中薬銀翹解毒丸

松浦漢方(株)/ 松浦薬業

市販薬 錠剤

基本情報

副作用

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:悪心、食欲不振、胃部不快感

■稀に以下のような重篤な症状が現れることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる。

使用上の注意点

■以下のようなことはしないでください。
短期間の服用にとどめ、連用しないでください。

■以下のような方は医師、薬剤師などに相談してください。
・医師又は歯科医師の治療を受けている方
・体の虚弱な方(体力の衰えている方、体の弱い方)
・胃腸の弱い方
・高齢者
・今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある方
・次の症状のある方:むくみ
・次の診断を受けた方:心臓病、高血圧、腎臓病

■5~6日間しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。

■直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中の方、または妊娠している可能性のある方は医師、薬剤師などに相談してください。

■授乳中の使用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、授乳中であることを医師に伝え確認をとってください。

■5歳未満の子供は使用しないでください。

■子供の使用に関して以下のような注意喚起がされています。
・子供に使用させる場合は、保護者の指導監督のもとに使用して下さい。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■中薬銀翹解毒丸との飲み合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。