花粉症でめまいが起こる!めまいの原因と対策を徹底解説

花粉症によるめまいは吐き気や耳鳴りなどを伴うこともあります。花粉症でなぜめまいが起こるのか、めまいの対策について解説します。

花粉症の代表的な症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりですが、めまいを感じる方もいます。

花粉症の症状がひどいと、めまいだけでなく吐き気を催したり耳鳴りがすることもあるため、不安を覚える方も少なくありません。

一見すると関係がなさそうにみえる花粉症とめまいですが、花粉症でめまいが起こる理由はいくつか考えられます。

この記事では、花粉症でめまいが起きる理由を詳しく解説。花粉症が原因で起こるめまいの対策を解説します!

花粉症によるめまいはなぜ起きる?

人間は、耳、目、皮膚や筋肉のそれぞれから感覚情報を取り入れます。この情報を脳が統合することで体のバランスを保っています。

この過程のどこかに異常があると、めまいが起こります。

鼻水・鼻づまりによる耳への影響

鼻と耳は耳管といわれる管でつながっています。

耳は、外耳・中耳・内耳の3つの部分にわかれていますが、めまいに関連しているのは耳の一番奥にある内耳です。

内耳には平衡感覚を司る働きがあり、平衡感覚に異常があるとめまいが起こります。

花粉症によるアレルギー性鼻炎により鼻に炎症が起こると、鼻の奥の耳管の入り口が狭くなり、内耳に影響が出てしまいます。

この場合に起こるのは「回転性めまい」と呼ばれるもので、視界がぐるぐる回ったり、自分の周りが回っているように見えるのが特徴です。

吐き気や耳鳴りを伴ったり、耳がつまったような感覚を覚えることもあります。

花粉症の症状による集中力の低下

花粉症で鼻水や鼻づまりが起こると、呼吸がしづらくなります。すると、脳が酸欠状態を起こします。睡眠中も呼吸が浅くなるため、日中ボーッとしてしまうこともあります。

また、花粉症の症状により頭痛が出ることもあり、集中力を低下させる一因になります。

このように感覚を統合する脳の働きが鈍り、体のバランスを崩してめまいが起こることもあるのです。

花粉症のストレスによる自律神経の乱れ

花粉症のシーズンは、症状に連日ストレスを感じることとなります。また、鼻水・鼻づまりによりなかなか寝付けなかったり、眠りが浅くなることもあります。

ストレスや睡眠不足は、めまいの要因となる自律神経の乱れを招きます。

この場合、頭痛やしびれなどの神経系の症状を伴うこともあります。

花粉症の薬の副作用

花粉症の薬を使用している場合、めまいは薬の副作用である可能性もあります。

ほとんどの花粉症の薬の添付文書の副作用の欄には、「めまい」が記載されています。ただし、その発生頻度は0.1%〜5%程度で、ごくまれなケースといえます。

このケースでは「浮動性めまい」と呼ばれるふわふわと体が宙に浮くような感覚が特徴のめまいが起こります。

花粉症で起こるめまい対策4選!

まずは花粉症の治療を!

まずは原因である花粉症の治療をしましょう。

花粉症の治療は、薬によって症状を抑えることが基本となります。病院を受診したり市販薬を使用するなどして、花粉症の症状を抑えましょう。

病院では、鼻水・鼻づまりなどの症状の程度に応じて薬を処方してもらえます。市販薬にも、処方される医療用医薬品と同じ成分を配合したものがあります。

市販薬の選び方について、詳しくは関連記事をごらんください。

鼻の粘膜に花粉をつけない

症状を悪化させないためにも、鼻の粘膜に花粉がつかないようにすることも大切です。日頃からマスクの着用を心がけましょう。

マスクは、花粉の飛散の多いときには吸い込む花粉をおよそ3分の1から6分の1に減らすことができるといわれています。

花粉の飛散量が多いのは、湿度が低く風の強い日や晴れて気温の高い日です。場合によっては、屋外に出ないようにするなどの対策も必要です。

薬をいったん中止・別の薬に変更する

薬の服用を中止したときにめまいがおさまれば、薬が原因の可能性もあります。薬による副作用が考えられる場合には、薬の変更を検討しましょう。

病院で薬をもらっている場合は、医師にめまいが出ることを申し出てください。市販薬を使用している人は、薬剤師に相談しましょう。

激しいめまいが起こったときは安静に

万が一激しいめまいが起きた場合は、光や音の刺激を避け、体を動かさずにじっとしておきましょう。

吐き気や嘔吐を伴うこともあるため、衣類をゆるめて横になったり、静かな部屋で安静にするのがおすすめです。

おわりに

花粉症に関わらずめまいが起こる原因はさまざまなことが考えられます。

めまいがなかなか改善しない場合は、耳に関する病気や脳や神経に異常が起きている可能性もあります。

症状に不安がある場合は、耳鼻科や神経内科などの医療機関を早めに受診しましょう。

ミナカラ
【現役の薬剤師が教えます】

口内炎に効くお薬の
選び方・使い方

口内炎の市販薬には塗り薬や貼り薬、飲み薬、スプレー、うがい薬など剤形のバリエーションが豊富で選ぶのが困難です。
豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあったお薬を選ぶポイントを特集しています。