最近では、中高年の方だけでなく20代の方でも肩こりに悩んでいる人が多くなっています。
長時間のパソコンや運動不足、姿勢の悪さなどからのライフスタイルが原因で肩こりになってしまうと言われています。

「肩の張りが辛い方」
「肩の重みが気になって集中できない方」
「肩や首がガチガチな方」

そんな肩こりの症状で困っている方には、嵐のメンバー二宮和也さんがコマーシャルをする「サロンパスA」を使ってみてはいかがでしょうか。
発売から80年経つ「サロンパス」の成分や効果、特徴を紹介したいと思います。

【サロンパスA レギュラーサイズタイプ】

サロンパスAe

商品価格:¥ 959

効果効能

・肩こり、筋肉疲労、捻挫、打撲、骨折痛、腰痛、関節痛、筋肉痛、しもやけ など
 

サロンパスAに含まれる有効成分

・サリチル酸メチル      6.29g
・ℓ‐メントール          5.71g
・ビタミンE酢酸エステル   2.00g
・dl‐カンフル           1.24g
 

有効成分の特徴について

【サリチル酸メチル】
鎮痛消炎作用があり、筋肉や関節の痛みや腫れを和らげてくれます。

【ℓ‐メントール】
心地よい清涼感が付着直後直ぐに感じられ、痛みの緩和やシップ剤、テープ剤の肌への違和感を無くしてくれます。

【ビタミンE酢酸エステル】
血行促進作用があり、血行が良くない患部の血行良くして痛みを緩和する働きがあります。

【dl‐カンフル】
鎮痛消炎作用や血行の改善の効果があり、筋肉や関節痛の他にしもやけや軽度な凍傷にも効果があります。
 

サロンパスは高分子吸収体使用で肌に優しい

高分子吸収体とは、おむつや保冷剤、消臭剤や土壌保水剤に使われ、水などの吸収力に優れています。

サロンパスの基剤も高分子吸収体が使用されており、貼っている患部の汗を吸収し皮膚への刺激を抑えて、かぶれや肌荒れを起こしにくくする外用鎮痛消炎剤が基剤になっています。

そのため、汗をかきやすい夏場や寝ている間でも、サロンパスは優しく肌を守ってくれます。

※ 肌の弱い方や長時間貼りっぱなしにすると、肌荒れを起こす場合もありますので、定期的に張り替えたり、肌を休めるようにしましょう。
 

サロンパスの貼り方とタイミング

サロンパスの貼るタイミングは、寝る前がとても効果的です。
寝ている間に、サロンパスの有効成分が筋肉の血行を良くし痛みと筋肉の疲労を解消してくれます。
 

【おススメの貼り方で痛みを解消】

『肩こりがひどい場合』
肩のハリ、コリ、重みには首筋から肩にかけてサロンパスを筋に沿って2枚ほど貼ると(背中から見るとサロンパスがハ字に見えます) 肩の症状が和らぎやすいです。
また肩と合わせて、肩甲骨と背骨に縦に貼ると(背中からは介の字に見えます)首や肩のガチガチ感が解消されます。

『立ち疲れの場合』
立ち疲れや歩き疲れには、サロンパスをふくらはぎに貼ると効果的です。
この時、サロンパスをふくらはぎを挟むように貼ると疲れが取れやすくなります。

『ヒール疲れ』
足の甲と土踏まずのあたりに、両側から挟むように貼ると血行促進につながり、足の疲れが取れやすくなります。
 

サロンパスの使用上に注意

【次の患部へのサロンパスの使用は止めてください】
目の周囲、粘膜、湿疹、かぶれ、傷口 etc...

【副作用などの注意】
皮膚に、皮膚はく離、発疹、発赤、かぶれ、色素沈着、かゆみなどの症状が現れた場合は直ちに使用を止め、医師や薬剤師、登録販売者に相談しましょう。
 

まとめ

サロンパスは、貼付薬タイプだけでなく塗付薬タイプなど、現在EXILEが紹介しているエアーサロンパス(スプレー式)などもあります。
特にスプレータイプは、スポーツの後などに簡単に使用することができ、痛みや筋肉疲労に優れた効果を発揮してくれます。

毎日の疲れた体にサロンパスを貼って、仕事などで使った筋肉を労わってあげましょう。
最後に、薬やアレルギー症状を起こしたことのある方は、医師に相談することをお勧めします。