せき・たん症状には黄色のストナ

・有効成分の吸収が早い液体inカプセル
・特にたんが絡むせきに効果的な総合感冒薬
・8才から服用できます

臨床でも実証ずみ!せき・たんに効果的な2つの成分を配合

ストナプラスジェル2には臨床においてもたんの排出を促す効果が認められている「L-カルボシステイン」と「ブロムヘキシン塩酸塩」を配合しています。

製造元の佐藤製薬によると「有効性の評価を行った臨床試験110例のうち「軽度改善」以上の改善率が9割以上だった。」と発表されています。

つまり、医療現場でかぜ症状に処方したところ、9割以上の人に大きな症状の改善が見られたと言うことです。今ではこの2つの成分を使う市販薬も増えてきましたが、はじめて市販薬に配合したのがこのストナです。

そのほかにも鎮痛成分や抗ヒスタミン成分(アレルギー症状を緩和する成分)などをバランスよく配合。たんの絡んだせきを伴うかぜ症状に効果的に作用します。

ストナプラスジェル2の効能・効果

かぜの諸症状の緩和:せき、発熱、たん、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、悪寒、頭痛、関節の痛み、 筋肉の痛み

ストナプラスジェル2

ストナプラスジェル2

錠剤タイプ

顆粒タイプ

ストナプラス2顆粒

ストナプラスジェル2の使用方法

用法・用量

1日3回毎食後に水、またはお湯で服用してください。

年齢 1回量 1日の服用回数
成人(15才以上) 2カプセル 3回
8~14才 1カプセル
8才未満 ×服用しないこと

 

成分一覧

成人1日量(6カプセル)中

成分名 分量
L-カルボシステイン 750㎎
ブロムヘキシン塩酸塩 12㎎
アセトアミノフェン 900㎎
ジヒドロコデインリン酸塩 24㎎
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 60㎎
ジフェニルピラリン塩酸塩  4㎎
無水カフェイン  75㎎

成分詳細

L-カルボシステイン
気道粘液の分泌を正常化し、たんの流動性を高めてたんを出しやすくします。

ブロムヘキシン塩酸塩
気道粘液の分泌を高め、たんをうす めて出しやすくします。

アセトアミノフェン
発熱、さむけ、頭痛、のどの痛み、ふしぶしの痛みに効果があります。胃の負担が少ない鎮痛成分です。

ジヒドロコデインリン酸塩
咳中枢の興奮を鎮めて咳を抑えます。

dl-メチルエフェドリン塩酸塩
交感神経を刺激して気道をひろげ、息苦しさと咳を鎮めます。

ジフェニルピラリン塩酸塩
抗ヒスタミン成分。鼻水、鼻づまり、くしゃみのアレルギー症状を改善します。

無水カフェイン
他の成分の働きを助けてくれます。かぜに伴う体のだるさや頭痛、頭が重く感じるのを解消します。

ストナプラスジェル2の使用上の注意点

1.次の人は服用しないこと

・ストナプラスジェル2に含まれている成分でアレルギー症状を起こしたことがある人
・ストナプラスジェル2または他のかぜ薬、解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。

2.服用中に飲んではいけない薬

他のかぜ薬
解熱鎮痛薬
鎮静薬
鎮咳去痰薬
抗ヒスタミン剤を含有する内服薬など(鼻炎用内服薬、乗り物酔い薬、アレルギー用薬等)

3.服用後は乗り物、または機械類の運転はしないでください。(眠気や目のかすみ、異常なまぶしさなどの症状があらわれることがあります。)

4.授乳中の人は服用しないか、服用する場合は授乳を避けてください。

5.服用前後は飲酒をしないでください。

6.長期連用しないでください。

次の人は服用する前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

医師または歯科医師の治療を受けている人
妊婦または妊娠していると思われる人
高齢者
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
高熱、排尿困難の症状がある人
次の診断を受けた人。(甲状腺機能障害、糖尿病、心臓病、高血圧、肝臓病、腎臓病、緑内障)

副作用について確認しましょう。

1.服用後次の症状が出た場合、副作用が考えられます。直ちに服用を中止し、添付の説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、腹痛、腹部膨満感
精神神経系:めまい、頭痛
泌尿器:排尿困難
その他:血たん、過度の体温低下

2.まれに重篤な症状が起こることがあります。

アナフィラキシーショック:服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などがあらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブン・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、ノドの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤などが持続したり、急激に悪化する。
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等
間質性肺炎:階段を上がったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空咳、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
ぜんそく:息をする時にゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、息苦しい等があらわれる。
腎障害:発熱、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のダルさ、関節痛、下痢等があらわれる。

3.次のような症状が継続して起こったり、強くでる場合は、服用を中止して添付の説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
  口の渇き、眠気、便秘、

4.5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

かぜが治ってきたら「ストナ去たんカプセル」

有効成分はL-カルボシステインとブロムヘキシン塩酸塩のみです。たんを鎮めるのに特化したシンプルな処方です。注意点は他のかぜ薬との併用しないこと。

気になることがあったら、販売店の薬剤師または登録販売者に相談してください。

ストナ去たんカプセル

ストナ去たんカプセル

おわりに

かぜは早めの対処が肝心です。しっかり体をあたためて栄養と休養をしっかりとりましょう。

せきのかぜは体力を奪うのでこじらせないように気をつけて下さい。

もし、熱が下がってもいつまでもせきが止まらない場合は「せきぜんそく」になっている可能性もあります。「おかしいな?」と思ったらすぐに医療機関(内科、呼吸器科)で診てもらってくださいね。