プリマ レディモア

原沢製薬工業

市販薬 塗り薬

基本情報

副作用

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚(塗った所):発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ
乳房:痛み、張り

使用上の注意点

■以下のような方は使用しないでください。
・使用前に本剤をチューブから5mm程度出し、内股などの皮膚の薄いところにすり込んで、翌日中に発疹、発赤、かゆみ、かぶれ、はれなどの症状があらわれた方
・乳房または子宮、卵巣に悪性腫瘍がある人、およびこれらのおそれがある人(進行を早めるおそれがあります)
・家族あるいは本人に悪性腫瘍の病歴がある人
・血栓症、高血圧症、肝機能障害のある人
・心臓病、腎臓病のある人、またはその既往歴のある人
・子宮腫瘍のある人
・塗る所又は局所に外傷、炎症、化膿、湿疹などがある人
・月経中や、性器不正出血中の人、おりものがある人

■以下のようなことはしないでください。
・次の部位への使用:目や目の周囲、外傷、炎症、湿疹、ただれ、化膿のひどい患部

■プリマ レディモアを使用している間は、同じ成分を含んだいずれの医薬品も使用しないでください。

■プリマ レディモアが他の人に付かないようにしてください。また、付いた場合には直ちに洗い落としてください。

■内服用に使用しないでください。

■プリマ レディモアを出しすぎた場合はチューブに戻さないでください。

■以下のような方は医師、薬剤師などに相談してください。
・医師の治療を受けている方
・薬などによりアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれなど)を起こしたことがある方
・次の診断を受けた方:子宮内膜症、乳腺症、乳腫瘍、糖尿、片頭痛、てんかん
・生理の周期および月経血の様子が著しく変調した方
・2〜3週間使用しても症状がよくならない方
・誤った使い方をしてしまった場合

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中の方、または妊娠している可能性のある方は使用しないでください。

■授乳中の方は使用しないでください。

■15歳未満の子供は使用しないでください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■プリマ レディモアとの飲み合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。