子供の日焼け止めの選び方&おすすめ5選!

子供は紫外線の影響を受けやすいため、日焼け止めなどの紫外線対策は重要です。今回は子供の日焼け止め選びについて解説します。

人間は、18歳までに生涯に浴びる紫外線量の大半を浴びるといわれています。そのうえ18歳未満のときにした日焼けは、大人になってから皮膚がんや白内障をはじめとする目の疾患を引き起こすリスクを高めるといわれいます。子供は外で過ごす機会が多いため、紫外線を多く浴びてしまいます。反面、子供は肌が薄く紫外線の影響を受けやすいため、子供の紫外線対策はとても重要です。

この記事では、子供の紫外線対策、とくに日焼け止めの選び方について解説していきます。

子供の日焼け止め選びのポイント・注意点

紫外線吸収剤が入っていないノンケミカルのものを選ぶ

紫外線吸収剤とは、成分自体が紫外線を吸収し、皮膚へ紫外線が届くのを防ぐものです。紫外線ブロックする優れた効果がありますが、アレルギー反応を起こす人もいます。

子供の肌は大人よりデリケートなので、紫外線吸収剤が入っていないものを選ぶのがおすすめです。「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカル」などの表示を参考にしてください。

TPOに応じてSPF・PA値を選ぶ

SPF値やPA値が高い日焼け止めは、紫外線をカットする時間が長くなります。しかし、そのぶん肌への負担が大きいです。子供の肌は薄く、刺激に弱いので、むやみに高い数値の日焼け止めを選ぶ必要はありません。日常生活には、SPF16程度の日焼け止めで問題ないといわれています。

また汗で落ちやすからといって、耐水性の高いウォータープルーフの日焼け止めを普段使いしないようにしましょう。ウォータープルーフの日焼け止めは、落とすときに肌に負担がかかります。海に行くときなど、必要な場面で使いましょう。

日焼け止めの守る&こまめな塗り直しを

日焼け止めは、規定の量を塗らないと効果が落ちます。たっぷりと、ムラにならないように塗りましょう。また日焼け止めは汗で流れやすいので、2~3時間ごとに塗り直しましょう。焼けやすい顔の高い部分、鼻や頬には重ねて塗りましょう。

子供の日焼け止め おすすめ5選!

ここからは、子どもにも安心して使えると人気の日焼け止めをご紹介します。

パックスナチュロン UVクリーム(日焼け止め) 45g SPF15/PA++

商品価格:¥ 400

SPF15、PA++。
合成の紫外線吸収剤、合成界面活性剤を使用せず、石けんで乳化したシンプルな成分の日焼け止めクリーム。日常使いにピッタリです。保湿成分のシアバター、カミツレエキス配合。伸びがよくサラッとした仕上がりです。

ママバター UVケアミスト アロマイン 90ml

商品価格:¥ 1,414

SPF20、PA++。
顔・体・髪に塗りやすいミストタイプの日焼け止め。天然のUV成分を使用し、天然微粒子によって紫外線をカットします。紫外線吸収剤、シリコン、合成香料、合成着色料、鉱物油、パラペン不使用。虫が嫌がるエッセンシャルオイルを配合し、虫よけにもなります。シアバター配合のオーガニックの日焼け止めです。

紫外線予報 ノンケミカルUVジェル 65g

商品価格:¥ 2,300

SPF30、PA+++。
スーッとのびて軽い使い心地のジェルタイプの日焼け止め。紫外線吸収剤不使用はもちろん、界面活性剤、色素、香料、鉱物油、パラベン、アルコールの気になる7つの成分が全て含まれていません。敏感な肌を紫外線からしっかり守り、潤いで包みます。

アネッサ ベビーケア サンスクリーンN 25mL

商品価格:¥ 1,150

SPF34、PA+++。
日焼け止めの人気ブランドであるアネッサの紫外線吸収剤不使用の日焼け止め。無香料・無着色・無鉱物油・ノンパラベン。二層タイプで、サラサラした使い心地です。

2E(ドウ-エ)日やけ止め(ノンケミカル)

商品価格:¥ 1,940

SPF45、PA++++。
紫外線散乱剤のみを配合したノンケミカルタイプの日焼け止め。ノンケミカルですが、高い紫外線防止効果があります。余計なものを入れない、原料を厳選したシンプルな処方。

おわりに:日焼け止め以外にも紫外線対策を

子供を屋外で遊ばせるときは、直接日差しに当たらせないよう注意が必要です。 日陰の紫外線量は日なたの約半分ですので、日陰に入るようにしたり、屋根のあるところで活動させましょう。また、日差しの強い午前10時から午後2時までの時間帯に遊ぶのは、出来るだけ避けるようにしましょう。

外に出るときは、日焼け止めだけでなく衣服で紫外線を遮りましょう。また帽子をかぶることも重要です。つばが7cmあると、紫外線量を60%カットすることができます。他にサングラスなど、紫外線対策グッズを効果的に使いましょう。

ミナカラ
【現役の薬剤師が教えます】

口内炎に効くお薬の
選び方・使い方

口内炎の市販薬には塗り薬や貼り薬、飲み薬、スプレー、うがい薬など剤形のバリエーションが豊富で選ぶのが困難です。
豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあったお薬を選ぶポイントを特集しています。