フリーキラ

フリーキラ製薬

市販薬

基本情報

副作用

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
発赤、腫れ、かゆみ、灼熱感、水泡などの皮膚症状

使用上の注意点

■次のようなことはしてはいけないことされています。ご注意ください。
・人体に使用しないこと
・噴霧での使用をしないこと
・希釈して使用しないこと
・酸性の製品や、その他の製品と混合や併用しないこと

■以下のような場合は医師、薬剤師などに相談してください。
・誤って飲み込んだ場合
応急措置として、直ちに口をすすぎ,無理に吐かせないでください。多量の水や牛乳,生卵などを飲ませてください。
・誤って眼に入った場合
応急措置として、直ちに流水で15分以上洗ってください。コンタクトレンズを装着していて容易に外せる場合は外してください。

■トイレ用洗剤、塩酸、酢などの酸性物質との混合または併用は、絶対にしないでください。

■金属製(鉄、ブリキ、銅など)の容器は錆びますので使用を避けてください。

■使用に際しては、十分に換気してください。

■皮革、毛、絹製品への使用は避けてください。

■衣類などにフリーキラが付着すると漂白力があるため脱色する場合がありますので、ついた場合はすぐに拭き取り水またはお湯で十分に洗い流してください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中の使用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、妊娠中であることを医師に伝え確認をとってください。

■授乳中の使用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、授乳中であることを医師に伝え確認をとってください。

■15歳未満の子供について特別な注意喚起はされていません。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■フリーキラとの飲み合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。