太田胃散の妊娠中・授乳中の使用について解説!注意事項を確認しよう

太田胃散は飲み過ぎ、胸やけなど胃の不快感があるときに頼りになる市販薬です。


生薬の良さを生かした総合胃腸薬として、100年以上の歴史をもつ家庭薬のロングセラー商品。
CMなどでも多くの人が耳にしたことがある薬かと思いますが、妊娠中や授乳中も使用できるのでしょうか。
 

この記事では太田胃散の妊娠中や授乳中の使用についてと、効果的な服用方法を解説していきます。
 

太田胃散の妊娠中の使用について

ロングセラー商品の「太田胃散」は、効果的に配合された7種の生薬(ゲンチアナ、ケイヒ、ニクヅク、チンピ、チョウジ、ウイキョウ、ニガキ)が弱った胃を元気にし、飲みすぎ、食べすぎ、胃もたれなどの不快な症状を改善するお薬です。
生薬のもつ独特の香りや苦みなどが、胃の運動を活発にし、胃液の分泌を調整します。
 

そのほか、太田胃散には漢方胃腸薬など種類があり、その中には妊婦さんの服用に注意が必要のものもあります。

< 妊娠中でも服用OKの太田胃散 >
・ 太田胃散
・ 太田胃散 <分包>
・ 太田胃散チュアプルNEO
・ 太田胃散 <内服液>

上記のお薬には、妊娠の継続に影響を及ぼすような成分が含まれておりませんので、基本的には妊娠中の服用は可能です。
しかし念のために、服用前にかかりつけの産婦人科医に相談するようにしてください。
 

< 妊娠中は服用注意の太田胃酸散>
・ 太田胃散A <錠剤>
・ 太田漢方胃腸薬Ⅱ
・ 太田漢方胃腸薬Ⅱ <錠剤>

 

太田胃散A錠剤は、ケイヒやレモン、ウイキョウといった生薬成分に、脂肪の分解を促進するリパーゼなどを配合。
加工食品や肉食など、脂肪分の多い食事で胃もたれなどを起こしているときにおすすめです。
 

太田漢方胃腸薬Ⅱ(錠剤も)は、体を温めて、胃腸の働きや状態を整える漢方薬・安中散加茯苓の処方が中心となったお薬。
神経性胃炎や慢性胃炎など、ストレスで自律神経の働きが乱れて胃腸に不調があらわれた場合に有効です。
 

副作用
・ 発疹
・ 発赤
・ かゆみなど

 

妊娠又は妊娠していると思われる人は、服用前に医師や薬剤師に相談してください。
その他にも次のような人は服用前に医師や薬剤師に相談してください。

・医師の治療を受けている人
・薬などによるアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人
・腎臓病や甲状腺機能障害の人
 

太田胃散の授乳中の使用について

太田胃散のホームページによる情報では、太田胃散から発売されているすべての胃腸薬に、母乳へ移行する成分が配合されていないので、どの胃腸薬も服用できます。

< 授乳中に服用OKの太田胃酸散>
・ 太田胃散
・ 太田胃散 <分包>
・ 太田胃散A <錠剤>
・ 太田漢方胃腸薬Ⅱ
・ 太田漢方胃腸薬Ⅱ <錠剤>
・ 太田胃散チュアブルNEO
・ 太田胃散 <内服液>

 

太田胃散の効果的な飲み方 : 飲むタイミングが重要です

薬の添付文書を見ると、用法用量のところに「食前」や「食後」など、服用のタイミングが書かれています。
 

薬の服用で食前・食間・食後といったタイミングにはそれぞれ意味があり、食事によって変化する胃の状態に合わせて服用時間が決められているのです。
薬の効き目を高めるためにも、服用のタイミングを守りましょう。


● 食前とは : 食事の20~30分前のこと
胃がもたれて食欲がないときに食欲を回復させる薬や、胃酸を中和する薬などは、食前に飲むと効果的です。
 

食前に飲む太田胃散
   太田胃散A <錠剤> (食欲不振の場合)
   太田胃散 <内服液>
 

● 食間とは : 食事を終えて約2時間前後が目安
胃の中に何もない状態は薬効成分が効率よく吸収されます。漢方薬や胃の粘膜を保護する薬は、食間に飲むと効果的です。
また、空腹時にしくしく痛むような場合も食間や空腹時に服用します。
 

食間に飲む太田胃散
   太田胃散
   太田胃散 <分包>
   太田漢方胃腸薬Ⅱ
   太田漢方胃腸薬Ⅱ <錠剤>
   太田胃散A <錠剤>
 

● 食後とは : 食事が終わって20~30分後までのこと
食べすぎや飲みすぎの時に消化を助ける薬や、食べ物と一緒の方が吸収が良くなる薬は食後の服用が効果的です。
また食後は胃の中に食べ物があって胃への刺激が少ないため、空腹時に飲むと胃を荒らす薬なども食後に服用します。
 

食後に飲む太田胃散
   太田胃散
   太田胃散 <分包>
   太田胃散A <錠剤>
   太田胃散 <内服液>
 

妊娠中の服用は、念のために相談を

妊娠中の体調はとてもデリケートです。
大田胃散は、妊娠中でも服用できるものもありますが、そのお薬も念のために服用前にかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。
 

また、服用後に何らかの体調の変化があらわれた場合は、すぐに服用を中止し、医師や薬剤師に相談してください。
 

太田胃散の詳しい情報は、こちらの記事でもご確認ください。
ミナカラ : 太田胃散 太田漢方胃腸薬Ⅱ 太田胃散A<錠剤>

ミナカラ
【現役の薬剤師が教えます】

口内炎に効くお薬の
選び方・使い方

口内炎の市販薬には塗り薬や貼り薬、飲み薬、スプレー、うがい薬など剤形のバリエーションが豊富で選ぶのが困難です。
豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあったお薬を選ぶポイントを特集しています。