セレニカR顆粒40%

田辺三菱製薬,興和創薬/ 興和

処方薬 先発

基本情報

副作用

副作用の発生は稀ではありますが、アンモニア増加、傾眠、自然な状態でいられずぼーっとしたりぶらぶらしてします(無為)、筋肉のふるえ(振戦)などがおこることもあります。

重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診してください。
・劇症肝炎等の重篤な肝障害
・高アンモニア血症を伴う意識障害
・溶血性貧血、赤芽球癆、汎血球減少、重篤な血小板減少、顆粒球減少
・急性膵炎
・間質性腎炎、ファンコニー症候群
・皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)
・過敏症症候群
・脳の萎縮、認知症様症状
・横紋筋融解症
・抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)
・間質性肺炎、好酸球性肺炎

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方はセレニカR顆粒を使用できません。
・重篤な肝障害のある方
・尿素サイクル異常症の方

◼︎下記に当てはまる方はセレニカR顆粒使用後の経過に注意が必要です。薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。
・肝機能障害またはその病歴のある方
・薬物アレルギーのある方
・自殺計画を立てた経験を持っていたり、自殺を考える躁病および躁うつ病の躁状態の方
・尿素サイクル異常症が疑われる方で、原因不明の脳症もしくは原因不明の昏睡の病歴のある方
・尿素サイクル異常症が疑われる方で、尿素サイクル異常症または原因不明の乳児死亡の家族歴のある方

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊娠中は原則セレニカR顆粒を使用することができません。

◼︎授乳中はできるだけ使用を控えることとなっています。止むを得ず使用する場合は、薬が効いているとされる間の授乳を避けてください。

◼︎生後4週未満の子供については使用した経験は少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。

◼︎15歳未満の子供に対し、片頭痛発作の発症抑制に使用する場合、使用経験が少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

◼︎下記のようなカルバペネム系抗生物質を使用している方はセレニカR顆粒を使用できません。
・パニペネム・ベタミプロン(カルベニン)
・メロペネム水和物(メロペン)
・イミペネム水和物・シラスタチンナトリウム(チエナム)
・ビアペネム(オメガシン)
・ドリペネム水和物 (フィニバックス)
・テビペネム、ピボキシル(オラペネム)など

◼︎以下のような薬を使用している方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。
・バルビツール酸剤(フェノバルビタールなど)
・フェニトイン
・カルバマゼピン
・エトスクシミド
・アミトリプチリン
・ノルトリプチリン
・クロバザム
・ラモトリギン
・サリチル酸系薬剤(アスピリンなど)
・ベンゾジアゼピン系薬剤(ジアゼパムなど)
・ワルファリン
・エリスロマイシン
・シメチジン
・クロナゼパム

効果時間

血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を飲んでから約7.5時間後とされています。

薬効・薬理

本剤の投与により脳内GABA濃度、ドパミン濃度の上昇とともに、セロトニン代謝が促進されることが認められています。