風邪をひいて病院へ行ったらクラビットなどを処方される方はけっこういるのではないでしょうか?また飲んでいてもなかなかよくならないという経験をした方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は簡単にではありますがクラビットの風邪の際に使用される効果について説明していきます。

クラビットの効能・効果については別記してありますのでそちらをご覧ください。

参考:クラビットの効能・効果

 

クラビットの風邪への効果について

クラビットはニューキノロン系の抗菌剤で昔からある薬ですのでご存知の方も多いかと思います。

クラビットは風邪の際に他の抗菌剤と同じくらいの頻度で処方されることがあります。

また効果で直接の解熱・鎮痛の作用はありませんので、クラビットを飲んで熱が下がらないからといって効いていない訳ではありませんので注意してください。

熱が下がらない方などは解熱・鎮痛の薬は他の薬で出てはいないでしょうか?熱がある場合にはカロナールロキソニンブルフェンなどのお薬がよく出ます。そちらが解熱・鎮痛の薬になります。

 

風邪には細菌性の風邪とウィルス性の風邪と2種類ありまして、クラビットは細菌などのDNA複製を阻害して殺菌効果を出す薬で細菌が原因になる風邪に効きます。しかしながらウィルス性の風邪などには効果がありません。

例えばインフルエンザ、手足口病、突発性発疹、プール熱、おたふく風邪などはウィルスによるものですので効果がありません。

しかしそれでもクラビット含む抗菌剤はよく処方されます。その理由として考えられるのは以下があります。

  1. 病院での診察の際の短い時間では細菌性の風邪かウィルス性の風邪かの診断が難しく、細菌性の風邪だった場合にも対応できるようという考えで処方されている。
  2. 風邪はウィルスと細菌の両方に重複感染している場合もあるのでそれにも対応するため。
  3. 風邪をひくと体の免疫力が衰えますので細菌による感染症にかかりやすい状態になっていることが多いです。そのため二次感染を防ぐ目的でもクラビットが処方されている。

上記理由により処方されていると思われますので、風邪の際のクラビットの効果は実感しづらいですが処方された日数分は服用をやめずしっかり飲みましょう。

 

クラビットを服用する際の注意点

クラビットを多用するのはあまりよくありません。クラビットは細菌を殺してくれていい薬のように思えますが、腸内細菌などの良い菌も殺してしまうため下痢などになる場合があります。

ですので軽い風邪の場合には抗菌剤をあまり使わずにもともと体に備わっている免疫力で治していくことが大切です。

また高齢者では副作用が出やすいという報告がありますので、飲む量や飲む期間を考慮する必要があるため医師とよく相談しましょう。

妊婦や妊娠している可能性のある方は基本的に服用しないこととなっていますのでご注意ください。授乳中の方に関してはクラビット服用中は授乳を避けることとなっていますのでこちらも医師と相談しましょう。

 

終わりに

クラビットは比較的安全な薬ですが、医師の指示を守らないと副作用などの危険もありますので用法用量をしっかり守って服用しましょう。

また服用していて下痢以外にも何か気になることあればすぐに医師に相談しましょう。