抗インフルエンザ薬の予防投与【タミフル・イナビル・リレンザ】

抗インフルエンザ薬は治療だけではなく、予防投与も可能です。タミフル・イナビル・リレンザを予防で使用する場合のそれぞれの使い方・注意点などを詳しく解説します。

今年もインフルエンザ感染の流行シーズンがやってきました。

インフルエンザの予防接種・手洗い・マスクと、どんなに予防を万全にしていても、人生をかけた受験期がインフルエンザの流行期と重なる受験生など、大切なイベント間際に体調を崩せない方は心配が尽きないと思います。

どうしてもインフルエンザに感染したくない!そんなとき、インフルエンザの予防に、タミフル、リレンザ、イナビルなどの抗インフルエンザ薬が役に立つことご存知でしょうか。

この記事では、抗インフルエンザ薬の予防投与について解説します。

抗インフルエンザ薬の予防投与とは?

抗インフルエンザ薬には、インフルエンザウイルスの増殖を抑える作用があり、感染前にあらかじめ薬を使用することで、結果的にインフルエンザを予防することにつながります。

「インフルエンザ感染者と接触しインフルエンザに感染する可能性が高い状況」「インフルエンザに感染したらどうしても困る状況」といった「イザという時」に、抗インフルエンザ薬の予防投与が可能です。

ただし、抗インフルエンザ薬を乱用することで、薬に耐性を持つインフルエンザウイルスが氾濫することを防ぐために、予防投与にはいくつかの条件や注意があります。

抗インフルエンザ薬の予防投与の条件

予防投与の条件の基本は「家族や身の周りで生活している方がインフルエンザになった場合」とされています。

インフルエンザ治療薬の添付文書には以下のように記載されています。

予防に用いる場合には、原則として、インフルエンザウイ ルス感染症を発症している患者の同居家族又は共同生活者 である下記の者を対象とする。
(1)高齢者 (65 歳以上)
(2)慢性呼吸器疾患又は慢性心疾患患者
(3)代謝性疾患患者 (糖尿病等)
(4)腎機能障害

タミフル添付文書

つまり、基本的にはインフルエンザの感染と重症化のリスクが高い方の予防が目的とされています。

では、家族などに感染者がいない時に予防のために薬を処方してもらうには、どうすればいいのでしょうか。それは、医師に相談することです。

人生のかかった受験や大事な商談など、インフエンザにかかるわけにはいかない事情は人それぞれ。事情を医師に相談することで処方箋を貰えるケースがあります。

ただし、基本的には抗インフルエンザ薬には処方のための条件があるため、予防目的では処方箋を出さない病院や医師もいます。予防目的での処方が可能かどうか事前に病院側に確認することをおすすめします。

抗インフルエンザ薬の予防効果は10日程度

予防投与による効果は、基本的に薬を投与していている間の10日程度です。

そのため、抗インフルエンザ薬を予防に使う時は「ここぞ!」という時に使うことが大事です。絶対にインフルエンザにかかるわけには行かない日や期間に合わせて予防投与することを覚えておきましょう。

抗インフルエンザ薬の予防投与は全額自己負担

インフルエンザの予防目的で薬を処方してもらう場合は、家族にインフルエンザ患者がいたとしても保険適用外になってしまうため、全額自己負担になります。

また、薬の値段だけでなく、病院の診察料や調剤技術料、薬学管理料などがかかるためその総合計額を負担することになります。

抗インフルエンザ薬の予防投与の用法・用量

それぞれ予防投与のときの用法用量です。治療で使うときの用法用量は異なるためご注意ください。

吸入薬:イナビル(成分ラニナミビル)

通常、成人及び10歳以上の小児にはイナビル吸入粉末剤40mg(吸入器2個分)を、1日1回専用の吸入器を用いて吸入します。また、イナビル吸入粉末剤20mg(容器1個分)を1日1回、2日間吸入することもできます。

10歳未満の場合は、イナビル吸入粉末剤20mg(容器1個分)を1日1回吸入します。

予防投与で10日間の効果を期待出来ます。服用開始から10日以降のインフルエンザウイルス感染症に対する予防効果は確認されていません。

関連記事:【インフルエンザ予防薬編】「イナビル」の予防使用方法・予防効果・予防期間・価格などのまとめ

吸入薬:リレンザ(成分ザナミビル)

通常、成人及び小児には、ザナミビルとして1回10mg(5mgブリスターを2ブリスター)を、1日1回、10日間、専用の吸入器を用いて吸入します。

インフルエンザウイルス感染症に対する予防効果は、リレンザを連続して服用している期間の10日間のみ持続します。

関連記事:【インフルエンザ予防薬】「リレンザ」の予防使用方法・予防効果・予防期間・価格まとめ

錠剤:タミフル(成分オセルタミビル)

◼︎成人

通常、オセルタミビルとして1回75mg(タミフル1カプセル分)を1日1回、7~10日間服用します。

◼︎体重37.5kg以上の小児

通常、オセルタミビルとして1回75mg(タミフル1カプセル分)を1日1回、10日間服用します。

ドライシロップ:タミフル(成分オセルタミビル)

◼︎成人

通常、オセルタミビルとして1回75mgを1日1回、7~10日間、水に溶かして服用します。

◼︎幼小児

通常、オセルタミビルとして1回2mg/kg(ドライシロップ剤として66.7mg/kg)を1日1回、10日間、水に溶かして服用します。

ただし、1回あたりオセルタミビルとして75mgとなるようにします。病院で個人に合わせて処方されるため、医師の指示通りに服用しましょう。

インフルエンザウイルス感染症に対する予防効果は、タミフルを連続して服用している期間の10日間のみ持続します。

関連記事:【インフルエンザ予防薬】「タミフル」の使用方法・予防効果・予防期間・価格まとめ=家族や身近な人が感染したら

抗インフルエンザ薬の予防投与の注意点

予防接種は必ず受けておきましょう!

インフルエンザの予防の基本は予防接種(ワクチン療法)になります。

抗インフルエンザ薬の予防投与の効果は10日間だけのもので、5ヶ月間効果を発揮する予防接種に置き換わるものではありません。

また、抗インフルエンザ薬の予防目的の使用は、インフルエンザの感染と発症リスクを下げることは海外の研究結果からも分かっていますが、100%完全なものではないので、予防投与をしてもまれに感染してしまう方もいます。

その点からも予防接種は受けておいた方が良いでしょう。

A型・B型インフルエンザウイルスに効果あり

予防投与では、例年流行するA型・B型インフルエンザウイルスに予防効果を発揮します。

ただし、C型インフルエンザウイルスと、治療薬に耐性を持ったインフルエンザウイルスには十分に効果を発揮しないこともあります。

また、インフルエンザウイルスに特化した薬なので、他の細菌などによる感染症には予防効果がありません。

妊娠中・授乳中は予防投与が可能?

タミフル・リレンザ・イナビルの添付文書によると、予防に限らず治療においても、妊娠中の方には「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること」、授乳中の方には「投与する場合には授乳を避けさせること」という記載があります。

しかし近年厚生労働省をはじめ、日本産婦人科医会などの各学会から妊娠中や授乳中においても、「胎児や乳児に重大な影響を及ぼす可能性はない」「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される」という発表がされています。

妊娠中や授乳中の方は、必要に応じてタミフル・リレンザ・イナビルなどの抗インフルエンザ薬の予防投与をかかりつけ医に相談してみてください。

おわりに

抗インフルエンザ薬の予防投与は、「いざ!」という時に使う方法ではありますが、予防投与があることを知り、ご予定やご希望に合わせていざという時は病院で相談してみてください。

抗インフルエンザ薬の予防投与を行うときは、以下のことを理解しておきましょう。

●用法用量は医師・薬剤師の指示を必ず守りましょう。

●副作用も存在する医薬品です。いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。

●症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。使用が決まった際はまずは安心して処方通り決められたとおりにご使用ください。

ミナカラ
インフルエンザの基礎知識・予防・治療・お薬まで

インフルエンザ特集2016〜2017

インフルエンザは例年12月から2月にかけて猛威を振るいます。
インフルエンザ予防の予防接種・感染しないための方法や、もしかかってしまった場合の対処について特集しています。