セレスタミンの副作用と効果:初期症状からアルコールとの関係まで

セレスタミンは花粉症の症状にも使われる薬です。ステロイドを含む内服薬としてすぐれた効果を発揮しますが、副作用も気になるところ。セレスタミンの副作用と効果について解説します。

アレルギー症状に効くセレスタミンとは

セレスタミンは1965年3月から販売開始され、古くから使用されている薬です。歴史が長い分、使用実績も豊富なため、医師・薬剤師の指示のもと用法容量を守り、正しく使用すれば、比較的安全に高い効果が期待できます。

優れた効果があれば、その分気になるのは副作用。この記事ではセレスタミンの副作用と効果について解説します。

セレスタミンについての詳細はミナカラ薬辞典もごらんください。
セレスタミン|ベタメタゾン・d-クロルフェニラミン

関連記事:セレスタミンのジェネリック・市販薬はあるのか?

セレスタミンの効果

セレスタミンは、抗ヒスタミン剤と副腎皮質ホルモンを配合し、アレルギー症状の緩和、湿疹や蕁麻疹に効果を発揮します。
抗ヒスタミン剤はアレルギー症状の原因となるヒスタミンの作用を抑制し、副腎皮質ホルモンはステロイドの一種で炎症を抑えてアレルギー反応を予防します。
その効果は強く、花粉症においては重程度の症状に用いられています。

花粉症の薬においてステロイドは、主に点眼薬や点鼻薬に用いられていますが、症状が重い場合、ステロイドを含む内服薬を服用すると症状への高い効果が期待できます。特にセレスタミンは抗ヒスタミン剤も配合されているため、即効性にもすぐれています。
花粉症の症状は、花粉により鼻の粘膜がアレルギー反応で炎症を起こすことで起きるため、セレスタミンはすぐれた効果を発揮します。

セレスタミンの副作用

効果が強い薬ほど、気になるのが副作用です。副作用をおそれすぎる必要はありませんが、副作用の症状をしっかり把握し医師の処方による用量・用法をしっかり守る必要があります。

主な副作用

通常の副作用としては、一般的な花粉症の薬と同様、眠気、だるさ、口の渇き、目のかすみなどがあげられます。

長期に連続服用すると、副腎皮質ホルモン(ステロイド)特有の副作用として、感染症、高血圧や高血糖、胃潰瘍、骨粗鬆症、うつ状態などがでる可能性がでてきます。

発生頻度はまれですが、他にも重篤な副作用が起こる可能性があることを知っておきましょう。

【長期連続服用時の重篤な副作用】
・誘発感染症、感染症の増悪
・続発性副腎皮質機能不全、糖尿病、急性副腎不全
・消化性潰瘍、膵炎
・精神変調、うつ状態、けいれん、錯乱
・骨粗鬆症、ミオパシー、大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死
・緑内障
・後嚢白内障
・血栓症
・再生不良性貧血、無顆粒球症
・幼児・小児の発育抑制

副作用があらわれたら

通常、用法用量を守っていれば副作用があらわれることはほとんどありませんが、服用中の体調の変化には注意が必要です。
重篤な副作用につながる前に、以下のような初期症状や体の不調を感じられたら、すぐに医療機関を受診してください。

からだがだるい、発熱、嘔吐、吐き気、食欲不振、低血圧、胃のもたれ、胃が痛い、空腹時にみぞおちが痛い、便が黒くなる、など

セレスタミンの服用に注意すべき方

妊娠中・授乳中の方

妊娠中・授乳中の方はできるだけ使用をお控えください。止むを得ず使用する場合は必ず医師や薬剤師に確認しましょう。

セレスタミンを使用できない方

1.適応、症状を考慮し、他の治療法によって十分に治療効果が期待できる場合には、本剤を投与しないこと。また、局所的投与で十分な場合には、局所療法を行うこと。
2.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
3.緑内障の患者
4.前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者

また、下記の方も原則的に使用はできません。

1.有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の患者
2.結核性疾患の患者
3.消化性潰瘍の患者
4.精神病の患者
5.単純疱疹性角膜炎の患者
6.後嚢白内障の患者
7.高血圧症の患者
8.電解質異常のある患者
9.血栓症の患者
10.最近行った内臓の手術創のある患者
11.急性心筋梗塞を起こした患者

使用に注意が必要な方

以下の方は、セレスタミンの服用で症状の悪化や副作用がでる可能性があります。あらかじめ医師に相談しましょう。

1.感染症の患者
2.糖尿病の患者
3.骨粗鬆症の患者
4.腎不全の患者
5.甲状腺機能低下のある患者
6.肝硬変の患者
7.脂肪肝の患者
8.脂肪塞栓症の患者
9.重症筋無力症の患者
10.高齢者

セレスタミンの飲み合わせの注意

セレスタミンと他の薬を併用する場合は注意が必要です。
以下の薬を飲んでいる場合、服用前に必ず医師や薬剤師に相談して指示を仰ぎましょう。

・中枢神経抑制剤、MAO阻害剤、抗コリン作用を有する薬剤
・ドロキシドパ、ノルアドレナリン
・バルビツール酸誘導体(フェノバルビタール)、フェニトイン、リファンピシン、エフェドリン
・サリチル酸誘導体(アスピリン、アスピリンダイアルミネート、サザピリン)
・抗凝血剤(ワルファリンカリウム)
・経口糖尿病用剤(アセトヘキサミド)、インスリン製剤
・利尿剤(カリウム保持性利尿剤を除く)(トリクロルメチアジド、アセタゾラミド、フロセミド)
・ソマトロピン
・シクロスポリン
・非脱分極性筋弛緩剤(パンクロニウム臭化物、ベクロニウム臭化物)
・リトドリン塩酸塩

アルコールとの併用注意

セレスタミンとアルコールを併用すると、薬の効果が強くなったり、または効果が薄れてしまう場合があります。
毎日の飲酒が習慣になっている場合は、セレスタミンを処方してもらう際に医師に相談しましょう。

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。