病気の治療に薬の服用はかかせません。しかし、苦い・飲みにくいなどの理由で薬を飲むのを嫌がる子どもが多いのも事実です。

なかなか薬を飲んでくれない子どもに手をやく保護者の方も多いのではないでしょうか。

子どもにも身近な病気の治療薬や予防薬として、ジスロマック細粒小児用10%という薬を処方されることがあります。
この記事では子どもに抵抗なくジスロマック細粒小児用10%を飲んでもらえる飲ませ方、薬の副作用などについて紹介していきます。

ジスロマック細粒小児用は牛乳やアイスクリームなどで飲むと苦味を抑えられる

ジスロマック細粒小児用の味は、パイン・オレンジミックス風味がして甘いのですが、薬の原末は苦い味です。
薬を飲んでいる最中に、原末をコーティングしている甘い成分が剥がれると苦味を感じます。

そこで一緒に飲むと苦味を感じにくいものには次のようなものがあります。

【飲み物】
牛乳、コーヒー牛乳、ウーロン茶

【食べ物】
プリン、バニラ・チョコアイスクリーム

これらの飲み物・食べ物は、薬のコーティングをはがしにくいため、苦味を抑えて薬を飲むことができます。

アイスクリームなどは、薬をサンドしてしまうことで薬自体をコーティングできるので、一緒に飲むのにおすすめです。

近年、子どもに薬を飲みやすくするため、ゼリー状のオブラートなどの商品も増えてきました。
子どもに安心して薬を飲んでもらうために、このような商品に頼るのもひとつの方法です。

龍角散 おくすり飲めたね チョコレート味

ジスロマック細粒小児用はスポーツドリンク・ジュース・ヨーグルトなどと味の組み合わせが悪い

ジスロマック細粒小児用はスポーツドリンクジュース(特に柑橘系やりんご)、ヨーグルトなどと一緒に飲むと苦味が増強されてしまいます。

これらのような酸性・酸度の強いものは、苦味をおさえている薬のコーティングを溶かしてしまうため、苦味を感じやすくさせてしまうのです。

ジスロマック細粒小児用を処方される時、病気や症状によって他のいくつかの薬と一緒に処方されることもあります。
もし同時処方の薬が酸性薬剤だったとしたら、ジスロマック細粒小児用と一緒に飲むと苦味が増強されることがあります。

薬は苦いからと、数種類の薬を一気に飲ませようとする保護者の方もいます。
しかし、苦味をおさえて薬を飲ませる上で大切なことは、数種類の薬を処方されてもジスロマック細粒小児用だけは別で飲むことです。

そして、一度薬を飲んだら、水などで口の中をきれいにしてから次の薬を飲むことです。口の中に薬を残さないことで、薬同士が合わさることで生じる苦味の発生を抑えることできます。

ジスロマック細粒小児用はこんな時に使われる薬です

ジスロマック細粒小児用は、主に細菌が原因の感染症の治療・予防に使われる薬です。
子どもに身近な病気だと、風邪症状があらわれた時に処方されることもあります。

本来、風邪とはウイルスによって引き起こされるものですが、細菌による二次感染の予防目的や、喉や鼻などにあらわれている症状が細菌によって引き起こされていると診断された場合、処方されることがあります。

また、呼吸器系の疾患やマイコプラズマにも有効な薬でもあります。

ジスロマック細粒小児用の副作用

ジスロマック細粒小児用の副作用には次のようなものがあります。

下痢、発疹、嘔吐、吐き気、かゆみ、腹痛、発疹、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎悪化、多汗症、皮膚乾燥、紅斑、水疱、皮膚剥離、寝汗、多形紅斑、光線過敏性反応(光にあたるとその部分が赤くなる)など

これらの症状があらわれたら使用を一旦やめ、医療期間に相談するようにしてください。

また、稀ではありますが、呼吸困難や喉が腫れる、皮膚や白目が黄色くなる、ショック症状などの重篤な副作用があらわれる可能性もあります。

普段とは違う違和感を感じたらただちに使用を中止し、医療期間を受診してください。
また、重篤な副作用についてはこちらに一覧があるのでご覧ください。

参考:ジスロマック細粒小児用10%(処方薬)

ジスロマック細粒小児用を飲むと副作用として眠気がでる?!

ジスロマック細粒小児用の副作用に眠気はありません。

例えば、ジスロマック細粒小児用を風邪症状があらわれた時に処方されたとします。
その場合、同時にアレルギー症状に効果を発揮する薬が処方されることがあります。

アレルギーに対する薬には、眠気を誘発するものがあります。

ジスロマック細粒小児用の服用時に眠気を感じた時、もし、同時に飲んでいる薬があったら、ジスロマック細粒小児用ではない、もう一方の薬に眠気の原因があると考えられます。

ジスロマック細粒小児用を飲むにあたって注意すべきこと

① 既に飲んでいる薬がある場合は医師・薬剤師に確認すること
ジスロマック細粒小児用の処方時に、既に飲んでいる薬があれば医師・薬剤師に相談しましょう。
薬によっては相互作用で重篤な副作用を招く場合もあります。

② 抗生剤は処方された量をきちんと飲みきりましょう
ジスロマック細粒小児用は、抗生剤といわれる高い効果が期待できる薬です。
そのため一度薬を飲みはじめると、数日で病気の症状が劇的に改善され、まるで完治したかのような状態になる場合もあります。
しかし、それは症状が改善しただけであって病気が完治したわけではありません。症状をぶりかえさず、完治させるためには、処方された分の薬を飲みきることが大切です。

ジスロマック細粒小児用は医師・薬剤師の指示のもと正しく使用しましょう

薬の処方は患者の体重や症状によって変わってきます。

用法・用量、服用回数や服用期間など、医師・薬剤師の指示をまもり、ただしく使用するようにしましょう。

ジスロマック細粒小児用以外の粉薬の飲み合わせ対策については、こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:苦い薬もへっちゃら!粉薬をおいしく飲みやすくする食べ物や飲み物リスト