ミヤBMの効果や副作用について添付文書から徹底解説!

ミヤBMの副作用・効果・薬価・用法について添付文書から解説しています。ミヤBMを使用する際の参考にしてください。

ミヤBMは腸内菌叢の異常による下痢・便秘に効果的な薬です!

ミヤBMは宮入菌を主成分とする整腸剤です。
一般名では酪酸菌ともよばれており、聞き慣れない名前ではありますが、乳酸菌と同様の効果をもっていることで話題となっています。
ミヤBMは副作用がほとんどないため、非常に安全性の高い薬です。

赤ちゃんや妊娠中の下痢症状や、抗生物質服用時にあらわれる下痢の改善にも用いられる薬です。

この記事では、ミヤBMについて添付文書を中心に解説しています。

ミヤBMとは?

ミヤBMはどんな薬?

ミヤBMは1968年にミヤリサン製薬から発売された整腸薬で、生きた宮入菌を含んでいるため、副作用はほとんどなく、安全性の高い薬です。
赤ちゃんや妊娠中・授乳中にも処方されることのある薬です。

即効性のある薬ではありませんが、腸内における不調の改善のために安心して使える薬です。

適応疾患

ミヤBMの適応症は腸内菌叢の異常による諸症状の改善と記載されています。
つまり、腸内環境の乱れを原因とする症状に効果があるということで、下痢や便秘、軟便などの症状改善に用いられることが多いです。

市販薬

ミヤBMのと同じ成分を含む市販薬はミヤリサンという名前で販売されており、どちらも同じくミヤリサン製薬株式会社から販売されています。
酪酸菌の配合量の違いはありますが、同様の効果が期待できますのでぜひご参考ください。

ミヤリサン 錠 630錠 [指定医薬部外品]

 

 

ジェネリック医薬品

現在はミヤBMの成分である酪酸菌のみを主成分とする製品は、ミヤリサン製薬株式会社のみ販売しており、ジェネリック医薬品はありません。

ミヤBMの効果・作用

作用機序

酪酸菌が腸内細菌のバランスを改善して整腸作用を示し、下痢や軟便、便秘などの症状を改善します。

特徴

ミヤBMは化学的な薬の成分ではなく、生きた酪酸菌を含む薬であることから、安全性の高さが最大の特徴です。
ミヤBMは効果がそれほど強い薬ではありませんが、抗生物質への耐性をもっており、抗生物質など他の薬と一緒に処方されることが多いです。

効果・効能

この薬は酪酸菌が腸内細菌のバランスを改善して整腸作用を示すことで、腸内菌叢の異常による下痢や軟便、便秘、腹部膨満感などの症状を改善します。

効能又は効果

腸内菌叢の異常による諸症状の改善

ミヤBM添付文書ミヤBMの用法・用量

ミヤBMの腹痛・胃腸炎への効果は?

ミヤBMは腸内環境のバランスをととのえる作用をもつ薬で、直接的に腹痛や胃腸炎の痛みを止めたり、炎症をおさえるような作用はもっていません。
腹痛や胃腸炎の原因が腸内環境の乱れである場合には、一定の効果を感じられる可能性がありますので、腹痛の原因などを医師に判断してもらったうえで服用するとよいでしょう。

ミヤBMの用法・用量

用法・用量

ミヤBMは剤型によって用量が異なります。以下をご覧ください。

■ミヤBM細粒
通常成人は、1日1.5~3gを3回にわけて服用します。
年齢や症状によって用量は変わることがあります。

■ミヤBM錠
通常成人は、1日3~6錠を3回にわけて服用します。
年齢や症状によって用量は変わることがあります。

※小児の用量についても、症状により変動するため医師の指示をあおいでください。
医師の診断をうけて処方された用量であれば、成人と同じ用量を服用して副作用が起きるというような報告はありませんので、安心して服用してください。

どちらの剤型も共通して1日3回の服用となっており、食事のタイミングにあわせて服用すると飲み忘れを防げるかと思います。
食前・食後のどちらの服用も可能であり、効果に大きな影響を与えるものではないと思われますが、医師から特別な指示があった場合はその指示に従って服用してください。

用法及び用量

○ミヤBM細粒
通常、成人1日1.5~3gを3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

○ミヤBM錠
通常、成人1日3~6錠を3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

ミヤBM添付文書

剤型

ミヤBMの剤型は、錠剤と細粒と2種類となっています。
剤型の違いによる効能・効果のちがいはありません。

ミヤBMの使用上の注意

ミヤBMを使用するにあたって、特別注意が必要な人はいないとされていますが、妊娠中や授乳中などは薬の影響を受けやすいことがあるため、心配なときは医師や薬剤師に相談してみましょう。

妊娠中・授乳中に使用できる?

妊娠中・授乳中のミヤBMの使用についてメーカーから特別な注意は出されていないため、問題はないと思われますが、心配な時は念のため医師に相談してみましょう。

子どもや高齢者は使用できる?

子ども・高齢者のミヤBMの使用についてメーカーから特別な注意は出されていないため、問題はないと思われますが、心配な時は念のため医師に相談してみましょう。
医師の処方どおりに用法・用量を守った正しい服用を心がけて下さい。

ミヤBMの副作用

ミヤBMを使用したときの副作用について、現在メーカーからの報告はありません。
安心して使用してください。

ほとんど副作用のない薬だと言われていますが、人によっては体調の変化を感じる可能性はあります。
何か身体の異変を感じたときは、一人で悩まずに医師や薬剤師に相談してみましょう。

思わぬ副作用の発現を防ぐためにも、用法用量を守った正しい服用を行い、生活習慣の改善にも心がけるとよいでしょう。

ミヤBMの値段・購入方法

ミヤBMの薬価

ミヤBMの薬価は以下のとおりです。

名称 薬価
ミヤBM錠 5.60円/1錠
ミヤBM細粒 6.20円/1g

ミヤBMの購入方法

ミヤBMは医師からの処方箋をうけて、薬局で購入しましょう。
市販薬のミヤリサンについては、インターネットやドラッグストアで購入することが可能です。

おわりに

ミヤBMは腸内菌異常による下痢や便秘などの症状に効果的な薬です。
副作用はほとんどなく、安全性の高い薬ではありますが、思わぬ副作用の発現を防ぐためにも、用法用量を守った正しい服用を心がけてください。
もし効果に疑問を感じたり、不安なことがあれば一人で悩まずに医師や薬剤師に相談してみましょう。

 

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。