導体(フェノバルビタール)、フェニトイン、リファンピシン、エフェドリン
・サリチル酸誘導体(アスピリン、アスピリンダイアルミネート、サザピリン)
・抗凝血剤(ワルファリンカリウム)
・経口糖尿病用剤(アセトヘキサミド)、インスリン製剤
・利尿剤(カリウム保持性利尿剤を除く)(トリクロルメチアジド、アセタゾラミド、フロセミド)
・ソマトロピン
・シクロスポリン
・非脱分極性筋弛緩剤(パンクロニウム臭化物、ベクロニウム臭化物)
・リトドリン塩酸塩

セレスタミン配合錠/ セレスタミン配合シロップ添付文書

また、セレスタミンを使用しているときに市販薬を飲む場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

セレスタミンにジェネリックや市販薬はある?

ジェネリック医薬品はあります

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ成分や効果を持つ後発医薬品のことです。新薬に比べると開発費用が不要なため安価に購入できます。

セレスタミンのジェネリック医薬品は「エンペラシン配合錠」「サクコルチン配合錠」などの名前でさまざまなメーカーから販売されています。

先発医薬品であるセレスタミン配合錠と比較すると、薬価はおよそ半分です。薬価を抑えたい場合などは、診察時にジェネリック医薬品を希望することを伝えましょう。

市販薬はありません

セレスタミンと同じ成分が配合されている市販薬は、2017年2月現在販売されていません。セレスタミンを購入したい場合には、病院で医師の診察を受ける必要があります。

セレスタミンのジェネリックや市販薬について、詳しくは関連記事をご覧ください。

おわりに

症状の重い花粉症にも処方されるセレスタミンですが、効果が高い分使用の際には注意が必要です。処方された際には医師からの指示に従い、用法・用量を守って使用するようにしてください。

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。