ルナール

日本臓器製薬(株)/中央薬品

市販薬 錠剤

概要

解熱鎮痛薬です。

どんな症状に効くの?

生理痛・腰痛・頭痛・肩こり痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・筋肉痛・打撲痛・捻挫痛・関節痛・神経痛・外傷痛・骨折痛・耳痛の鎮痛,悪寒・発熱時の解熱

使い方

[年齢:1回量:1日服用回数] ・大人(15歳以上):2錠:3回を限度とする ・小児(7歳以上15歳未満):1錠:3回を限度とする ・乳幼児(7歳未満):服用しないこと なるべく空腹時をさけてください。服用間隔は4時間以上おいてください。

特徴

1.花の形をしたピンクの飲み薬です。 2.痛みに早く効き,胃にやさしいお薬です。 3.2種類の鎮痛成分配合により生理痛によく効きます。 4.鎮痛効果を高める成分を配合しています。 5.持ち歩きたくなる可愛いデザインのプラスチックシートです。 6.4時間以上空ければ1日3回まで服用できます。

特に気をつけること

1.次の人は服用しないでください  (1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人  (2)本剤又は他の解熱鎮痛薬,かぜ薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人 2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください  他の解熱鎮痛薬,かぜ薬,鎮静薬,乗物酔い薬 3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください  眠気があらわれることがあります 4.服用時は飲酒しないでください 5.長期連用しないでください

どう効くのか

飲み合わせの注意

使用上の注意点

1.定められた用法・用量を厳守してください。 2.小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。 3.錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して,裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。誤ってそのまま飲み込んだりすると,食道粘膜に突き刺さる等,思わぬ事故につながります。

生活上の注意

主な副作用

次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,歯科医師又は薬剤師に相談してください ○皮ふ:発疹・発赤,かゆみ ○消化器:悪心・嘔吐,食欲不振 ○精神神経系:めまい  まれに重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

その他の解熱鎮痛薬に関するQA一覧