ストパン

大正製薬

市販薬 カプセル

基本情報

副作用

■以下のような症状が持続する場合や悪化が見られた場合は、使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
・口のかわき
・便秘
・下痢
・目のかすみ

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、腹部膨満感、胸やけ(胃食道逆流症)
精神神経系:頭痛、頭重感
その他:顔のほてり、異常なまぶしさ、排尿困難、頻尿、動悸、耳なり

■稀に以下のような重篤な症状が現れることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
・ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などがあらわれる。
・肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振などがあらわれる。

使用上の注意点

■以下のような人は使用できないこととなっています。
・ストパンやストパンの成分、またはほかの胃腸鎮痛鎮痙薬によりアレルギー症状を起こしたことがある方
・次の診断を受けた方[症状を悪化させることがあります]
緑内障、前立腺肥大、心臓病、麻痺性イレウス(腸閉塞)、甲状腺機能亢進症、不整脈、潰瘍性大腸炎

■目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあるため、ストパンを使用後は乗物または機械類の運転操作をしないでください。
 
■以下のような方は医師、薬剤師などに相談してください。
・医師の治療を受けている人または他の医薬品を使用している方
・高齢の方
・体の弱っている方
・薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある方
・次の症状のある方:排尿困難

■胃痛に効果があるH2ブロッカー胃腸薬とストパンとの違いは、H2ブロッカーは胃酸の分泌を抑えるのに対し、ストパンは胃の平滑筋の過剰な収縮を抑えるという点です。

■ストパンの使用により汗が出にくくなることがあるため、高温下での作業などをさけてください。

■ストパンは続けて使用はせず、症状があらわれた時に使用してください。

■5~6回使用しても症状が良くならない場合や、症状の改善がみられても服用期間が1週間を超える場合は、医師または薬剤師に相談してください。

【その他の注意】
ストパンを使用後、数時間たっても激痛がおさまらない場合は医師・薬剤師などに相談してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中の方、または妊娠している可能性のある方は医師、薬剤師などに相談してください。

■授乳中の方は医師、薬剤師などに相談してください。

■15歳未満の子供は使用しないでください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■ストパンを使用している間は、以下の薬は使用しないでください。
・ほかの胃腸鎮痛鎮痙薬
・ロートエキスを含有するほかの胃腸薬
・乗物酔い薬
・抗ヒスタミン剤を含有する内服薬など(かぜ薬、鎮咳去痰薬、鼻炎用内服薬、アレルギー用薬など)

薬効・薬理

【チキジウム臭化物】
抗コリン薬の一種で、アセチルコリンとムスカリンとの結合をブロックし、胃腸の平滑筋の収縮を抑える働きがあります。

胃腸の働きは、自律神経(交感神経と副交感神経)の2つが互いにバランスを保ちながらコントロールしています。
突然胃痛が起きるしくみは、ストレスや疲労、不規則な生活や睡眠不足などにより、自律神経のバランスが崩れ、副交感神経が優位になりすぎることがあげられます。
副交感神経が優位になると「アセチルコリン」という神経伝達物質が過剰に分泌されます。
アセチルコリンは、胃腸の収縮に関わる「ムスカリン3受容体」と結びつくことで、胃腸の平滑筋を収縮させるように指令を出します。
キリキリ、キューッとさしこむような胃の痛みは、過剰に分泌されたアセチルコリンの指令により、胃腸の平滑筋が異常に収縮することで生じるのです。
ストパンの有効成分である抗コリン薬「チキジウム臭化物」は、胃腸の平滑筋のムスカリン3受容体を遮断し、「アセチルコリンとムスカリンとの結合をブロック」する働きがあります。
これにより異常な胃腸の収縮を抑え、痛みやつらい症状をやわらげます。