子宮腺筋症は不妊の原因に!強い生理痛は我慢せずに早期治療を

子宮腺筋症は子宮内膜の発生異常で起こる病気です。20代後半から突然生理痛が激しくなったら要注意!子宮腺筋症の症状・診断・治療法・妊娠への影響について詳しく解説します。

「生理痛」は、女性なら誰しも経験があるものです。

しかし、

・20代後半~30代に入った頃から生理のたびに痛みが増し、激しく痛むようになった

・経血量があきらかに増えてきた

・生理時期に関係なく、下半身まで痛むようになった

このようなことに思い当たる場合は「子宮腺筋症」かもしれません。

子宮腺筋症は30代から40代に多い病気で、激痛のあまり日常生活に支障をきたすことがあるほか、不妊や初期流産を引き起こす可能性もある病気です。

発見の遅れを防ぐためにも子宮腺筋症の原因と症状を理解し、早期治療に役立ててください。

子宮腺筋症とは

子宮腺筋症は、正常ならば子宮の内側にできる子宮内膜が、何らかの影響で子宮内の筋肉のなかにできて増殖する病気です。

30代から40代の出産を経験した人や、短期間でも妊娠を経験した人に多く発症しますが、最近では若い世代や出産経験のない人にも増えているといわれています。

子宮腺筋症は生理のたびに悪化します

子宮腺筋症の原因は、女性ホルモンのエストロゲンの影響が考えられています。

子宮の内膜を覆っている組織(子宮内膜)は、女性ホルモンの影響をうけて増殖と剥離を繰り返します。

この内膜が剥がれるときが「月経」なのですが、子宮腺筋症の場合は、本来は子宮の内側にある組織が何らかの影響で子宮の筋肉に侵入してしまったために血液は排出されず、月経周期ごとに溜まり、筋肉のなかに深く潜り込み、腫れて炎症を起こします。

すると周囲の臓器の神経が圧迫されるために強い痛みが発生。

また子宮が腫れて大きくなることで月経量も増え、1回の生理で貧血症状が出ることもあります。

子宮腺筋症は、女性ホルモンが分泌されて生理がある間はずっと進行します。

妊娠中はいったん生理が止まるので症状は治まりますが、生理の再開とともに再び悪化。

閉経をむかえると自然に症状が軽くなっていきます。

image by

photoAC

子宮腺筋症の症状

子宮腺筋症の主な症状は

・強い生理痛

・過多月経(経血量の増加)

・過多月経に伴う貧血症状

・月経期間の延長 

などです。症状は病気の進行とともに激しくなっていきます。

生理痛で疑われる病気には、子宮腺筋症以外でも、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などがありますが、その中でも、子宮腺筋症の痛みは特にひどいといわれています。

また子宮腺筋症が進行し子宮が大きくなると周りの臓器も圧迫されるため、排尿痛や排便痛、足のしびれ、性交痛なども発症。

さらに子宮や周りの臓器の腫れは妊娠に不利となるため、不妊や流産の可能性が高まるとされています。

女性にとって、出産にかかわる大事な器官「卵巣」。卵巣は自覚症状がほとんどないため、「沈黙の器官」と呼ばれています。卵巣のトラブル「卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)」の初期症状から手術などの治療方法まで徹底解説!

子宮腺筋症と合併しやすい病気

子宮腺筋症は女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受けて発症するため、同じように女性ホルモンが関わる病気は合併しやすいとされています。

合併しやすい病気①子宮筋腫

子宮筋腫は、筋肉のかたまりであるこぶのような筋腫が子宮にできる病気です。発症する年齢は、30~40歳代に多く閉経後に自然と治ります。

子宮腺筋症と子宮筋腫は症状が非常に似ていますが、子宮腺筋症のほうが症状の程度が重い傾向にあります。

<子宮腺筋症と子宮筋腫の識別>

症状だけでは病気の判定が難しいため、2つの病気の識別にはMRI検査が必要です。

合併しやすい病気②子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮内膜が子宮周囲の卵巣や腹膜などにできる病気です。

対して子宮腺筋症は、子宮内膜が子宮筋層の中という場所に限定している点で区別されます。

子宮内膜症の二大症状は疝痛不妊です。

疝痛には生理痛や性交痛、排便痛などがあり、生理のたびに生理痛が増すところは、子宮腺筋症と似ています。

また子宮内膜症の発症しやすい年齢が20~30歳と若いことと、内膜が周囲の臓器と癒着することで不妊のリスクが高まるため、早期発見が重要です。

子宮内膜症は日本人女性の約10人に1人が発症しているといわれる大変身近な病気です。子宮内膜症は命にかかわる病気ではありません。しかし、完治は難しく一度かかると長く付き合っていく病気。子宮内膜症の10のチェック項目と婦人科検査について解説します。

子宮腺筋症は症状の程度に合わせた治療を

子宮腺筋症は、内診や超音波検査、MRIなどの画像診断、子宮鏡検査から診断を行います。

子宮筋腫や子宮内膜症を併発している場合があるため、通常の内診だけで、子宮腺筋症の確定診断をおこなうことは困難です。

そこで、診断の上で最も有力とされているのがMRI検査です。MRI検査では、子宮腺筋症と子宮筋腫との区別まで可能です。

image by

photo-ac

治療法には「薬物療法」「手術療法」があります。

検査で病巣の範囲を調べ、症状の程度を把握するとともに、患者の年齢、出産の希望なども考慮して治療法を選択します。

薬物療法① ホルモン療法で症状の進行を一時的に抑える

ホルモン療法は、症状の進行を一時的に抑える目的で行う治療法です。

ホルモン療法で、病気が完全に治癒するわけではありません。薬の服用をやめると、症状がまた戻ってきます。

治療薬として用いられるものには、低用量ピル、GnRHアゴニスト、ダナゾールなどがあります。

GnRHアゴニスト…

下垂体に働きかけて、エストロゲンの分泌を減らすホルモン剤。生理を止めて、閉経状態にします。

副作用は、更年期障害と同じような症状が起きます。

低用量ピル…

ピルは避妊薬として知られていますが、生理痛・排卵痛の軽減の効果もあるため、子宮腺筋症でも使用することがあります。下腹部痛や出血過多などの症状が軽くしますが、悪心や不正出血などの副作用がでる場合もあるのでご注意ください。

高度の高血圧症や肝機能の低下しているという疾患を持つ方、喫煙者は飲用できません。

薬物療法② 痛みや貧血などの症状緩和

特定の症状を軽減する治療法を、対症療法といいます。

子宮腺筋症での対症療法は、生理痛を緩和するために痛み止めの投薬が主になります。

また過多月経による貧血の症状には、鉄剤が投与されます。

image by

photo-ac

子宮腺筋症の手術

◼︎子宮全摘術

子宮をすべて摘出する方法。妊娠・分娩を希望しない方や薬物療法でまったく効果がみられない方に行われます。

子宮腺筋症は、病巣が子宮の全体に広がっていることが多いので、子宮全摘術が最も有効な治療法です。

生理痛などの症状がなくなり、再発の可能性もありません。

◼︎子宮腺筋症核出術

子宮腺筋症の部分のみを切除する方法。子宮を温存して、妊娠する可能性を残します

腺筋症が局部的である場合に、手術が可能です。ただし、子宮筋腫とは異なり正常な筋層と病巣との境界があいまいなので、手術が困難です。

また、病巣すべてを摘出するのが難しいために、再発の可能性があります。

image by

photo-ac

子宮腺筋症の妊娠への影響~Q&A~

Q.子宮腺筋症があっても、妊娠することはできますか?

A.子宮腺筋症があっても、妊娠する人はいます。子宮腺筋症があるからといって、妊娠する能力を失うということではありません。ただし、妊娠する確率は非常に低いでしょう。妊娠しても、流産することもあります。

Q.手術をすれば、妊娠の可能性は高くなりますか?

A.子宮腺筋症が不妊の原因となっている場合、手術治療することで妊娠の可能性は高くなります。しかし、子宮腺筋症の方は不妊の原因となる子宮内膜症などの病気を合併していることが多く、それらの原因も取り除かないと妊娠にはつながりません。

また、妊娠に影響を与えるのは年齢の要因も大きいので、40歳以上の方が、子宮腺筋症の治療によって妊娠する可能性が格段に上がるとは言い切れません。

Q.妊娠すればよくなると聞きましたが、本当でしょうか?

A.子宮内膜症は、妊娠が治療の効果を発揮して病状が改善します。子宮腺筋症の場合、効果は限定的です。

妊娠中は、生理がこないため、生理痛や過多月経から逃れることはできます。しかし、妊娠分娩した方には、しっかりと腺筋症が残っていて、産後には再び症状が出てくることがあります。

そのため、子宮腺筋症の場合には、妊娠による症状の改善や治療効果は期待できません。

image byphoto-ac

photo-ac

おわりに

子宮腺筋症は、生理のたびに症状が悪化するにも関わらず、治療がとても難しい病気。

早期発見と早期治療が大切になります。

生理痛がツライ、出血量が多いとお悩みの方は、一度婦人科の受診をおすすめします。

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。