インフルエンザに市販の風邪薬は使える?

インフルエンザで市販薬を使用する際に気をつけるポイントを解説。使用可能な市販薬、使用を控えるべき市販薬もご紹介します!

インフルエンザに市販薬は効く?

インフルエンザは、一般的な風邪と同じくウイルスに感染することで起こる感染症の一種です。

ただし、風邪と異なるのはウイルスの種類。インフルエンザウイルスに直接効く薬は、処方薬の抗インフルエンザ薬のみになります。インフルエンザウイルスに効く市販薬は現状ではまだありません。

インフルエンザのときに市販薬を使用する場合は、熱や痛みへの対症療法として使用することになります。

基本的にインフルエンザの感染が疑われた場合は、合併症や重症、感染拡大を防ぐためにも病院を受診することを覚えておきましょう。

その上で、夜間や休日で病院が閉まっているとき、どうしても病院に行けないときなどのつらい症状に市販薬を活用します。

この記事では、インフルエンザに市販薬を使用するときに注意すべきポイントを解説します。

インフルエンザに使える市販薬は?

インフルエンザのときに市販薬を使う場合は、薬の成分に注意が必要になります。成分によっては、重篤な副作用を引き起こす可能性もあります。

インフルエンザのときでも比較的安全に使用可能な薬をご紹介します。

アセトアミノフェン成分の薬

アセトアミノフェンは、体温調整中枢や中枢神経に作用して、解熱・鎮痛効果を発揮する成分です。血管を拡張して体から熱をのがし、痛みの感じ方を鈍くする作用があります

穏やかに効いて副作用も少ないことから大人はもちろん子どもにも使用できます。

インフルエンザで解熱鎮痛剤を使う際に、気をつけなければならないのが副作用の問題です。特に乳幼児や小児の場合は、インフルエンザ脳炎・脳症やライ症候群など重篤な副作用の出現を避けるためにも、解熱鎮痛剤の成分に意識して選択する必要があります。

アセトアミノフェンの解熱鎮痛剤は、病院で処方される抗インフルエンザ薬との併用もでき、副作用が少ないことからも子どもにも使いやすい薬とされています。

アセトアミノフェン単一の成分を使用している市販薬では、タイレノールA、ラックル、小児用バファリンチュアブルなどがあります。

麻黄湯

病院で処方される麻黄湯は、効能効果に「インフルエンザ(初期のもの)」と明記されており、国内の医療の現場でもインフルエンザに麻黄湯が使用されるケースがあります。

最近の研究により、麻黄湯には汗を出して熱を下げる効果と体の防御機能を高めることで、インフルエンザウイルスに抵抗する効果があることがわかってきました。

麻黄湯には市販されているものもあり、

 

インフルエンザに使えない市販薬は?

インフルエンザのときには以下の成分が含まれている市販薬の使用は避けてください。

・サリチル酸系解熱鎮痛薬(製品名:アスピリン、エテンザミド)
・ジクロフェナクナトリウムを含む解熱剤(製品名:ボルタレン、ブレシン等)
・メフェナム酸を使った解熱剤(製品名:ポンタール)

特にアスピリンは、他の解熱剤と比べて副作用のリスクが高いため、使用はお控えください。因果関係はまだわかっていませんが、ライ症候群を引き起こすという疫学調査の報告もあります。

市販薬を選ぶ時には、必ず成分名を確認してください。不明な点は購入時に薬剤師に確認しましょう。

ACE処方・AAC処方の薬

ACE処方、AAC処方とは、風邪薬に良く使われる成分配合です。

ACE:アセトアミノフェン、無水)カフェイン、エテンザミド
AAC:アセトアミノフェン、アスピリン、(無水)カフェイン

この中には、インフルエンザのときに使用を控えるべきエテンザミドやアスピリンが含まれているため、使用は控えてください。

総合感冒薬には注意

総合感冒薬は、複数の症状に総合的に効果を発揮するように作られているため、特定の症状への効果は比較的強くありません。また、使用を避けるべき成分が含まれている可能性も高くなります。

熱や痛みを緩和させるためには、症状にピンポイントに効く解熱鎮痛剤を使用しましょう。

おわりに

インフルエンザで市販薬を使うときは、あくまで応急処置であり対症療法です。早期治療のためにも病院で検査を受けて抗インフルエンザ薬を処方してもらうことが大切です。

インフルエンザの流行時期は普段から栄養と休養をしっかりとって、免疫力を落とさないように注意しましょう!

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。