はじめに

人とおしゃべりをしている時に自分の口臭が気になったりしていませんか?

口臭は自分では気づきにくく、人が指摘しにくいデリケートな問題です。

口臭の主な原因は「胃腸の不調」と「口腔内環境の悪化」の2種類にわけられます。

胃腸の不調は、消化不良で胃に残ったものが発酵しそれが口臭になります。口内環境の悪化は、虫歯や歯周病(歯肉炎・歯槽膿漏(しそうのうろう)によるものです。

口腔内で菌が食べかすや歯垢を分解。それによって発生したガスが口臭になります。

歯肉炎や歯槽膿漏などの歯周病は大変多く、20代以上の8割、40代以上ならほとんどの人が歯周病になっているといわれています。

この記事では歯周病による口臭対策として歯周病の改善薬、佐藤製薬の「アセス」について解説していきます。

アセスとはどんなお薬?

アセスはドイツのマダウス社が開発した歯肉炎・歯槽膿漏(しそうのうろう)治療薬を日本人向けに処方した医薬品の歯磨きです。

3種類の天然ハーブ「カミツレ」「ラタニア」「ミルラ」が歯周病の原因菌をやっつけます。

研磨剤を含まないので電動歯ブラシでも安心して使用できます。

気になるアセスの使用感は?

アセスは一般的な甘くスーッとした歯磨き粉をイメージされるとその使用感に驚きます。

独特なハーブの風味にしょっぱさをともなうちょっと変わった味で、泡も立ちません。

使っていくうちに慣れる(人によってはやみつきになる)と言う声も多かったので、好みは人それぞれというところでしょうか。

同ブランドのアセスLならライトなミント味なので、はじめての方にも使いやすい商品です。

アセスの効能・効果

歯肉炎・歯槽膿漏の諸症状(出血・はれ・口臭・発赤・口のねばり・歯ぐきのむずがゆさ・歯ぐきからのうみ)の緩和

アセスL

初めてでも使いやすいミント味。

アセスメディクリーン

アセスの使用方法

用法・用量

適量(1.0g、約3cm)を歯ブラシにつけて、1日2回(朝・夕)の歯肉をマッサージするように磨きます。

成分一覧

カミツレチンキ 1.25%
主成分のカマズレン、アズレンの抗炎症、抗菌作用によって歯ぐきの腫れや化膿に効果があります。

ラタニアチンキ 1.25%
殺菌作用、止血作用によって歯ぐきを引き締める効果があります。

ミルラチンキ 0.62%
フェノール性樹脂や樹脂酸などの有効成分が腫れや炎症を鎮めます。

アセスの使用上の注意点

相談すること

次に当てはまる人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

・医師または歯科医師の治療を受けている人
・薬などによりアレルギー症状を起こしたことががる人
・ひどい口内のただれがある人

副作用

皮ふに発疹・発赤、かゆみなどがあらわれた場合は、直ちに使用を中止し、医師の診療を受けてください。

おわりに

歯周病の予防には普段のブラッシングも大切です。ただ、ゴシゴシと力を入れてサッサと磨くと効果も半減。

歯は1本1本やさしくしっかり丁寧に磨くように心がけてくださいね。仕上げにデンタルフロスや歯間ブラシで歯の隙間も掃除してあげましょう。

3ヶ月、半年ごとの定期健診も忘れずに受けるようにしてくださいね。