インフルエンザの解熱にポンタールは危険!避けるべき理由を解説

インフルエンザの解熱に、解熱鎮痛剤・ボンタールの使用は注意が必要です。ポンタールの主成分には、インフルエンザの合併症・脳症や重症化を招く恐れがあるためです。インフルエンザの解熱に避けるべき成分を解説します!

インフルエンザは、発症から数時間~1日ほどで高熱が出るのが特徴の一つです。

この発熱は身体の防御反応なので、基本的には薬で熱を下げずに、安静にしている方が良いとされています。

しかし、39℃以上の高熱が出ると意識が朦朧としたり、頭痛や関節痛などの症状が辛くて眠れないことも。

高熱などが原因で眠れずに十分な休養が取れないと、インフルエンザからの回復が遅れてしまう原因になります。また、免疫力が下がり合併症を引き起こす可能性も。

そんなときは、解熱剤を使って熱症状を緩和させることも治療を助ける選択肢のひとつです。

しかしながら、解熱剤の中にはインフルエンザには使えないものもあるので注意しなければなりません。

今回は、インフルエンザに使えない解熱剤の1つ、ポンタールについて解説していきます。

ポンタールはインフルエンザ脳症の誘発・重症化の恐れがあります

ポンタールは、抗炎症や鎮痛、解熱に効果を発揮する解熱鎮痛薬の一種です。しかし、インフルエンザに処方されることはほとんどありません。

インフルエンザの解熱にポンタールを使うと、合併症の中でも、とくに重篤なインフルエンザ脳症を招く可能性があると指摘されているためです。

インフルエンザ脳症の誘発・重症化の原因と考えられているのは、解熱鎮痛剤に含まれている成分で、ポンタールの主成分であるメフェナム酸や、ボルタレンのジクロフェナク(ジクロフェナクナトリウム)などが該当します。

厚生労働省や日本小児神経学会でも、注意すべき成分が含まれている薬は使用しないように呼びかけられています。

厚生労働省:インフルエンザによる発熱に対して使用する解熱剤について

日本小児神経学会:インフルエンザに対する解熱剤の使用上の注意

子どもに多いインフルエンザ脳症

インフルエンザ脳症は、インフルエンザの合併症として発症します。患者の8割が5歳までの子どもで、特に1歳~3歳の乳幼児に多くみられる疾患です。

けいれん、意識障害、異常行動などの神経症状が急速に進行し、多臓器不全を起こすなど、死に至ることもあります。

インフルエンザの発熱時にポンタール(メフェナム酸)バファリンA(アスピリン)ボルタレン(ジクロフェナク)といった成分の解熱剤を使用すると、インフルエンザ脳症を引き起こしたり、症状を悪化させるとして、小児での使用は禁忌とされました。

成人にもインフルエンザ脳症の危険性があり

インフルエンザ脳症は子どもに多くみられる病気ですが、原因が不明であるため、いつ誰に発症するかわかりません。成人にも発症する可能性があるので、注意が必要です。

そのため、小児と同様、ポンタールなどの脳症のリスクを持つ解熱剤はほとんど処方されなくなりました。

ただし、成人に対しては禁忌ではないので、もし誤ってポンタールなどを服用してしまった場合は、経過をよく観察しながら医師に相談しましょう

インフルエンザ脳症について、詳しくは関連記事をご覧ください。

インフルエンザ脳症は子どもの発症が非常に多く、後遺症が残ったり、最悪の場合は死に至ることもあるため注意が必要です。症状や予防法についての知識を高め、インフルエンザ脳症から身を守りましょう。

インフルエンザの解熱に使える成分はアセトアミノフェン

インフルエンザの解熱には、アセトアミノフェンが処方されることがほとんどです。

アセトアミノフェンは、緩やかな効果で副作用も少ないことから、大人だけでなく子どもにも安全に使用できるため、インフルエンザの解熱剤として一番適切とされています。

日本小児科学会でも、「インフルエンザの発熱にはアセトアミノフェンが良い」と発表されています。

アセトアミノフェンを主成分とした解熱剤には、カロナールやアルピニーなどがあります。

日本小児科学会:「インフルエンザ脳炎・脳症における解熱剤の影響について」

インフルエンザの発熱に使えるアセトアミノフェンや市販薬については、関連記事で詳しく解説しています。

インフルエンザによる高熱で、子どもでも使用できる解熱鎮痛薬が「アセトアミノフェン」。しかし、市販薬の中にはインフルエンザの際に使えない解熱剤もあるのです。アセトアミノフェン配合の市販薬にはどのようなものがあるのか確認しましょう。

成人にはロキソニンが処方されることも

成人のインフルエンザでは、カロナールなどのほかに、ロキソニンやブルフェンといった解熱剤が処方される場合もあります。

ロキソニンの主成分であるロキソプロフェンや、ブルフェンの主成分であるイブプロフェンは、アセトアミノフェンに次いで安全な成分といわれています。

そのため、症状によってはロキソニンやブルフェンの方が適していると考えられ、成人には処方されるケースもあるのです。

ただし、ロキソニンやブルフェンは解熱効果が高すぎたり、インフルエンザ脳症との関係がまだ不明であることなどから、インフルエンザの発熱に自己判断で使うのは大変危険です。

必ず医療機関を受診し、処方された場合に限り、使うようにしましょう。

またロキソニンは、15歳以下には使用できない薬なので、インフルエンザの罹患に関わらず使用は避けてください。

おわりに

解熱剤は、発熱という症状に対してのみ効果を発揮するもので、ウイルスを減らす効果はありません

インフルエンザウイルスに直接作用する薬は、タミフルやリレンザなど、医療機関で処方される抗インフルエンザウイルス薬のみ。

重症化や合併症の可能性を考えても、急な高熱などインフルエンザが疑われる場合は、早急に医療機関を受診しましょう。

また、解熱剤を使いすぎると回復が遅くなってしまう可能性があります。

解熱剤は39℃以上の高熱や、発熱によって眠れないときなど、どうしても必要な場合に使うようにしましょう。

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。