No image kona

セルセプト懸濁用散31.8%

中外製薬

処方薬 先発

セルセプト懸濁用散31.8%の基礎情報

セルセプト懸濁用散31.8%は、免疫の高ぶりを抑える薬です。腎移植後の難治性拒絶反応の治療に使用されたり、臓器移植による拒絶反応を抑える目的で使用されます。
免疫はウイルスや細菌などから身体を守りますが、移植においては拒絶反応の要因となります。拒絶反応をおこすような状態は免疫が高ぶっているため、それを抑えるのに有効な薬であると言えます。また、ループス腎炎の治療にも有効な薬であると知られています。
セルセプトの剤型は、懸濁用散のほかカプセルとして販売されています。

セルセプト懸濁用散31.8%と同一成分の薬について

同じ成分を含む
市販薬を確認する

※ミコフェノール酸 モフェチル

同成分の他の処方薬を見たい

ジェネリック一覧を見る

ピックアップ特集

よく見られている症状