神僂湯

吉田整骨院製薬所

市販薬

基本情報

副作用

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ、ハレなど
消化器:悪心、食欲不振、胃部不快感

■稀に以下のような重篤な症状が現れることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛などがあらわれる。

使用上の注意点

■以下のような方は医師、薬剤師などに相談してください。
・医師の治療を受けている方
・体の虚弱な方(体力の衰えている方、体の弱い方)
・胃腸の弱い方
・高齢者
・今までに薬により発疹・発赤、かゆみ、かぶれなどを起こしたことがある方
・次の症状がある方:むくみ
・次の診断を受けた方:高血圧、心臓病、腎臓病

■その他の注意
・1回量を1度に飲めない方は、1回量を2倍に薄め毎食前後6回に分けて服用して下さい
・神僂湯を服用して、もし下痢がはげしいときは、一時的なものなので、半量を薄めて服用して下さい

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊婦または妊娠していると思われる方は医師、薬剤師などに相談してください。

■授乳中の使用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、授乳中であることを医師に伝え確認をとってください。

■7歳以下は使用しないでください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

神僂湯との飲み合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。

神僂湯の使用前後は飲酒や刺激物を摂取しないでください。