アレジオンの副作用と効果について:悪夢やアルコールとの関係は?

花粉症の薬アレジオンは、他の処方薬と比べると比較的副作用が少ないことが特徴です。アレジオンの副作用と効果について解説!

アレジオンは花粉症の薬の代表格

花粉症の薬として有名なアレジオン。
アレジオンは花粉症のアレルギー症状に効く第2世代抗ヒスタミン薬です。
アレルギー症状の原因となるヒスタミンをブロックしてアレルギー症状の発症を緩和させる作用があり、花粉症のアレルギー性鼻炎だけではなく皮膚のかゆみや湿疹、じんましんにも効果を発揮します。

アレジオンの特徴は、効果と副作用のバランスが良く、他の処方薬と比べると比較的副作用の眠気がでにくいこと。
花粉症の薬が手放せない季節、薬の効果と副作用の眠気のバランスは薬を選択するときの大きなポイントです。

この記事ではアレジオンの副作用と効果について詳しく解説します!

アレジオンについての詳細はミナカラ薬辞典もごらんください。
アレジオン|エピナスチン

アレジオンの副作用と効果

アレルギー反応を抑制する作用を持つ抗ヒスタミン剤は、鼻や目の粘膜だけでなく脳へ流入することで集中力・判断力・作業効率の低下を招き眠気につながります。

抗ヒスタミン剤は販売された年代などによって第1世代と第2世代に分けられますが、第1世代の効果をそのままに副作用の眠気をおさえたものが第2世代抗ヒスタミン剤。
アレジオンは第2世代抗ヒスタミン剤になるため、副作用の眠気が少なくなっています。
副作用が少ない分、その効果も比較的穏やかとされています。

弊社薬剤師が監修する花粉症の処方薬の効果と副作用の関係は以下の通りです。
ただし、体質や薬との相性によって効き目や副作用の出方は異なるため、あくまで目安になります。


関連記事:花粉症の薬で眠くなるのはなぜ?眠くならない市販薬をご紹介

主な副作用

通常、用法用量を守っていれば副作用があらわれることはほとんどありませんが、副作用の現れ方には個人差があります。服用中の体調の変化にはご注意ください。
通常の副作用としては、一般的な花粉症の薬と同様、眠気、倦怠感、頭痛、口の渇き、吐き気などがあげられます。

悪夢は副作用?

発生頻度は稀ですが、不眠、悪夢、幻覚、幻聴などの副作用も報告されています。使用中に異常がみられた場合は、医療機関に相談しましょう。

アレジオンとアルコールの併用注意

アレジオンとアルコールの併用について製薬会社からの公式な注意喚起はありません。ただし、一般的には薬とアルコール類の併用は推奨されていません。
毎日の飲酒が習慣になっている場合は、受診した際に薬の服用時間や飲酒量など医師に相談しましょう。

アレジオンの特徴

アレジオンはエピナスチン塩酸塩が主成分となります。基本的には1日1回就寝前の服用で効果が持続するため、薬の持ち歩きの手間や飲み忘れの可能性が少ないことも大きな特徴です。
アレジオンはにはさまざまな剤形があり、剤形によって用法・用量が異なるため、医師の指示にしたがって服用しましょう。

また、アレジオンにはジェネリック医薬品、同じ成分を使用した市販薬も販売されています。それぞれ効き目や副作用は同じですが、価格帯が異なります。花粉症の薬は長期にわたって使用するものなので、薬の価格は気になるところ。詳しくは関連記事をごらんください。
関連記事:アレグラFX とアレジオン20の違いは何?効果・副作用・価格・服用回数を徹底比較!​
関連記事:アレジオンは市販薬、処方薬、ジェネリックどれが一番安い?価格を徹底比較!

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。