アレロック・オロパタジンが効くまでの時間は?効果が持続するのは何時間?

アレロックは花粉症などのアレルギー性鼻炎の症状や、アレルギー性の蕁麻疹や皮膚炎に効果的な薬です。アレロックの効果がではじめる時間、持続する時間について解説します。

アレロック(成分名:オロパタジン)は花粉症などのアレルギー症状によく使われる薬です。アレロックは病院を受診し医師の処方箋が必要な処方薬です。

この記事ではアレロックが効くまでの時間や、効果が持続する時間について解説します。

アレロックの効果があらわれるのは比較的早い!

効き目の出方にはあくまで個人差はありますが、アレロックは服用後は1時間前後で効果が現れることが複数のデータから確認できます。

スギ花粉症患者約40人を対象とした調査では、アレロックを服用した1時間後には、くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状に効果がみられたという結果が報告されています。

また、アレロックの添付文書には、製薬会社が行った薬の成分の血中濃度のデータが掲載されており、アレロックを服用後に成分の血中濃度が最も高くなるのが約1時間後となっています。

アレロックは血中濃度が高くなるのが他の薬に比べると比較的早いため、薬の効果が早めに現れることが予想できます。

アレロックの効き目が持続する時間は?

アレロックの使用方法は1日2回が基本であり、1回の使用で効果が半日(12時間)程度持つと予測されます。

アレロックを使用した調査において、1日2回の使用で鼻炎症状改善の高い効果がみられた結果から、1回の使用で半日(8〜12時間程度)は効果が持続すると考えられます。

また、添付文書に記載されている血中濃度のデータでは、薬の血中での濃度が半分になる時間が8時間前後であることが示されており、12時間(半日)後の状態では、最大濃度の半分を少し下回った状態となります。

このことから、アレロックは12時間(半日)程度は効果が持続しているということができるでしょう。

アレロックの効果を効果を最大限に引き出すためのポイント

薬の効果の出方には個人差がありますが、最大限に効果を得るために押さえておきたいポイントを紹介します。

1日2回の使用を忘れずに

アレロックの添付文書に記載されている用法用量は以下のとおりです。

成人:通常、成人には1回オロパタジン塩酸塩として5mgを朝及び就寝前の1日2回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

小児:通常、7歳以上の小児には1回オロパタジン塩酸塩として5mgを朝及び就寝前の1日2回経口投与する。

アレロック添付文書

基本的には、1日2回の服用が必要です。

1日2回の服用を飲み忘れてしまったり、1日に1錠しか飲まなかったりすると十分な効果が得られない原因になります。

用法用量通りに必ず1日2回使用するようにしましょう。

1回で2回分を使用するのはNG

1日2回の服用を飲み忘れることも効果に影響することが考えられますが、面倒だからといって、2回分(1日分)を同時に飲むことはやめましょう。副作用などが出やすくなることも考えられます。

また、飲み忘れに気づいた場合でも、1回で2回分を一気に使用することはせず、次回飲む分から1日2回のペースに戻すようにしてください。

おわりに

アレロックは比較的早く効果を発揮する薬ですが、会社や学校などに外出する時間から逆算して薬を飲む時間を決めましょう。家を出る1時間前には薬を飲んでおくおことが望ましいです。

薬の効果がではじめるまでは、室内など極力花粉が少ない場所で過ごしましょう。

薬の効き目の程度や時間には個人差があるので、あまりに薬の効き目が感じられない場合は、一度薬を処方した医師に相談してみましょう。

【薬剤師監修】
症状ごとの薬の選び方・使い方特集

豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあった薬を選ぶ
ポイントを解説します

【薬剤師監修】口内炎に効く薬の選び方

口内炎

【薬剤師監修】痔に効く薬の選び方

【薬剤師監修】水虫に効く薬の選び方

水虫

【薬剤師監修】抜け毛に効く薬の選び方

抜け毛

【薬剤師監修】妊娠検査薬の選び方

妊娠検査薬