【花粉症の目薬】フルメトロン点眼液の効能効果・副作用・薬価などを解説

フルメトロンはステロイド薬と呼ばれる分類の薬です。 ステロイド薬は、炎症をとる強い作用があるため、ステロイド薬を処方された時点で、目に対する症状が強くあらわれている場合が多いといえます。

フルメトロン点眼液の効能効果

花粉症の目のかゆみに処方されるフルメトロン点眼液
フルメトロンは目のかゆみや痛みをやわらげ、炎症による腫れや赤みをおさえます。花粉症のアレルギー結膜炎などにも効果がある薬としてよく使われます。

フルメトロンには、フルメトロン点眼液0.02%フルメトロン点眼液0.1%の2つの製品があります。

この2つの違いは成分の濃度。症状が強い人や成人に対してはフルメトロン点眼液0.1%を処方される傾向が強く、中学生年代程度の小児や症状が軽い患者にはフルメトロン点眼液0.02%を処方される傾向があります。

フルメトロンはステロイド薬と呼ばれる分類の薬です。
ステロイド薬は、炎症をとる強い作用があるため、ステロイド薬を処方された時点で、目に対する症状が強くあらわれている場合が多いといえます。
なお、フルメトロンは症状を抑える薬として使用されるため、予防目的での使用や効果はあまりありません。

フルメトロンはコンタクトレンズを外して使用する方が効果的

コンタクトレンズ使用者に対して、コンタクトレンズ着用でのフルメトロンの使用が完全に禁止されているわけではありません。
しかし、可能であればコンタクトレンズをしていない状態での点眼が望ましいとされています。
コンタクトレンズを外して目薬を使用する方が望ましい理由として、①薬の成分がコンタクトに付着すると酸素透過率が下がる②ほこりなどがコンタクトに付着しやすくなるため、目に負担をかけてしまうことになるからです。

場合によっては薬の成分までもがコンタクトレンズに吸収されてしまうこともあるため、目薬の効果を十分に発揮するためには、コンタクトレンズを外してから点眼することをおすすめします。

また、フルメトロン点眼後に再度コンタクトレンズを着用する際には、10分以上あけるようにしてください。

フルメトロン点眼液の副作用

フルメトロンはステロイド薬であり、強い効果が期待されますが、その分、副作用も大きい目薬です。

正しく使用していれば安全に使用できますが、長期間の使用や使いすぎによって副作用があらわれることがあります。
主な副作用として、眼圧上昇結膜充血眼刺激感などの症状があらわれ、更にひどくなると緑内障なども引き起こされる可能性があります。

ステロイドの目薬は目の中に長時間とどまりやすいため、ただでさえ眼圧が上昇しやすい状態です。そのため、フルメトロンを使用しても平気な状態の目であるか、診察時にきちんと医師に確認してもらう必要があります。

また、ステロイド薬は長期間使用することで耐性ができて、効果が落ちてくることがあります。長期間使用する場合は必ず医師と相談してください。

フルメトロンの薬価は2016年の4月から旧薬価より安くなる

処方薬の薬価は2年に1度改定がおこなわれ、次の改定は2016年の4月におこなわれる予定です。
2016年の4月以降のフルメトロンの薬価は次の通りです。

製品名 1mlあたりの薬価 目薬1本(5ml)あたりの値段
フルメトロン点眼液0.1% 62.9円
(旧薬価67.4円)
314円
フルメトロン点眼液0.02% 39.5円
(旧薬価42.2円)
197円

改定にあたり、旧薬価より若干安く改定されています。

処方薬の購入には医師の処方箋が必要なので病院での①診察料がかかります。
そして、処方薬を購入する薬局では②薬代③調剤技術料や薬学管理料などがかかります。

処方薬の購入には①〜③の費用が必要となり、保険適用される場合、総合計額の3割分が患者の負担金額になります。

フルメトロンのジェネリックや市販薬

フルメトロンは一番最初に開発・承認・発売された先発医薬品と呼ばれる薬です。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は先発医薬品と同様の成分で、同じような効果が得られる薬です。ジェネリック医薬品は、新薬に比べて開発の費用がかからないため安価になっているのが最大の特徴です。

【フルメトロンのジェネリック医薬品】

製品名 薬価(1ml) 目薬1本の値段
フルオロメトロン0.1%点眼液T 17.60円 88円
フルオロメトロン0.02%点眼液T 17.60円 88円
フルオメソロン0.1%点眼液 22.50円 112円
フルオメソロン0.05%点眼液 20.30円 101円
フルオメソロン0.02%点眼液 17.60円 88円
ピトス点眼液0.1% 17.60円 88円
ピトス点眼液0.02% 17.60円 88円
オドメール点眼液0.1% 22.50円 112円
オドメール点眼液0.5% 20.30円 101円
オドメール点眼液0.02% 17.60円 88円

目薬1本あたり、0.1%のものなら最大で226円、0.02%のものなら最大で109円ほど、先発医薬品に比べて安く購入することができます。
処方薬を購入することができる保険薬局で薬を購入する際、必要に応じてジェネリック医薬品を選択するのもよいでしょう。

また、フルメトロンと同成分を使った市販の目薬は今のところありません。(2016年3月現在)

花粉症の流行時期、フルメトロンを希望する場合は、病院で処方箋をもらう必要があります。

フルメトロンを使っても効果がみられなかったときは

フルメトロンは、比較的効果の強い目薬です。そのため、症状改善に繋がりやすい薬とされていますが、薬に対する耐性ができていたり、または相性が悪かったりすると効果をあまり感じられない人もいます。

そんなときは、飲み薬や他の処方の目薬との併用、または眼軟膏などを使用すると症状改善がみられることがあります。もしもフルメトロンを使用しても症状の改善がみられなかった場合は、医療機関に相談するようにしましょう。

また、花粉症の目の症状への対策として、花粉症用のメガネを使ったり、アロマオイルを使ったホームケアなども有効です。
薬の使用とともにさまざまな対策を試し、ツライ花粉症の流行時期を乗り切りたいですね。

スカッシースマート2 レギュラー ブラック

商品価格:¥ 891

【定型外なら送料無料】★花粉症メガネ★ スカッシー スマート2(楽天)

参考:花粉症に効果のあるアロマオイル:鼻水・鼻づまり・目のかゆみの改善

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。