アレルギー性鼻炎や花粉症で使われるシングレアを解説

シングレアは花粉症にも処方されるアレルギー疾患の薬です。シングレアはとくにアレルギー性鼻炎など鼻づまりに対して効果があります。シングレアの効果や効かないと感じたときの対処法について解説します。

医療用医薬品のシングレア(成分名:モンテルカスト)は、気管支喘息や花粉症などのアレルギー性鼻炎に使われる薬です。

この記事ではシングレアの効果のメカニズム、シングレアが効かない、効果が感じられない場合の対処法を解説します。

シングレアは花粉症の鼻づまりに高い効果あり

シングレアは花粉症などのアレルギー性鼻炎症状のうち、とくに鼻づまりに対して効果が期待できるとされている薬です。

シングレアがくしゃみ・鼻水以外に、鼻づまりに対して優れた効果が確認された検証例がいくつか報告されています。

季節性のアレルギー性鼻炎(花粉症)を持つ患者を対象とした検証で、シングレアの主成分であるモンテルカストを1日1回就寝前に2週間投与した結果、くしゃみ・鼻水・鼻づまりに複合的に作用して鼻炎症状をおさえるほか、鼻づまりによる睡眠障害にも治癒効果を発揮することが確認されました。

シングレアは鼻づまりの原因物質を抑える

鼻づまりは、くしゃみ・鼻水と共にアレルギー性鼻炎の三大症状といわれていますが、一括りにアレルギー性鼻炎といっても症状によって原因となるアレルギー物質が異なります。

くしゃみ・鼻水の原因となるアレルギー物質はおもにヒスタミンですが、鼻づまりにはおもにロイコトリエンと呼ばれる物質が関与しているとされています。

どちらも普段は鼻の粘膜にある肥満細胞に多く存在し、花粉やハウスダストを吸い込んだ際に分泌されます。

シングレアはロイコトリエンの働きを抑えるロイコトリエン拮抗薬で、体内のロイコトリエンの働きを阻害することでアレルギー症状をおさえます。

鼻づまりの主な原因であるロイコトリエンに作用するため、鼻づまりに強い薬といわれているのです。

他の花粉症の薬との違いは?

一般的に花粉症に使われる薬は、アレグラなどのいわゆる抗ヒスタミン薬が多くなっています。

抗ヒスタミン薬は、くしゃみ・鼻水に対しては高い効果を発揮するののの、原因物質が異なる鼻づまりには十分な効果がでにくいとされています。

反対に、シングレアは鼻づまりの原因物質をおさえる作用があるため鼻づまりに高い効果を発揮します。

そのため、シングレアは抗ヒスタミン系の花粉症の薬と合わせて処方されることも多い薬であり、抗ヒスタミン薬の弱点である鼻づまりに対する効果をカバーし、鼻炎症状に広く作用する薬ともいえます。

シングレアが効かないと思った時はどうする?

シングレアは一般的に効果が穏やかに効いてくるタイプの薬とされ、はっきりとした効果をすぐに感じることは少ないかもしれません。

しかし、シングレアは実際の花粉症患者への検証でもその効果が実証されています。

シングレアを服用しても効果を全く感じられないときは以下の点を確認してください。

まずは正しく使用できているか確認

シングレアの用法・用量は次の通りです。(アレルギー性鼻炎についてのみ)

通常、成人にはモンテルカストとして5〜10mgを1日1回就寝前に経口投与する。

就寝前とは通常寝るおよそ30分〜1時間前を指します。「1日1回就寝前」の使用を忘れていないか、医師から処方された用量を守っているか確認しましょう。

シングレアは飲み続ければ効果が期待できる

シングレアは効果を実感するまで少し時間がかかる薬です。

シングレアの成分であるモンテルカストを花粉症の患者に使用した調査では、使用開始の2日後から効果が現れ始め、2週間後にははっきりとした効果がみられるという結果でした。

これらの結果からも、シングレアは即効性はあまり期待できませんが、飲み続ければ効果は期待できるため、継続して飲むことが大切といえるでしょう。

シングレアは花粉症の鼻炎症状の予防効果あり

シングレアは花粉症などの鼻炎症状に対して予防目的としても効果を発揮すると考えられています。

スギ花粉のアレルギーを持つ日本人患者を対象とした治験では、スギ花粉ピーク時の1か月前からシングレアの主成分であるモンテルカストを単独投与したところ、約7割の患者に症状改善がみられたという報告があります。

また、同じロイコトリエン拮抗薬のプランルカストを用いた治験では、スギ花粉飛散前の1月から単独投与を続けた結果、飛散開始期から本格飛散期におけるくしゃみ・鼻づまりの悪化をおさえる効果があることが報告されています。

プランルカストはシングレアの成分であるモンテルカストと似たような効果があり、シングレアでも同程度の効果が期待できるといえるでしょう。

予防には1か月前からの使用を

シングレアを花粉症の予防目的として使用する場合、花粉症シーズンが始まる1か月前からの使用するようにします。

花粉シーズンの主な症状が鼻づまりの方は、花粉シーズンが始まる1か月程度前から耳鼻科を受診して医師に相談しましょう。

シングレアと同じ薬・ジェネリックや市販薬はある?

シングレアは一番最初に開発・承認・発売された先発医薬品と呼ばれる薬です。モンテルカストを主成分とした先発薬にはシングレアのほか「キプレス」という薬もあり、製薬会社が異なります。

ジェネリックとの価格を比較

シングレアにはジェネリック医薬品「モンテルカスト」があります。

ジェネリック医薬品とは先発薬の特許が切れたあとに販売される薬のことで、先発薬と同じ成分で同じ効能があると国に認められている薬です。開発にかかる費用が必要ないため、先発薬より安価で販売することが可能です。

モンテルカストはさまざまな製薬会社から発売されており、価格は製薬会社によって異なります。

先発医薬品 ジェネリック医薬品
シングレア錠5mg 153.2円 キプレス錠5mg 153.8円 モンテルカスト錠5mg 61.4〜76.8円
シングレア錠10mg 203.5円 キプレス錠10mg 203.5円 モンテルカスト錠10mg 81.4〜101.8円
シングレアOD錠10mg 203.5円 キプレス錠OD錠10mg 203.5円 モンテルカストOD錠10mg 81.4円

※2017年2月現在の価格

シングレアに市販薬はある?

2017年2月現在、シングレアの市販薬は販売されていません。シングレアを使用する場合は医師の処方箋が必要です。

さいごに

花粉症の処方薬では即効性のある抗ヒスタミン薬が第一候補にあがります。しかし鼻づまりの症状には、抗ヒスタミン薬もある程度は効くものの、おもな原因であるロイトコリエンの働きをおさえる効果は低いとされています。

そのため、くしゃみ・鼻水・鼻づまり、すべてに当てはまる方には抗ヒスタミン薬とロイトコリエン拮抗薬の両方が処方されることもあります。

鼻づまりの症状があるにもかかわらず今まで抗ヒスタミン薬しか使用していなかったという方は、シングレアを含めロイコトリエン拮抗薬を処方してもらうよう医師に相談してみてはいかがでしょうか。

シングレアに関連するQA

関連するお薬のブランド

ピックアップ特集