ガラナポーン

大東製薬工業

市販薬 錠剤

基本情報

副作用

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
[関係部位:症状]
皮 膚:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、鳥肌
消化器:胃痛、腹部膨満感、はき気
精神神経系:めまい、発汗、虚脱感
循環器:血圧上昇、どうき
その他:唾液分泌過多、ほてり、眼の充血、鼻水

使用上の注意点

■以下のような方は使用しないでください。
・ガラナポーンまたはヨヒンビン塩酸塩によりアレルギー症状を起こしたことがある方
・低血圧又は高血圧の方
・心臓病、肝臓病、腎臓病の方
・泌尿器・生殖器に炎症のある方
・消化器に急性又は慢性の疾患のある方
・女性

■以下のようなことはしないでください。
・使用後の乗り物または機械類の運転操作

■以下のような方は医師、薬剤師などに相談してください。
・医師の治療を受けている方
・薬などによりアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、水疱など)を起こしたことがある方
・心臓病、肝臓病、腎臓病の方、あるいは過去にかかったことのある方
・7日間位服用しても症状の改善がみられない方
・誤った飲み方をしてしまった方

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中の方、または妊娠している可能性のある方は使用しないでください。

■授乳中の方は使用しないでください。

■15歳未満の子供は使用しないでください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■ガラナポーンを使用している間は、以下の薬は使用しないでください。
・他のヨヒンビン製剤

■以下の薬を使用している場合は、ガラナポーンを使用する前に医師、薬剤師などに相談してください。
・抗うつ剤、勃起不全治療剤

■ガラナポーンの使用前後は飲酒はしないでください。