はじめに:胃もたれより胃痛が増加中

「お腹が減ると胃がきりきり痛み出す」「朝起きた時に胃の痛みを感じる」そんな症状に悩んでいる方はいらっしゃいませんか。

昔よりお酒を飲む機会が減って来たこともあり、市販の胃もたれの薬を買う人が減少している一方で、「ストレス」「過労」「睡眠不足」などが原因で胃炎や胃の荒れを訴える方が増えてきています。

そんな胃の痛みを解消してくれるのが「スクラート胃腸薬」です。

胃の炎症部分や傷ついている粘膜に、有効成分が覆い炎症部分を修復し痛みを抑えてくれます。

胃の痛みの原因と「スクラート胃腸薬」の特徴や効果について知っておきましょう。

 

ストレスや過労などでなぜ胃が荒れてしまうのか?

私たちの胃は、温度差があるものから刺激が強い食べ物まで胃に留めて、強い酸(胃酸)で消化し吸収しています。

この時、胃本体が胃酸で消化しないのは胃が粘膜で覆われていると共に粘液と活性物質の力で胃酸の中和や細胞の増殖で守られています。

しかし、ストレスや過労・睡眠不足が重なると副交感神経のバランスが崩れ、胃粘膜の機能が低下し胃粘膜を覆う粘液が減少してしまい、胃酸とのバランスが崩れて胃粘膜を溶かし傷つけてしまいます。

胃の痛みを感じる原因は、粘液が減少し胃粘膜が胃酸で炎症を起こしキリキリとした痛みを感じているのです。

 

「スクラート胃腸薬」の主成分・スクラルファートの効果

空腹時や寝起きに胃がキリキリやモヤモヤなどの痛みを伴う方は、スクラート胃腸薬を使用してみてはいかがでしょうか。

「スクラート胃腸薬」に含まれる「スクラルファート」が傷ついた部分の粘膜を覆い、胃酸の刺激を抑えて胃の痛みを消してくれます。

スクラルファートは患部だけを選んで修復する

スクラルファートは、胃酸と交わることでマイナスイオンに変化します。

一方、胃酸で傷ついた部分の胃粘膜はプラスイオンになっているため、胃の中で自然にスクラルファートは傷ついた部分に結合し傷を覆い、胃酸の刺激を抑えつつ痛んだ部分を修復させます。

スクラルファートは空腹時に効果を発揮

空腹時は、胃の中の酸性度が高く、スクラルファートがマイナスイオンになりやすくなっています。

また、胃の中に食べ物があると、患部ではなく、食べ物にスクラルファートが付着することがあります。

そのため、空腹時に最も効果を発揮します。

 

スクラルファートが主成分の2つの胃腸薬

スクラルファートが主成分の胃腸薬には「スクラート胃腸薬」と「スクラート胃腸薬s」の2種類があります。

ストレスなどからくる突然の痛みや強い痛みには速効性のある「スクラート胃腸薬」が有効です。

加齢や体質からくる胃の痛みに対して、生薬でじっくりと回復させてくれるのが「スクラート胃腸薬s」です。

 

突然の激しい胃痛に「スクラート胃腸薬」

「スクラート胃腸薬」には、スクラルファートだけでなく他にも炎症を抑える成分が含まれています。

◼︎アズレンスルホン酸ナトリウム

胃潰瘍や胃炎など口内炎等にも効能があり、粘膜の炎症を抑えて修復を早める抗炎症状です。比較的、効き目が穏やかな事が特徴とし副作用が少ないとされています。

◼︎L‐グルタミン

アズレンスルホン酸ナトリウムと合わせて使うことで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のに効果的な薬として用いられています。また、「炭酸水素ナトリウム」を加えることにより、胃酸を中和し傷ついた粘膜の刺激を抑えます。

◼︎ロートエキス

胃炎や胃潰瘍の腹痛に使われ、胃の神経をしずめ、胃酸の分泌を抑える効果があります。

◼︎その他の成分

ケイ酸アルミン酸マグネシウム合成ヒドロタルサイトが症状のもととなる胃酸をすばやくかつ持続的に中和します。

スクラート胃腸薬(顆粒)

スクラート胃腸薬(錠剤)

体質・加齢・食生活の影響による胃痛に「スクラート胃腸薬s」

「スクラート胃腸炎s」には健胃生薬が使われ、体質や加齢など食生活の乱れからくる胃の痛みに効果的です。

スクラルファートに加え、次のような成分が配合されています。

◼︎7種類の生薬

ウコン・サンショウ・チョウジ・ウイキョウ・ケイヒ・ショウキョウ・ゲンチアナの成分が弱った胃の回復をサポートします。

◼︎2つの消化酵素

・ビオヂアスターゼ2000…てんぷんを分解する消化酵素で胃の消化を助けます。

・リパーゼAP12…胃もたれの原因の脂肪分の消化を助けます。

◼︎その他の成分

炭酸水素ナトリウム合成ヒドロタルサイトが、胃酸をすばやく持続的に中和し、胃への刺激・負担を軽減します。
 

スクラート胃腸薬S(散剤)

スクラート胃腸薬S(錠剤)

スクラート胃腸薬の用法用量と副作用

全てのスクラート胃腸薬は、1日3回の服用としています。

◼︎「スクラート胃腸薬(顆粒)」
15才以上から1回1包 食間や就寝前に服用します。

◼︎「スクラート胃腸薬(錠剤)」
15才以上から1回3錠 食間や食後、就寝前に服用します。

◼︎「スクラート胃腸薬s(散剤)」
15才以上から1回1包 食間や食後、就寝前に服用します。

◼︎「スクラート胃腸薬s(錠剤)」
15才以上から1回3錠 食間や食後、就寝前に服用します。

服用時の注意

「スクラート胃腸薬」を購入の際に、医師や薬剤師、または登録販売者に以下の方は相談してから服用しましょう。

・薬のアレルギー症状がある方
・妊娠している方や妊婦の方
・排尿困難の症状がある方
・心臓病、緑内障、腎臓病の診断を受けた方
・高齢者

次の症状が出た場合は服用を止めましょう

発疹や発赤、かゆみの症状が現れた場合は、服用を止め医師や薬剤師に相談しましょう。

また、口の渇きや吐き気、便秘や下痢の症状が続く場合は、直ちに服用を止めて医師に相談しましょう。

さらに、2週間以上服用しても症状の回復が見られない場合は、服用を止め一度病院の診察を受けてみましょう。

 

胃が痛いときの食事について

胃が痛んでいる場合、胃酸過多が考えられるので胃酸の分泌を促す食べものは出来る限り控えましょう。

・ニンニク
・香辛料や刺激物
・アルコールやカフェインが入った飲み物

食べ物以外でも、タバコも胃の負担になるので控えることをお勧めします。

胃が荒れている時は、脂っこい物を避けて、食物繊維が多く含まれるきくらげやシイタケを使った料理や、うどんやおかゆなどの消化に良いものを食べると良いでしょう。

 

おわりに

近年の胃痛は、ストレスが原因であるケースが多く見受けられます。

自分なりのストレス解消法を見つけ、リラックスすることも大切です。

生活のリズムが乱れている方は、軽い運動をする、ゆっくり入浴する、きちんと睡眠をとる、など生活スタイルを見直してみましょう。