レボフロキサシンは、細菌感染の治療を目的に処方されるニューキノロン系の抗菌剤で、同じ薬効と成分を持つ「クラビット」のジェネリック医薬品になります。
レボフロキサシンは高い感染率を誇るクラミジアにも効果がありよく処方されています。しかし、クラミジアに無自覚症状の特徴があることや薬の飲み方を誤ると薬の効果が発揮できないこともあり、正しく使用することが大切です。
レボフロキサシンのクラミジアに対する効果や飲み方、使用期間について解説します。クラミジアなどの感染症を改善するために、抗菌剤の正しい使用法を確認しましょう。
クラビットについての詳細はお薬辞典をご参照ください。

レボフロキサシン感染にクラビットは効果がある?

レボフロキサシンがクラミジアに効果があるかどうかについて、添付文書の効能効果で確認してみると、対応菌種にクラミジア トラコマティスがあり、抗菌作用の有効性も記載されています。
クラミジアの原因はクラミジア トラコマティスという直径0.3ミクロンの小さな細菌で、性器や咽頭(のど)に症状が現れ、性行為がきっかけとなり感染します。
レボフロキサシンがクラミジアに「効果がないのでは?」という話もありますが、クラミジアかどうかを自分で判断しレボフロキサシンを使用するといったケースが見られることもあり、正しい使い方がされていないことが伺えます。
基本的には、医師による適切な診断により、処方された薬を指示通り正しく服用すれば、クラミジアの改善は十分に期待できます。

レボフロキサシンをクラミジアで使う時の飲み方や用法、使用期間は?

クラミジア治療する上での飲み方ですが、500mgを1日1回服用するだけと、とってもシンプルなので飲み忘れしにくく便利です。
どのくらい続けて飲むかというと、一般的には7~14日間が目安になります。
500mgを服用する効果については、100mgを1日3回服用するよりも耐性菌の発生を抑える効果が期待できることが添付文書にも記載されています。
レボフロキサシンは服用回数を増やしても、薬の効果が高まるわけではありませんので、決められた回数は必ず守るようにしてください。

本剤の500mg1日1回投与は、100mg1日3回投与に比べ耐性菌の出現を抑制することが期待できる。
本剤の投与にあたり、用量調節時を含め錠250mg及び細粒10%を用いる場合も分割投与は避け、必ず1日量を1回で投与すること。

レボフロキサシンの症状が治まっても自己判断での中止はNG

レボフロキサシンを飲み始めたら、早い場合で1週間ほどで症状が治まります。改善したかのように思うことがあるかもしれませんが、最後まで処方された薬を飲み切りましょう。
症状の有無だで服用を止めてしまうと、体内に残っている細菌を見逃すきっかけとなり、再発を繰り返してしまいますので自己判断はしないようにしましょう。
また、症状がなくてもまだ感染している可能性があるのがクラミジアの特徴です。必ず医師に指示された用量・用法をしっかり守り、再検査で完治が確認されるまでは気をぬかないようにしましょう。