アレグラ・フェキソフェナジンが効くまでの時間は?効果が持続するのは何時間?

アレグラは花粉症などのアレルギー性鼻炎の症状や、アレルギー性の蕁麻疹や皮膚炎に効果的な薬です。アレグラの効果がではじめる時間、持続する時間について解説します。

アレグラはアレルギー性鼻炎や蕁麻疹に効く薬です。アレルギー症状の全般に処方される薬ですが、特に花粉症の時期によく処方されるため、使用したことがある方も多いのではないでしょうか。

この記事ではアレグラが効くまでの時間や、効果が持続する時間について解説します。

なお、アレグラは医師の処方箋が必要な薬ですが、同じ成分を配合し1日分の成分量も同じ市販薬「アレグラFX」でも同様の効果時間や持続時間が期待できるといえます。

アレグラは約1時間で効き目があらわれる!

効き目の出方にはあくまで個人差はありますが、アレグラは服用後は約1時間で効果が現れることが複数のデータから確認できます。

実際にアレルギーを持つ人を対象として行われた海外の調査では、アレグラの有効成分フェキソフェナジンを服用後は平均60分で効果があらわれたという調査結果が報告されています。

また、アレグラが体の中に取り込まれてからの動きを示す薬物動態のデータからも効果が現れる時間が想定できます。

薬物動態のデータでは、アレグラを服用後に成分の血中での濃度が一番高くなるのが、使用後約2.2時間とされています。しかし、服用の1時間後には既にかなり高い濃度になっており、1時間後の時点で効果が現れているということができます。

効き目があらわれるまではどうする?

薬の効果が出るまで1時間ほどかかるため、起床後は会社や学校などに外出する時間の1時間以上前に薬を飲むことが望ましいです。薬の効果がではじめるまでは、室内など極力花粉が少ない場所で過ごしましょう。

アレグラの効き目が持続する時間は?

実際にアレルギーを持つ人を対象として行われた海外の調査では、14日間に渡り午前7時と午後7時の1日2回、12時間の間隔をあけてアレグラの有効成分フェキソフェナジンを投与する調査が行われました。その結果、1日2回の使用で鼻炎症状改善の高い効果がみられたことが確認されています。

この結果から、1回の使用で半日(8〜12時間程度)は効果が持続すると考えられます。

また、アレグラの薬物動態データでは、アレグラは体の中に取り込まれて最大の濃度になった後、約9.6時間後に薬の濃度が半分になるとされています。

薬の濃度が半分になるまで半日程度はかかるため、それまではある程度の効果が持続していると予想されます。

アレグラの効果を最大限に引き出すためのポイント

アレグラを飲んでも効果を感じられないという声もあるようですが、そのような人の中には誤った飲み方している人も少なくありません。

効果を最大限に得るためにも以下のポイントを押さえておきましょう。

用法用量を正しく守る

症状の程度に合わせて医師の判断により変動することもありますが、アレグラの基本的な用法・用量は次の通りです。

年齢 用法用量
成人 1回60mgを1日2回
12歳以上 1回60mgを1日2回
7歳以上12歳未満 1回30mgを1日2回

アレグラの効果持続時間は半日程度と考えられているため、1日2回の服用を飲み忘れてしまったり、1日に1錠しか飲まなかったり、あるいはまとめて2錠飲むと十分な効果が得られない原因になります。

用法用量通りに必ず1日2回使用するようにしましょう。

目のかゆみなどの症状には目薬の併用を

目のかゆみや違和感が強くでる方は、飲み薬と併用して目薬を使うとより効果的です。特に花粉症では目の症状がでることも多いので、病院を受診した際は目薬も併せて処方してもらうよう医師に相談しましょう。

アレグラはどんな薬?

アレグラにはフェキソフェナジンという成分が含まれています。フェキソフェナジンはアレルギー症状の原因となるヒスタミンの働きを抑える作用があり、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状を緩和します。

フェキソフェナジンは脳に入りにくいため眠気や集中力低下などの副作用が抑えられている特徴があります。また、抗ヒスタミン薬によくみられる口の渇きなどの副作用も抑えられているので、日常生活の妨げになりにくい大変飲みやすい薬といえます。

ミナカラお薬辞典:アレグラ錠60mg(処方薬)

市販薬アレグラFX

アレグラFXはアレグラ(アレグラ錠60mg)と成分量、添加物、錠剤の大きさが同じでほとんど同じ薬ということができます。異なる点は、形状、効果の範囲、服用できる年齢の範囲です。

 
  アレグラ(医療用) アレグラFX(市販薬)
効果・効能 鼻のアレルギー症状、蕁麻疹、皮膚疾患 花粉、ハウスダストなどによるくしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの鼻のアレルギー症状の緩和
用法・用量 7才以上から服用可 成人(15才以上)服用

おわりに

アレグラを飲んでから効果が出るまでの時間がわかると、辛い症状を我慢する時間の目安にもなり、精神的なストレスも少し和らぐかもしれません。

薬の効き目の程度や時間には個人差があるので、あまりに薬の効き目が感じられない場合は、一度薬を処方した医師に相談してみましょう。

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。