【年末年始休業のお知らせ】
12月30日(月)~1月2日(木)はお休みとさせていただきます。

アセトアミノフェン「JG」原末

日本ジェネリック/ 長生堂製薬

処方薬 先発

基本情報

副作用

下記のような副作用はめったに起こりませんが念のため注意して下さい。
お薬を服用していて下記のような初期症状が出た場合は、すぐに医療機関に行き飲んでいるお薬を医師に伝えて指示を仰いでください。

1.ショック、アナフィラキシー
皮ふのかゆみ、じんま疹、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、どうき、意識の混濁など
※息苦しい場合は、救急車などを利用して直ちに受診してください。

2.中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、急性汎発性発疹性膿疱症
高熱(38℃以上)、目の充血(じゅうけつ)、めやに(眼分泌物(がんぶんぴつぶつ) )、まぶたの腫(は)れ、目が開けづらい、くちびるや陰部(いんぶ)のただれ、排尿(はいにょう)・排便(はいべん)時の痛み、のどの痛み、皮ふの広い範囲が赤くなるがみられ、その症状が持続したり、急激に悪くなったりする、赤くなった皮ふ上に小さな白いブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がないなどがみられ、その症状が持続したり、急激に悪くなったりする。

3.喘息発作の誘発
息をするときヒューヒューと音がする、息苦しい、息切れ

4.劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
発熱、意識がなくなる、意識の低下、考えがまとまらない、頭痛、白目が黄色くなる、吐き気、嘔吐、食欲不振、、羽ばたくような手のふるえ、皮膚が黄色くなる、尿が黄色い、判断力の低下、からだがだるい、かゆみ

5.顆粒球減少症
発熱、のどの痛み

6.間質性肺炎
発熱、から咳、息苦しい、息切れ

7.間質性腎炎、急性腎不全
関節の痛み、発熱、頭痛、膨れあがる感じ、関節の痛み、からだがだるい、からだのむくみ、疲れやすい、意識の低下、眼がはれぼったい、息苦しい、尿がでない、尿量が減る、血尿

使用上の注意点

本剤により重篤な肝障害が発現するおそれがあるので注意してください。1日総量1500mgを超す高用量で長期服用する場合には、定期的に肝機能等の検査・確認するなど慎重に服用して下さい。本剤とアセトアミノフェンを含む他の製剤(一般用医薬品を含む)との併用により、アセトアミノフェンの過量投与による重篤な肝障害が発現するおそれがあることから,これらの薬剤との併用を避けて下さい。

消化性潰瘍がある方、重篤な血液の異常のある方、重篤な肝障害のある方、重篤な腎障害のある方、重篤な心機能不全のある方、本剤の成分に対しアレルギー症状を起こしたことのある方、アスピリン喘息またはアスピリン喘息を患ったことがある方は使用できません。

血液の異常のある方、出血傾向のある方、肝障害または肝障害を患ったことがある方、腎障害または腎障害を患ったことがある方、心機能異常のある方、アレルギー体質の方、気管支喘息のある方、日常的にアルコールを多量に飲んでいる方、高齢者、小児等、絶食・低栄養状態・摂食障害によるグルタチオン欠乏、脱水症状のある方、合併症のある方は医師の指示に従って慎重に服用して下さい。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

妊娠中、授乳中は服用前に医師・薬剤師に相談してください。
妊娠中はできるだけ控えることとなっています。どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。

低出生体重児、新生児及び3ヶ月未満の乳児に対する使用経験は少なく安全性は確立されていません。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

以下のようなお薬を飲まれている方は注意が必要です。
併用して服用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。

1.リチウム製剤 炭酸リチウム
他の非ステロイド性消炎鎮痛剤 (インドメタシン,イブプロフェン等) で,リチウムとの併用によりリチウムの血中濃度が上昇し,リチウム中毒を呈したとの報告があります。

2.チアジド系利尿剤(ヒドロクロロチアジド等)
他の非ステロイド性消炎鎮痛剤 (インドメタシン等) で,チアジド系利尿剤の作用を減弱することが報告されています。

3.アルコール
アルコール多量常飲者がアセトアミノフェンを服用したところ肝不全を起こしたとの報告があります。

4.クマリン系抗凝血剤(ワルファリンカリウム)
クマリン系抗凝血剤の作用を増強することがあります。

5.カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、リファンピシン、イソニアジド
これらの薬剤の長期連用者は、肝薬物代謝酵素が誘導され、肝障害を生じやすくなるとの報告があります。

6.抗生物質:抗菌剤
過度の体温下降を起こす頻度が高くなります。




薬効・薬理

体温調節中枢に作用して皮膚血管を拡張し体温を下げます。鎮痛作用は視床と大脳皮質の痛みを感じる閾値(いきち:人が痛みを感じるポイント)を高めることによると推定されています。