IQが高い人は統合失調症になりにくいことが判明

映画などのイメージから「極端に頭の良い人は統合失調症になりやすい」と考える人も多いかもしれません。しかし、IQの高い人ほど統合失調症が発症しにくいという研究結果が発表されました。

はじめに

アカデミー賞4部門を受賞した映画「ビューティフル・マインド」(Beautiful Mind, 2001)のモデルとなったジョン・ナッシュ(John Nash)は、ゲーム理論によりノーベル経済学賞を共同受賞した実在の天才数学者であり、統合失調症に苦しんでいたことが知られています。

映画の印象から、「天才的頭脳の持ち主は統合失調症になりやすい」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際は逆のようです。

バージニア・コモンウェルス大学とスウェーデンのルンド大学で行われた研究により、IQの高い人ほど統合失調症が発症しにくいことが明らかになりました。

兄弟と比べIQが低い人は特に統合失調症のリスクが高い

American Journal of Psychiatry誌に掲載された研究では、1951年から1975年に生まれた120万人以上のスウェーデン人男性の、18歳から20歳の時のIQテストの結果と、その後2010年までの間の統合失調症による入院歴を分析しました。

その結果、IQが1ポイント下がるごとに統合失調症発症率は3.8%高くなり、特に兄弟やいとこと比べIQが低い男性でリスクが高かったとのこと。

また、遺伝的に統合失調症リスクが高いグループでもIQが低いほど統合失調症発症率は高かったそうです。

論文の筆頭著者でバージニア・コモンウェルス大学医学部の精神科のKenneth S. Kendler教授によると、親族のIQから予測されるIQと比べ低い場合、統合失調症のリスクが高いとのことで、「遺伝的因子や家庭環境から予測されるIQに達していない人々で、統合失調症のリスクは最も高いようです」とKendler教授は語っています。

IQが高ければ統合失調症のリスクが完全にないというわけではなく、統合失調症患者がみなIQが低いというわけでもありません。前述の天才数学者ジョン・ナッシュのようなケースもあります。

しかし、ナッシュの例からイメージするような「極端に頭の良い人は逆に統合失調症になりやすい」ことを示すようなグラフの跳ねは見られなかったとのことです。

おわりに

家系から予測されるIQに達しなかった理由として考えられる環境要因、たとえば胎児期のストレスや幼児期の外傷・疾患、若年期からの薬物らん用などが高い統合失調症発症率と関わっている可能性も示唆されるとのこと。

IQが高ければ絶対に統合失調症にならないわけではなく、統合失調症患者が全員IQが低いわけでもありませんが、「天才に統合失調症が多い」「統合失調症は頭の良い人がかかりやすい病気」というのは文学作品やポップカルチャーの影響による誤った認識のようです。

ミナカラ
【現役の薬剤師が教えます】

口内炎に効くお薬の
選び方・使い方

口内炎の市販薬には塗り薬や貼り薬、飲み薬、スプレー、うがい薬など剤形のバリエーションが豊富で選ぶのが困難です。
豊富な種類のお薬の中からあなたの症状にあったお薬を選ぶポイントを特集しています。