【年末年始休業のお知らせ】
12月30日(月)~1月2日(木)はお休みとさせていただきます。

ニューピリット

大協薬品工業

市販薬 錠剤

基本情報

副作用

■以下のような症状が持続する場合や悪化が見られた場合は、使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
・口のかわき

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
その他:排尿困難

■稀に以下のような重篤な症状が現れることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
・ショック(アナフィラキシー):使用後すぐにじんましん、浮腫、胸苦しさなどとともに顔色が青白くなり、手足が冷たくなり、冷や汗、息苦しさなどがあらわれる。
・皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱をともなって、発疹・発赤、火傷様の水ぶくれなどの激しい症状が、全身の皮ふ、口や目の粘膜にあらわれる。
・中毒性表皮壊死症(ライエル症候群):高熱をともなって、発疹・発赤、火傷様の水ぶくれなどの激しい症状が、全身の皮ふ、口や目の粘膜にあらわれる。
・肝機能障害:全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)などがあらわれる。
・間質性肺炎:空せき(たんを伴わないせき)をともない、息切れ、呼吸困難、発熱などがあらわれる。(これらの症状は、風邪の諸症状と区別が難しいこともあり、空せき、発熱などの症状が悪化した場合にも、使用を中止するとともに医師の診察を受けること。)
・ぜんそく

使用上の注意点

■以下のような人は使用できないこととなっています。
・ニューピリットまたはこの薬の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある方
・ニューピリットまたは他の風邪薬、解熱鎮痛薬を使用してぜんそくを起こしたことがある方

■以下のようなことはしてはいけないこととされています。ご注意ください。
・ニューピリットを使用している間は、以下のいずれの医薬品も使用しないでください。
他の風邪薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬など(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬など)
・使用後、乗物または機械類の運転操作をしないでください。
(眠気などがあらわれることがあります。)
・長期連用しないでください。

■以下のような人は医師、薬剤師などに相談してください。
・医師または歯科医師の治療を受けている方
・高齢者
・本人または家族がアレルギー体質の方
・薬によりアレルギー症状を起こしたことがある方
・高熱、排尿困難の方
・以下の診断を受けた方
甲状腺機能障害、糖尿病、心臓病、高血圧、肝臓病、腎臓病、胃・十二指腸潰瘍、緑内障
・5~6回使用しても症状がよくならない場合

■錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります。)

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中の方、または妊娠している可能性のある方は医師、薬剤師などに相談してください。

■小児の使用に関して以下のような注意喚起がされています。
・幼小児に服用させる場合は、保護者の指導監督のもとに使用して下さい。
・5歳未満使用しないでください


飲み合わせ・食べ合わせの注意

■ニューピリットを使用している間は、以下の薬は使用できないこととなっています。
・他の風邪薬
・解熱鎮痛薬
・鎮静薬
・鎮咳去痰薬
・抗ヒスタミン剤を含有する内服薬など(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬など)

■ニューピリットの使用前後は飲酒はしないでください。