インフルエンザの潜伏期間と感染力は?登校・出勤はいつから?

インフルエンザウイルスは感染力が強いウイルスです。そのためインフルエンザにかかった場合、外出を控え自宅療養する必要があります。インフルエンザの感染力や出席・出勤停止期間について解説!

インフルエンザウイルスは感染力の強いウイルスとして知られています。ウイルスの増殖スピードは非常に早く、16時間で1万倍もの数になります。

そのためインフルエンザに感染した場合は、学校は出席停止になり、会社も休暇を取る必要があります。ただ、いつまで休めばいいのかは意外と知られていないかもしれません。

この記事では、学校や会社に行けるのはいつからか、インフルエンザの潜伏期間や感染中の感染力について解説します。

インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?

インフルエンザの潜伏期間は1〜3日といわれています。風邪の潜伏期間は5〜6日で、インフルエンザの潜伏期間はほかのウイルス感染症と比べて、極めて短いといえます。

インフルエンザは潜伏期間中でも感染力があり、他人にうつる可能性があります。

インフルエンザウイルスの潜伏期間中は自覚症状がほとんどないため、知らず知らずのうちに身近な人にうつしてしまい、感染拡大につながってしまいます。

反対に身近な人がインフルエンザを発症した場合、潜伏期間中に接触していれば自身もインフルエンザウイルスに感染している可能性もあるため、体調の変化には十分注意しましょう。

インフルエンザの感染力は?

インフルエンザは潜伏期間後、発熱・頭痛・関節痛・咳・鼻水などの症状が3〜5日間続き、発症から5日程経つと症状が落ち着いて回復に向かっていきます。

症状が治まってもしばらくは体内にウイルスが存在しているため、感染力があると考えられています。抗インフルエンザ薬や解熱薬を服用した場合は早めに解熱することがありますが、体内にはインフルエンザウイルスは残っており、周囲にうつしてしまう可能性があります。

そのため、解熱後2日(幼児は3日)は外出は控えた方が良いとされています。

熱が出ない場合は、発熱や咳、喉の痛みなど、症状がはじまった日の翌日から7日目までをは感染力があると考えましょう。

いつから学校や会社に行ってもいい?

幼児・小学校・中学校・高校・大学について

インフルエンザは学校保健安全法に定められている感染症です。
子どもがインフルエンザに感染したことがわかった場合は、規定に定められた通りに学校を休まなくてはなりません。

インフルエンザ発症後の登校可能な日は、発症後5日および解熱後2日経過してからとされています。

幼稚園児は学校保健安全法、保育園児は保健所における感染症対策ガイドラインによって登園の日が定められています。
インフルエンザの登園可能な日は、発症後5日および解熱後3日経過してからとされています。

日数のカウントの方法は、発熱がみられた日を発症とし、発症した日・解熱した日を含まず、発症した翌日から1日、2日と数えましょう。

いつから出勤可能?

大人の場合は、出勤停止を定めた法律はありません。法的にはインフルエンザ発症中も出勤しても構わないのです。

しかし、感染拡大を防ぐためにも出勤の目安は、学校保健安全法に沿って「発症した後5日間、解熱後2日間経過してから」になっています。

ただし自己判断はせず、まずはインフルエンザでかかった医師にいつから出勤可能か相談しましょう。会社によっては、就業規則にインフルエンザ時の出勤停止等に関する決まりがある場合もあり、確認が必要です。

出社の際はマスクを着用するなど周りの人にうつさないよう、配慮を忘れないようにしましょう。

インフルエンザのぶり返しによる発熱に注意!

インフルエンザの高熱が一度下がり、再び発熱することがあります。

このインフルエンザのぶり返し症状を二峰性(にほうせい)発熱といいます。これはインフルエンザが治って再度インフルエンザに感染したわけではなく、ウイルスが体内に残っていることが原因で起こります。

個人差はありますが、おおむね発熱から3日目で一度熱は下がり、ぶり返す場合は5日目ごろに再び発熱することが多いとされています。

解熱後2〜3日は外出を控えるのは、ぶり返しが起こる可能性もあることが理由のひとつです。

おわりに

インフルエンザの潜伏期間と感染力についてお分りいただけたでしょうか。

インフルエンザは症状がでていない潜伏期間でも感染力を持っており、また、熱が下がった後も体内にいる間は感染力があります。

インフルエンザのシーズンは感染の有無にかかわらず、外出時のマスク着用と手洗い・うがいを徹底しましょう!

【薬剤師監修】
症状ごとの薬の選び方・使い方特集

豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあった薬を選ぶ
ポイントを解説します

【薬剤師監修】口内炎に効く薬の選び方

口内炎

【薬剤師監修】痔に効く薬の選び方

【薬剤師監修】水虫に効く薬の選び方

水虫

【薬剤師監修】抜け毛に効く薬の選び方

抜け毛

【薬剤師監修】妊娠検査薬の選び方

妊娠検査薬