アシノンZ

ゼリア新薬工業

市販薬 カプセル

基本情報

副作用

■以下のような症状が持続する場合や悪化が見られた場合は、使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
・便秘
・下痢
・口のかわき
・はきけ

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ、のど・まぶた・口唇等のはれ
精神神経系:頭痛、眠気、めまい、手足・口のしびれ、混乱感

■稀に以下のような重篤な症状が現れることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

[症状の名称:症状]
・ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
・皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。
・中毒性表皮壊死融解症:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。
・肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
・血液障害:のどの痛み、発熱、全身のだるさ、顔やまぶたの裏が白っぽくなる、出血しやすくなる(歯茎の出血、鼻血等)、青あざができる(押しても色が消えない)等があらわれる。

使用上の注意点

■以下のような方は使用しないでください。

・ニザチジン等のH2ブロッカー薬によりアレルギー症状(例えば、発疹・発赤、かゆみ、のど・まぶた・口唇等のはれ)を起こしたことがある方。
・医療機関で次の病気の治療を受けている方。
  血液の病気、腎臓・肝臓の病気、胃・十二指腸の病気、ぜんそく・リウマチ等の免疫系の病気
・医師から赤血球数が少ない(貧血)、血小板数が少ない(血が止まりにくい、血が出やすい)、白血球数が少ない等の血液異常を指摘されたことがある方。
・高齢者(80才以上)。

■以下のような方は医師、薬剤師などに相談してください。

・医師の治療を受けている方。
・薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある方。
・高齢者(65才以上)。
・次の症状のある方。
  のどの痛み、咳及び高熱、原因不明の体重減少、持続性の腹痛

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中の方、または妊娠している可能性のある方は使用しないでください。

■授乳中の方は使用しないでください。

■15歳未満の子供は使用しないでください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■アシノンZを使用している間は、以下の薬は使用しないでください。
・ステロイド剤
・抗生物質
・抗がん剤
・アゾール系抗真菌剤
・他の胃腸薬

■他の薬を使用している場合は、アシノンZを使用する前に医師、薬剤師などに相談してください。