インフルエンザの予防接種の後や前に飲酒してもいい?注意事項を解説

インフルエンザ予防接種の当日や前日に飲酒してもいいのか疑問に思ったことはありませんか。ワクチン注射の前後に注意すべきことについて解説します。

インフルエンザの予防接種前後に飲酒をすることは可能なのか、疑問に思う方も多いのでは。予防接種の日程が年末の飲み会や大事な接待と重なってしまう…なんていうことも。

どうしても予防接種の前後にお酒を飲む予定がある場合、飲み方を気をつけることで副作用などを防ぐことができます。そのような場合は、事前にしっかり注意事項を抑えておきましょう。

この記事では、インフルエンザの予防接種と飲酒についての注意事項、また、予防接種後のお風呂についても解説します。

インフルエンザ予防接種の前後にお酒を飲んでもいいの?

予防接種前の飲酒

インフルエンザの予防接種を受ける前日の飲酒は、たしなむ程度なら大丈夫であるとされています。明確に何杯までという基準がないので自己判断となりますが、お酒に強い人であっても、いつもよりは控えめにしておく必要があります。

飲酒OKだからといって、体調が崩れるほど飲んだり、翌日に影響が出ると考えられる量は飲まないことが重要です。
また、予防接種の日に次のような症状がある時には、予防接種を受けることができません。

・37度以上の熱がある
・風邪の症状がある
・下痢や吐き気(嘔吐)の症状がある

予防接種前の飲酒によってこのような症状があらわれてしまう可能性があります。
予防接種前日や当日の飲酒はできるだけ控え、どうしても飲まなければいけない場合には自分で飲む量を調節し、翌日に影響が出ないように気をつけましょう。

予防接種後の飲酒

厚生労働省のインフルエンザ予防接種のガイドラインでは、「接種当日はいつも通りの生活をしてもかまいませんが、激しい運動や大量の飲酒は避けましょう」とあります。

お酒の強さに関しては個人差がありますが、お酒に強い人でも予防接種後の飲酒はなるべく避けましょう。もしどうしてもお酒を飲まなければいけない場合は、飲む量を最小限にとどめましょう。

インフルエンザ予防接種後の飲酒に関する注意事項

インフルエンザの予防接種を受けた後に、副反応(副作用)があらわれることがあります。予防接種による副反応は、多くの場合で24時間以内にあらわれます。

予防接種後の飲酒に気を付けなければいけない理由はこの副反応にあり、アルコールは副反応の症状を悪化させ、重篤化させる危険性があるのです。

インフルエンザワクチンの副反応の多くは24時間以内に出現しますので、特にこの間は体調に注意しましょう。副反応とは、次のような症状です。
・注射した跡が腫れる、痛む、熱を持つ
・発熱、頭痛、めまい、倦怠感(体がだるい)、吐き気・嘔吐


これらの症状は接種後2〜3日で治りますが、沢山のアルコールを体内に取り込んだ場合には、副反応が治るまでの時間が長くなります。

症状が悪化してしまった場合、発熱や悪寒、嘔吐や下痢など、全身に症状が広がる可能性があるので気をつける必要があります。

予防接種後の飲酒を避けられない場合、体調管理には十分注意しましょう。

おわりに

予防接種前後の飲酒は、できる限り避けましょう。どうしても飲まなければいけない状況にある場合は、お酒を飲む量を最低限にし、アルコールによる影響が出ることのないようにしましょう。
予防接種を受けた後の体は、自分が想像するよりも疲れています。運動やお風呂など、普段何気なくしていることでも体に影響を与える可能性があるということを認識しておきましょう。

 

【薬剤師監修】
症状ごとの薬の選び方・使い方特集

豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあった薬を選ぶ
ポイントを解説します

【薬剤師監修】口内炎に効く薬の選び方

口内炎

【薬剤師監修】痔に効く薬の選び方

【薬剤師監修】水虫に効く薬の選び方

水虫

【薬剤師監修】抜け毛に効く薬の選び方

抜け毛

【薬剤師監修】妊娠検査薬の選び方

妊娠検査薬