ゼストリル錠10

アストラゼネカ

処方薬 先発 錠剤

基本情報

副作用

◼︎主な副作用は、咳です。

◼︎重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、服用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・血管浮腫
※息苦しい場合は、救急車を利用して直ちに受診してください。
・急性腎不全
・高カリウム血症
・膵炎
・中毒性表皮壊死症、皮膚粘膜眼症候群、天疱瘡様症状
・溶血性貧血、血小板減少
・肝機能障害、黄疸
・抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方はゼストリル錠10を使用できません。

・ゼストリル錠10の成分に対し過去にアレルギー症状を起こしたことのある方
・血管浮腫を起こしたことのある方
・デキストラン硫酸固定化セルロース、トリプトファン固定化ポリビニルアルコール又はポリエチレンテレフタレートを用いた吸着器によるアフェレーシスを施行中の方
・アクリロニトリルメタリルスルホン酸ナトリウム膜(AN69)を用いた血液透析施行中の方
・アリスキレンを使用中の糖尿病の方(ただし、他の降圧治療を行ってもなお血圧のコントロールが著しく不良の患者を除く)

■下記に当てはまる方はゼストリル錠10を使用後の経過に注意が必要です。薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。

・両側性腎動脈狭窄のある人又は片腎で腎動脈狭窄のある人
・高カリウム血症の人
・重篤な腎機能障害のある人
・脳血管障害のある人

■高齢者では、脳梗塞などが起こるおそれがあることから、一般に過度の降圧は好ましくないとされています。そのため低用量から投与を開始するなど慎重に使用してください。

■高齢者で慢性心不全患者の場合は、2.5mgから投与を開始することが望ましいです。

■一般に高齢者では生理機能が低下しているので、BUN、クレアチニンの上昇など、腎機能の低下に注意してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊婦または妊娠している可能性のある方は使用できません。また、投与中に妊娠が判明した場合には、直ちに使用中止してください。

■授乳中も同様に止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間は授乳は避けてください。

■低出生体重児、および6歳未満の子供については使用した経験がないため、安全性が確立していません。

■糸球体ろ過量が30mL/min/1.73m2未満の15歳未満の子供に対する安全性は、使用経験が少ないため確立していません。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

◼︎以下のような薬を使用している方はゼストリル錠10を使用できません。
・デキストラン硫酸固定化セルロース、トリプトファン固定化ポリビニルアルコール又はポリエチレンテレフタレートを用いた吸着器によるアフェレーシスの施行
・リポソーバー
・イムソーバTR
・セルソーバ
・アクリロニトリルメタリルスルホン酸ナトリウム膜(AN69)を用いた透析

◼︎以下のような薬を使用している方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。
・カリウム保持性利尿剤(スピロノラクトン、トリアムテレン等)
・カリウム補給剤 (塩化カリウム等)
・アリスキレン
・アンジオテンシンII受容体拮抗剤
・利尿降圧剤(トリクロルメチアジド、ヒドロクロロチアジド等)
・リチウム製剤(炭酸リチウム)
・非ステロイド性消炎鎮痛剤
・カリジノゲナーゼ製剤

薬効・薬理

アンジオテンシン変換酵素を阻害し、昇圧物質であるアンジオテンシンIIの生成を抑制することによって抗高血圧作用と抗心不全作用を示します。末梢血管抵抗を減少させて、血行動態を改善し、心拍出量の増大、延命効果、心肥大の改善が認められる。