インフルエンザで出勤停止!診断書は必要?会社復帰の目安は?

会社勤めの人がインフルエンザに感染し、出勤停止になったときの対処について解説します。インフルエンザで出勤停止になったら、いつから会社に復帰できる?診断書は必要なの?といった疑問を解決します。

インフルエンザ流行期を迎える例年12月~3月。仕事を休めない会社勤めの人にとっては、いつも以上に健康管理が重要な時期といっても過言ではありません。

インフルエンザに感染してしまった場合、無理して会社に出勤することはおすすめできません。症状が重くなる危険性があるほか、会社全体でインフルエンザが大流行してしまうおそれがあるためです。

では、インフルエンザに感染したら、会社はいつから出勤してよいのでしょうか?また、会社に復帰する際には診断書などの提出は必要なのでしょうか?この記事では、会社勤めの方は知っておきたいインフエンザの対処について解説します。

インフルエンザになったら会社は出勤停止になる?

会社勤めの人がインフルエンザなった場合、その後の対応は会社によって違うというのが現状です。というのも、会社勤めの人がインフルエンザになった場合、出勤停止に関する法律が存在しないのです。

そのため、法律上はインフルエンザで熱が出ても本人が「仕事を休みたくない」と思えば、会社側が出勤を完全に止めることはできません。

一方で会社側が「熱が下がったらすぐ出勤して」という方針を取っていれば、それが会社のルールとなります。この辺りは、自分の会社の就業規則を確認する必要があります。

多くの会社の場合、出勤停止を言い渡し、「発症した後5日間、解熱後2日間経過してから」復帰するという方針を取っています。これはインフルエンザの感染力が強力で、1人が無理して出勤したために、周囲の同僚にもうつしてしまうということが、十分ありえるためです。

なお、こちらの出勤停止の目安は「学校保健安全法」という法律に基づいています。学生の場合、インフルエンザに感染したら、患者の健康回復と周囲への感染を防ぐため、「学校保健安全法」によって出席停止期間が決められています。その際の期間こそが、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで」なのです。

出勤停止の数え方は間違えやすいので注意

先ほど紹介した出勤停止の目安、「発症した後5日間、解熱後2日間経過してから」の数え方を間違えないように注意しましょう。

まずは「発症した後5日間」です。日数を数える際、発症した日(発熱が始まった日)は0日として日数に含まないようにします。そして、翌日を1日目と数えます。

インフルエンザB型の場合、まれに発症しても熱が出ないことがあります。その際は、腹痛や下痢、喉の痛みといったインフルエンザの症状があらわれた翌日から、5日間と数えましょう。インフルエンザB型の詳しい症状は、下記の関連記事をご確認ください。

つづいて「解熱後2日間経過」についてです。解熱とは、平熱のことを指します。発症後に38.5℃以上あった高熱が37℃程度に下がった場合は、微熱が続いている状態なので解熱したとはいえません。

個人差はありますが、36℃前後であれば平熱といえるケースが多いです。日頃から自分の平熱を把握しておくとよいでしょう。また、午前中に一度下がった熱が夜になって再度ぶり返すこともあります。熱が下がった後も1日体温が安定しているかどうか確認しましょう。

インフルエンザ感染後、いつから仕事に復帰できる?

インフルエンザと診断されたら、医師の指示に従い治療に専念しましょう。とはいえ、いつから仕事に復帰できるかは気になるところですよね。

会社で定められた出勤停止の日数を守ることは、もちろん大切です。しかし、インフルエンザの症状には個人差があり、感染力を有する期間にも個人差があります。

そこで出勤停止期間だけにこだわらず、自分の症状と感染力を照らし合わせ、仕事復帰のタイミングを考慮することも大切になります。

多くの人が誤解してしまいがちですが、「解熱=インフルエンザが治る」ではありません。また、熱が下がれば、インフルエンザを周囲にうつす心配もなくなるというのも間違いです。

厚生労働省では、インフルエンザの感染力は発症前日(潜伏期間)からあり、インフルエンザを発症した後も3~7日間は持続するとしています。また、解熱後もウイルスを排出するとして、周囲へうつす可能性があるとしているのです。

つまり、インフルエンザで解熱しても咳や鼻づまり、喉の痛み、下痢、頭痛といった症状が残っている場合は、まだ周囲にうつす可能性があります。そんな状態で仕事に復帰すると、会社で感染拡大が起こる可能性もあるでしょう。

そのため、解熱後2日間経過してもインフルエンザが疑われる症状がある場合は、仕事に復帰しないことが理想的です。やむを得ず出勤する場合は、必ずマスクを着用し、人ごみをなるべく避けるようにしましょう。

インフルエンザで出勤停止になったら診断書が必要?

基本的に、インフルエンザに感染したからといって、必ずしも診断書を会社に提出する必要はありません。ただし一部の会社では、診断書を求められるケースもあるようです。

診断書の料金は病院ごとに自由に決めることができるため、病院によって料金は異なりますが、インフルエンザの診断書の料金の相場は、3000円程度です。

診断書を求める側が用意した所定の用紙に記載する場合は、無料になる場合もあります。事前にかかりつけの医院に確認してみましょう。

おわりに

インフルエンザで出勤停止になった場合の期間や、仕事復帰の目安はお分かりいただけましたか?急激な発熱や、重い症状に襲われるインフルエンザ。大人であっても、急な発症には悩まされるものです。中には仕事や会社の人たちが気になって、自宅療養しても、なかなか気が休まらないという人もいることでしょう。

しかしインフルエンザの治療で一番大切なことは、しっかりと休養をとることです。無理をせず、疲れた体を休ませてあげましょう。

【薬剤師監修】
症状ごとの薬の選び方・使い方特集

豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあった薬を選ぶ
ポイントを解説します

【薬剤師監修】口内炎に効く薬の選び方

口内炎

【薬剤師監修】痔に効く薬の選び方

【薬剤師監修】水虫に効く薬の選び方

水虫

【薬剤師監修】抜け毛に効く薬の選び方

抜け毛

【薬剤師監修】妊娠検査薬の選び方

妊娠検査薬