インフルエンザにはアセトアミノフェン!市販の解熱剤の成分を解説

アセトアミノフェン系の解熱剤はインフルエンザのときに使える薬です。アセトアミノフェンの効果や処方薬であるカロナールについて、アセトアミノフェンの市販薬について解説します。

インフルエンザで起こる発熱は、体がウイルスや菌と闘っている結果におこる防御反応です。そのため、​薬で無理に熱を下げるのは好ましくありません。

しかし、あまりにも高熱や筋肉痛がひどい場合は、体の衰弱を防ぐために解熱鎮痛剤を使用することがあります。

解熱剤を使用するときに注意したいのが解熱剤の成分です。インフルエンザの高熱には使用を避けるべき成分があるため、しっかり確認しましょう。

この記事では、インフルエンザのときにも安心して使用できるアセトアミノフェンについて解説します。

アセトアミノフェンとは?

アセトアミノフェンは、体温調整中枢や中枢神経に作用して、解熱・鎮痛効果を発揮する成分です。血管を拡張して体から熱をのがし、痛みの感じ方を鈍くする作用があります。

また発熱時の他に、頭痛・歯痛・生理痛などにも効果があります。

【アセトアミノフェンの特徴】

・解熱と鎮痛、両方の作用がある
・おだやかに効いて副作用が少ない
・子どもにも使用できる
・タミフルやイナビルなどの抗インフルエンザ薬とも併用できる

子どもも使用できる成分

アセトアミノフェンは、穏やかに効いて副作用も少ないことから大人はもちろん子どもにも使用できます。

インフルエンザで解熱鎮痛剤を使う際に、気をつけなければならないのが副作用の問題です。特に乳幼児や小児の場合は、インフルエンザ脳炎・脳症やライ症候群など重篤な副作用の出現を避けるためにも、解熱鎮痛剤の成分に意識して選択する必要があります。

アセトアミノフェンの解熱鎮痛剤は、病院で処方される抗インフルエンザ薬との併用もでき、副作用が少ないことからも子どもにも使いやすい薬とされています。

妊婦は医師に相談を

アセトアミノフェンは解熱鎮痛剤の中では安全性が高いので、妊娠中も症状によっては処方されることがあります。ただし、妊娠後期(8ヶ月以降)に使うと、動脈管収縮の影響が起きる事があり、避けた方が良いとされています。

アセトアミノフェンを服用する際の注意点

アセトアミノフェンには以下のような注意点があります。

・大量投与すると肝障害を生じやすい
・まれに発疹やかゆみ、嘔吐、アナフィラキシー、喘息発作などを起こす場合がある

何種類か薬を飲み合わせると知らないうちに成分を多く摂取してしまう可能性があり、肝障害などの副作用につながる危険性もあります。特に15歳未満の方は、添付文書の対象年齢を必ず確認して使用可能な薬を使用しましょう。

また、薬を服用後に少しでも体調の変化を感じたら、服用した薬の名前がわかるものを持参してすぐに医師に相談してください。

アセトアミノフェン単一成分の市販薬3選

インフルエンザのときには、自己判断で薬を使用せずに医師の診断を受けることがおすすめです。しかし、土日祝日夜間などで病院に行けず、どうしても苦しい場合に応急処置として使用することができるアセトアミノフェン単一成分の市販薬を紹介します。

タイレノールA

解熱効果と鎮痛効果があります。高熱が出ているときや頭痛を抑えるのに使用できます。

ラックル

インフルエンザで腰痛が出ることがありますが、この薬はその症状を和らげます。アセトアミノフェンの量は300mgです。

【第2類医薬品】小児用バファリン チュアブル 12錠

 

一時的に熱を下げるために使用することが可能です。ただし、インフルエンザでは子どもはとくに注意が必要なため、あくまで緊急時の使用にとどめ、原則的には医療機関を受診することをおすすめします。

インフルエンザのときに注意すべき解熱剤は?

市販されている解熱鎮痛薬の中には、インフルエンザの際に使用すると重篤な副作用を引き起こす可能性のあるものがあります。次の成分が配合されている薬は使用を避けてください。

・サリチル酸系解熱鎮痛薬(製品名:アスピリン、エテンザミド)
・ジクロフェナクナトリウムを含む解熱剤(製品名:ボルタレンブレシン等)
・メフェナム酸を使った解熱剤(製品名:ポンタール)

特にアスピリン(アセチルサリチル酸系)は、他の解熱剤と比べて副作用のリスクが高いため、使用はお控えください。因果関係はまだわかっていませんが、ライ症候群を引き起こすという疫学調査の報告もあります。

市販薬を選ぶ時には、必ず成分名を確認してください。不明な点は購入時に薬剤師に確認しましょう。

ACE処方の薬

「A:アセトアミノフェン」「C:(無水)カフェイン」「E:エテンザミド」という3種類の成分が入っている薬のことを指します。アセトアミノフェン単体では効き目が比較的弱いため、効果を高めるために複数の成分が混合されています。

代表的な市販薬として、ノーシンハッキリエースaなどがあります。

エテンザミドは解熱鎮痛作用をもち、カフェインは解熱鎮痛成分の鎮痛作用を助けるために配合されています。また、アセトアミノフェンは他の解熱鎮痛成分と比較して、胃腸障害が少ないといわれています。

しかし、サリチル酸系であるエテンザミドが含まれた薬は、インフルエンザのときは使用できないのでご注意ください。

AAC処方の薬

「A:アセトアミノフェン」「A:アスピリン」「C:(無水)カフェイン」の3種類が含まれる薬を指します。

ACE処方の薬との違いは、エテンザミドの代わりにアスピリンが配合されていることです。基本的に効果は似ていますが、アスピリンが入っているAAC処方の薬の方が胃腸障害が出やすいと言われているため、最近ではACE処方の薬が主流になっています。

しかしながら、頭痛などの痛み止めの作用はAAC処方の薬の方が比較的強いため、症状に応じて使います。代表的な市販薬としてはエキセドリンA錠などがあります。

ただし、アスピリンが含まれているためインフルエンザの解熱には使用しないでください。

おわりに

インフルエンザの時に服用する解熱鎮痛薬は、あくまでも熱や痛みに対する対症療法で、インフルエンザウイルスを減少させるものではありません。

あくまで発症初期の段階で病院で診てもらうことが治療の基本であることを覚えておきましょう。

発熱直後の病院の受診が難しい場合や、突然の高熱でなんとか自宅で対処しなければならない場合にアセトアミノフェンの解熱鎮痛剤を活用します。

また安静にして充分に睡眠をとることと、高熱により脱水症状を起こさないよう水分補給を心がけることも忘れないでくださいね。

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。