ベビーカーの暑さ対策3選!赤ちゃんの熱中症を防ごう

ベビーカーの暑さ対策をご紹介します。ベビーカーの中は予想以上に暑く赤ちゃんが熱中症になる危険性もあります。ベビーカーの熱中症防止・暑さ対策に使用できるアイテムをご紹介します。

夏は赤ちゃんや小さな子どもにとって、気をつけたい季節です。ベビーカーでのお出かけも夏に気をつけたいことのひとつ。

体温調節が未熟な赤ちゃんや小さな子どもにとって、夏はただでさえハンデがあるものですが、ベビーカーで出かける場合、子どもは大人よりも地面から近い位置にいるため、照り返しを強く浴びてしまうのです。

この記事では、ベビーカーでの熱中症予防に役立つ暑さ対策グッズや、子どもが夏を乗り切るための注意点などを紹介します。

ベビーカーの暑さ対策グッズ3選!

ベビーカーに乗っている赤ちゃんや小さな子どもの暑さを軽減させるために便利なアイテムをご紹介します。

ベビーカー用保冷シート

 

日本エイテックス ひんやりカドリー ベビーカーシート マリンネイビー 01-101

商品価格:¥ 3,238

 

 

ベビーカーのシートを冷却パッドを装着できるシートに取り替えることで暑さを防ぐ効果が期待できます。
子どもは熱くなりやすく、汗をかきやすいですが、ひんやりとしたシートであればベビーカーに乗っていても蒸れにくくストレスを軽減できます。

ベビーカー用照り返し防止シート

 

ベビーカー照り返し防止シート

商品価格:¥ 1,382

 

 

ベビーカーを使用する場合、大抵、舗装されたアスファルト・コンクリートの道を選ぶもの。ベビーカーに乗っている子どもは大人よりも地面から近いため、照り返しによる暑さを感じやすいものです。
照り返しを防止するシートをベビーカーに取り付けることにより、照り返しでうける熱や暑さを緩和させることができます。

ベビーカー用扇風機

KEL-GAR ケルガー ベビーカー扇風機 ピンホイール・ファン 12784

商品価格:¥ 3,280

風通しのよいベビーカーも多いですが、日よけのためにサンバイザーを閉じてしまうと、若干熱がこもりやすくなる場合もあります。
ベビーカーに扇風機をつけ、風を送ることでサンバイザーを閉じたベビーカーの中でも快適に過ごすことができます。
また、風がない日でも扇風機があれば安心。うちわであおぐ必要もなくなるため、保護者の負担も軽減されます。

夏は水分補給もしっかりと!

ベビーカー用の暑さ防止アイテムを活用することで、暑さによるストレスの緩和に繋げることができます。しかし、それだけでは熱中症予防としては不十分です。

やはり大切なのはこまめな水分補給。体内の水分が不足することで、体温調節や運動機能に異常が生じるようになります。

授乳中の場合、赤ちゃんだけでなく母親にとっても夏場は苦労が多いもの。しかし、赤ちゃんがきちんと水分を摂取できるように授乳のタイミングをいつも以上に気をつけるようにしましょう。
卒乳をしてミルク以外の水分を飲めるようになった子どもについては、水や麦茶などを持ち歩くようにして、こまめに子どもの喉を潤し、熱中症予防に努めるようにしましょう。

関連記事:水分補給が大切なのはなぜ?!人体にとっての水分の重要性を解説!

ミナカラ
【現役の薬剤師が教えます】

口内炎に効くお薬の
選び方・使い方

口内炎の市販薬には塗り薬や貼り薬、飲み薬、スプレー、うがい薬など剤形のバリエーションが豊富で選ぶのが困難です。
豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあったお薬を選ぶポイントを特集しています。