赤ちゃんの日焼け止めのおすすめは?赤ちゃんでも使える日焼け止めを紹介!

赤ちゃんが何の対策もせず直接紫外線に当たることは、肌や体に悪影響を与えます。日焼け止めを使って、紫外線対策をすることが重要です。

これまで、赤ちゃんが日に当たることは、成長のために良いとされてきました。しかし近年、肌へのダメージや免疫低下など紫外線が与える悪影響が明らかになり、赤ちゃんが日光を長時間浴びるのは厳禁となっています。

赤ちゃんの肌は、大人の肌の半分~3分の1程度の薄さしかありません。そのため、紫外線の悪影響を受けやすくなっているのです。赤ちゃんを外に連れて行くときは、日差しが直接当たらないような工夫が必要であり、日焼け止めを使用するのも有効とされています。

この記事では、赤ちゃんの日焼け止めの選び方、おすすめを紹介します。

赤ちゃんの日焼け止めの選び方

紫外線吸収剤の入っていない、SPF値の低いものがおすすめ

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんに塗る日焼け止めは、刺激の少ない、紫外線吸収剤が入っていないものを選びましょう。また、お湯か石けんで簡単に落とせるものが、肌の負担にならずおすすめです。赤ちゃんには、SPFは10~20、 PAは+程度のもので十分です。ただし2時間を目安に、こまめに塗り直しをしてください。

日焼け止めを使う前に、赤ちゃんにパッチテストを

日焼け止めを使用する前にパッチテストをして、赤ちゃんに使っても問題ないかチェックしましょう。皮膚の柔らかい部分である二の腕や太ももの内側に、日焼け止めを少量塗ります。一晩置いてその部分に何も変化がなければ、その製品を使用しても大丈夫です。もし赤くなったり、かぶれ・湿疹が出ているようなら、使わないようにしましょう。

赤ちゃんでも使える日焼け止め!おすすめ5選

赤ちゃんでも安心して使用できる、紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めを紹介します。

パックスベビー UVクリーム (日焼け止め) 30g SPF17/PA+

商品価格:¥ 411

SPF17、PA+。
クリームタイプの日焼け止め。石けんで洗い流すことができます。赤ちゃんの皮脂にも含まれるパルミトオレイン酸を多く含むマカデミアナッツ油と、カミツレエキスが配合されており、乾燥しがちな赤ちゃんの肌を潤いを保ちます。合成界面活性剤無添加・無香料・無着色。

ベビーセバメド UVミルク (SPF16 PA++) 28mL

商品価格:¥ 945

SPF16、PA++。
健康な素肌と同じ弱酸性pH5.5で、敏感な赤ちゃんの紫外線対策にも使える日やけ止め乳液です。天然保湿成分を配合し、肌のうるおいを保ちます。全身に使え、石けんで簡単に落とせます。 紫外線吸収剤フリー、アルコール(エタノール)フリー。 

アロベビー UVクリーム 60g

商品価格:¥ 2,592

SPF15、PA++。
合成された紫外線吸収剤を使用せず、100%天然由来原料を使用したオーガニックの日焼け止め。ベタつかない使用感ですっと肌に馴染み、塗り直しも簡単です。オーガニックですが、白浮きしにくいので、赤ちゃんだけでなくお母さんの化粧下地にも使えます。無添加・無香料・無着色。ラベンダー&ローズの天然アロマの香り。

ノエビア レイセラ ミルキーベビーUV<45g>

商品価格:¥ 2,648

SPF25、PA++。
小児科医の指導のもと、6か月~6歳児を対象にモニターテストを実施して開発。ぬるま湯で洗い流せる、日焼け止め乳液です。みずみずしい使い心地で、軽くなめらかにのび、肌に負担をかけずに塗ることができます。無香料・無着色・無鉱物油・紫外線吸収剤無配合・パラベンフリー・アルコールフリー。 

2E(ドゥーエ) ベビープラス BABY PLUS UVプロテクトミルク 30ML(SPF20・PA++)

商品価格:¥ 1,240

SPF20、PA++。
赤ちゃんの肌に配慮した低刺激処方の乳液タイプの日焼け止め。紫外線や乾燥から肌を守り白くなりません。医療機関でも取り扱いがあります。

おわりに:日焼け止め以外の方法でも紫外線を防ごう

赤ちゃんの外出時の紫外線対策としてまず大切なのは、日差しの強い時間帯である9時~15時頃を避けることです。さらに、赤ちゃんには長袖を着せ、ベビーカーの日よけや帽子など紫外線対策グッズを利用しましょう。日焼け止めは、衣服や道具で隠せない、顔や手足に使うのがおすすめです。紫外線対策を万全にして、赤ちゃんとの外出を楽しんでくださいね。

【薬剤師監修】
症状ごとの薬の選び方・使い方特集

豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあった薬を選ぶ
ポイントを解説します

【薬剤師監修】口内炎に効く薬の選び方

口内炎

【薬剤師監修】痔に効く薬の選び方

【薬剤師監修】水虫に効く薬の選び方

水虫

【薬剤師監修】抜け毛に効く薬の選び方

抜け毛

【薬剤師監修】妊娠検査薬の選び方

妊娠検査薬