アレロックの副作用と効果:眠気の強さから体重増加まで

アレロックは花粉症の薬の中でも効果も副作用も強い分類。眠気から体重増加まで、アレロックの副作用を詳しく解説します。

アレロックは効果も副作用も強い薬!

アレロックは花粉症の症状によく処方される第2世代抗ヒスタミン薬です。
アレロックの最大の特徴は、優れた効果。そしてそれに伴う副作用の眠気の出やすさです。

弊社薬剤師監修のもと、花粉症の処方薬の効果と副作用の関係を比較しました。
花粉症によく処方されるアレグラやアレジオンと比べてもその効果は高く、また最も眠気が出やすい分類でもあります。
※体質や薬との相性によって効き目や副作用の出方は異なるため、あくまで目安になります。


この記事では、眠気から体重増加まで、アレロックの副作用と効果について解説します!

アレロックについての用法容量など、詳細はミナカラ薬辞典もごらんください。
アレロック|オロパタジン
関連記事:アレグラとアレロックの違いは?効果・副作用・薬価を比較!

アレロックの副作用と効果

アレルギー反応を抑制する作用を持つ抗ヒスタミン剤は、鼻や目の粘膜だけでなく脳へ流入することで集中力・判断力・作業効率の低下を招き、眠気につながります。

抗ヒスタミン剤は販売された年代などによって第1世代と第2世代に分けられますが、第1世代の効果をそのままに副作用の眠気をおさえたものが第2世代抗ヒスタミン剤。

アレロックは第2世代抗ヒスタミン剤になるため、副作用の眠気は比較的少なくなっています。それでも、眠気を全く感じないわけではありません。アレロックは第2世代抗ヒスタミン剤の中でも、副作用の眠気が強く出る傾向があるのです。

製薬会社の公式情報では成人で約7%、小児においては約4%が眠気を感じるという報告があり、花粉症の処方薬の中では副作用がでやすい部類にはいります。

アレロック服用中は自動車の運転や危険を伴う機械の操作はお控えください。

その他の副作用としては、紅斑、倦怠感、口の渇き、吐き気などがあげられます。
関連記事:花粉症の薬で眠くなるのはなぜ?眠くならない市販薬をご紹介

アレロックで太る?!

アレロックの添付文書には、副作用として「体重増加」の記載があります。この体重増加に関わるのはヒスタミンの働き。ヒスタミンには食欲をおさえエネルギー消費を促す作用があります。抗ヒスタミン剤はヒスタミンを抑制する作用があり、結果として体重増加につながると考えられています。
ただし発生頻度は0.1%未満。過度の心配はいらないといえるでしょう。

アレロックとアルコールの併用注意

アレロックとアルコールの併用について製薬会社からの公式な注意喚起はありません。ただし、アルコールの作用で眠気が助長されたり薬の効果に影響を与える場合もあるので、一般的には薬とアルコール類の併用は推奨されていません。
毎日の飲酒が習慣になっている場合は、受診した際に薬の服用時間や飲酒量など医師に相談しましょう。

アレロックの副作用は子供にもでる?

薬の添付文書によると、アレロックの子供の服用は、7歳以上には1回オロパタジン塩酸塩として5mgを朝及び就寝前の1日2回経口投与するとなっています。
そのため、7歳未満の子供は服用できません。保護者や兄弟に処方された薬を自己判断で与えることは絶対にやめましょう。

アレロックの副作用は、大人と変わらず子供にも同程度発生する可能性はあります。薬を服用して、授業に集中できないほどの眠気を感じるなどがあれば、医師に相談して薬の変更の検討をすることもひとつの手段です。

アレロックの特徴

アレロックはオロパタジン塩酸塩​が主成分となります。基本的には朝と就寝前の1日2回の服用です。
アレロックにはさまざまな剤形があり、剤形によって用法・用量が異なるため、医師の指示にしたがって服用しましょう。

また、アレロックにはジェネリック医薬品がありますが、同じ成分を使用した市販薬は残念ながらいまだ販売されていません。(2016年3月現在)
アレロックをご希望の場合は、病院で処方箋をもらう必要があります。

アレロックと同じ成分の市販薬を紹介!

アレロックと同じ成分であるオロパタジンが含まれた市販薬は現在発売されておりません。ですが、アレロックは第二世代抗ヒスタミン薬に該当しますので、そちらのご紹介をします。

【第2類医薬品】パブロン鼻炎カプセルZ 28カプセル

商品価格:¥ 1,130

抗ヒスタミン作用で鼻水、くしゃみを緩和します。抗アレルギー作用で「鼻づまり」に効果を発揮し、鼻のアレルギー作用を改善します。また、抗炎症作用で花粉やハウスダストなどによる鼻粘膜の反応を抑えます。

 
 

【第2類医薬品】スカイナーAL錠 48錠

商品価格:¥ 1,373

花粉やハウスダストによるアレルギー性鼻炎や食物等のアレルギーによるじんましん、湿疹、かぶれを改善するお薬です。

 

【指定第2類医薬品】プレコール持続性鼻炎カプセルLX 40カプセル

商品価格:¥ 1,619

急性鼻炎やアレルギー性鼻炎に効果があります。鼻粘膜の充血やはれを抑える2つの血管収縮剤、プソイドエフェドリン塩酸塩とフェニレフリン塩酸塩を同時配合しており、鼻づまりのつらい症状を改善します。

 

【指定第2類医薬品】コンタック600プラス 40カプセル

商品価格:¥ 1,685

花粉、ほこりによるアレルギー性鼻炎や、かぜによる急性鼻炎に効果があります。また、鼻粘膜の炎症を和らげ、なみだ目、頭が重いなどの症状にも効果があります。

 

 
ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。